2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ディアッカ・エルスマン

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ディアッカ・エルスマン(Dearka Elthman)[編集]

ザフト軍のパイロット。プラントの最高評議会の議員のダッド・エルスマンを父に持ち、父の反対を押し切ってザフトに志願している。アカデミーの成績は総合4位。口癖は「グゥレイト!」。
何かと軽口と皮肉を叩くタイプだが、根は仲間思いで真面目。士官学校時代にイザーク・ジュールとルームメイトだったことから仲が良く、直情的なイザークのクッション役になっていた。
ナチュラルに対しては敵愾心というよりは劣等種とみなすような強い偏見を持っており、ナチュラルの話題となると、普段と異なり非常に傲慢な態度を見せた。これはイザークも同様だったが、捕虜になった経験から徐々に緩和され、最終的にはほとんど表には出てこないほどに緩和されている。

近接戦闘用の装備を持たない砲撃メインのバスターガンダムで前線を張る、ある意味凄い根性の持ち主。
幾度となく他の3機と共にストライクガンダムアークエンジェル勢の前に立ちはだかり、苦しめた。

中盤にオーブ近海戦でニコルを失ったことから、ミゲルやイザークの傷の借りを返そうと奮闘。しかしムウ・ラ・フラガに撃墜され、アークエンジェルの主砲前面に着地。投降して捕虜となる。
捕虜になっても持ち前の皮肉屋ぶりで悪態をついていたが、トールを失ったばかりのミリアリアに余計な一言を言ってしまい殺されかける。後に和解。
地球軍によるオーブ侵攻の際に開放されるも、戻ってきてアークエンジェルと一緒に戦うことを選ぶ。
終盤でイザークと再会し、対峙する事になるもどこか通じ合っているようで、お互い戦わずに地球軍の新型G3機を相手にイザークとの連携プレイを行い、善戦した。

最終話付近にてアークエンジェルを襲撃しようとしたラウ・ル・クルーゼプロヴィデンスガンダムに攻撃を仕掛けるが、ドラグーン・システムの反撃に遭い、応戦もむなしく機体は大破。
機体の損傷ダメージからPS装甲が落ち、さらにそこからレイダーガンダムの防盾砲の攻撃を受けて死にかけるも、駆けつけたイザークのデュエルガンダムがバスターのライフルを奪い取って使用し、レイダーを撃破。九死に一生を得た。その後は生存したまま停戦を迎える。

戦後に軍法会議に掛けられるも、ギルバート・デュランダルの弁護により、極刑に処されることはなかった。
また、大戦終盤においてザフトを離反してアークエンジェルと行動を共にした時の事は個人情報の紛失により、あらゆる利敵行為を問えないとアイリーン・カナーバ議長の超法規的処置により不問となっている。

復隊はしばらくは赤服だったが、後に一度除隊したうえで再度ザフトに入隊している為、赤服から緑服へとなっている(赤服はあくまでもアカデミーの卒業時の成績によって決められる為、降格した訳ではない)

C.E.73時にはイザークの副官になっている。ジュール隊の他の面々からは緑服でありながら赤服レベル以上の評価を受けていたようだ。隊長であるイザークと他の面々との間の良きクッション役。最初はイザークの青いザクファントムと共にノーマルのザクウォーリアに乗って活動していた。終盤では戦果を認められ、パーソナルカラーが黒のザクファントムを受領。メサイア攻防戦でアスラン・ザラインフィニットジャスティスの援護にイザークの水色のグフイフナイテッドと共に駆けつけた。ちなみに本放送版では無傷で戦闘を終えているが、「FINAL PLUS」では、片腕を撃ち抜かれるというシーンが追加された。

戦後は昇進して黒服となっている。

ちなみに趣味は日本舞踊で戦前は師匠の元に通っていた程。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY

人間関係[編集]

イザーク・ジュール
戦友。馬が合う親友。
アスラン・ザラ
戦友。後に共にザフトを離反して戦う事になる。
ミリアリア・ハウ
一度恋仲になりかけた…ように見えたが、後にあーだこーだと文句を言ってしまったようで、振られてしまった。
ニコル・アマルフィ
戦友。年下で慎重な性格なニコルを臆病者として見下していたが、彼の戦死の際には仇討ちに躍起になる。
ムウ・ラ・フラガ
当初は敵だったが、後に仲間に。彼を「おっさん」呼ばわりしている。15歳で成人扱いされるプラントでは28歳のムウはおっさんになるのかも知れない。三隻同盟時代ではストライクとバスターがアークエンジェル配属の為、作戦を共にする事が多かった。
シホ・ハーネンフース
同僚。
キラ・ヤマト
ストライクのパイロット。後の共に戦う事になり、イザークと対峙した時は自分とアスランのようにはならないようにと忠告する。

名台詞[編集]

「グゥレイトォ!」
ディアッカといえばこれ。ポジティブな時、ネガティブな時、いつでも使えるオールマイティな一言。
「なぁ、それともバカで役立たずなナチュラルの彼氏でも死んだかぁ?」
捕虜となっていながらも不遜な態度は変わらず、よりにもよってミリアリアにこれ。ひとこと多いとはまさに彼のためにあるような言葉。口は禍の元である。
あやうく殺されかけるが、この時のミリアリアの錯乱ぶりからナチュラルも自分たちと同じような人間という見方をするようになっていく。

搭乗機体・関連機体[編集]

バスターガンダム
ガナーザクウォーリア
ディアッカ専用ブレイズザクファントム
ディアッカ専用ガナーザクウォーリア
HDリマスターにおける搭乗機。専用のザクファントム同様のカラーリングとなっている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]