ニコル・アマルフィ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニコル・アマルフィ(Nicol Amalfi)[編集]

ザフト軍のクルーゼ隊に所属する少年。15歳。アスランの世話女房的存在。クルーゼ隊メンバーの連合初期Gパイロットで唯一の戦死者。 生真面目なアスラン、アスランが気に入らない直情型のイザーク、皮肉屋のディアッカ、と一癖も二癖もあるクルーゼ隊のなかにあって気遣いのできる人格者。 しかし、鋭いツッコミでアスランやイザークをやり込めるなどの一面も。隊では控えめな性格と、年少者だったため侮られがちだが、その実力はメンバー全員の知るところであった。

ピアノ演奏が趣味。相当の腕前を誇り、一説には職業ピアニストとも言われている。休暇中にはコンサートを行い、アスランを招待するなどしていた(アスランは最前列で寝ていたらしい)。

元々戦いは好まない性格だが、血のバレンタイン事件を契機に従軍。 少女のような容姿だがザフトのエリート「赤服」であり、爆弾処理では1位、ナイフ、射撃、モビルスーツ操縦では3位という高い技量を持つ。 戦場においては非常に重要な作戦を行い戦果を上げるなど、彼らしく地味ながらも大きな役割を果たした。

ヘリオポリスで「G」の奪取後はブリッツに搭乗。イザークやディアッカには「臆病者にはお似合いの機体だ」と面と向かって侮辱されるも意に介さず、戦果を上げた。 オーブ近海でキラとアスランの戦闘に割って入り、劣勢のアスランをかばって戦死。クルーゼ隊2人目の死者となった。

スペシャルエディションでは担当声優が変わっている(担当声優であった摩味が渡米し、休業状態であったため)。
アスランの回想シーンでSEED史上、もっとも多く死んでしまった気の毒な人。これは放映上の都合・・・ありていに言えば後半スケジュールのバンク多用のため。それだけアスランにとって大きな存在であったことは伺えるが、14回もの死亡シーンを流された。 さらに(回想だが)DESTINYでも出演するという快挙を成し遂げた。肉体はなくとも思念体は不滅ということだろうか。

クルーゼ隊には「クルーゼの素顔を知ろうとした者は何故か戦死する」と言うジンクスがあり、ニコルもまたクルーゼの素顔が気になっていた時があった。 また、ニコルの死によってニコルの父、ユーリがニュートロンジャマーキャンセラーを開発する事になり、結果フリーダム、ジャスティスが開発されるきっかけになる。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED

人間関係[編集]

ユーリ・アマルフィ
父親。プラント最高評議会の一員。
ロミナ・アマルフィ
母親。
アスラン・ザラ
隊の中で最も親しかった相手。
ラウ・ル・クルーゼ
イザーク・ジュール
ディアッカ・エルスマン
ミゲル・アイマン

名台詞[編集]

「もともとそちらの物でしたっけね…弱点もよくご存知だ!」
「向こうのほうに飛び魚の群れが観えますよ。一緒に行きませんか?」
「…母さん…僕のピアノ…」
戦闘中にアスランを庇い、直撃を受けた直後の台詞。

搭乗機体・関連機体[編集]

ブリッツガンダム
イザークやディアッカには「臆病者にはお似合いの機体」とバカにされたが、機体の特徴や作戦でのポジションをよく理解していたため、彼自身の高い技量もあいまって大きな戦果を上げた。ニコルの死後、乗り手を失ったブリッツは解析に大きく貢献し、後のザフトの機体に大きな影響を与えた。ディスティニーも(本来の目的とは異なるが)ミラージュコロイド技術を転用され実装、切り落とされた右腕はアストレイゴールドフレーム天に組み込まれるなど、「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」を地で行く例となった。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]