レイダーガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイダーガンダム
外国語表記 Raider Gundam
登場作品 機動戦士ガンダムSEED
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
正式名称 レイダー
分類 空戦用試作型可変モビルスーツ
型式番号 GAT-X370
全高 17.94m
重量 84.01t
動力 バッテリー
装甲材質 トランスフェイズ装甲
開発組織 地球連合軍
所属 地球連合軍
母艦 タラワ級パウエル ⇒ ドミニオン
パイロット クロト・ブエル
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連合軍が独自開発した、後期GAT-Xシリーズに属する試作型モビルスーツ。「Raider」とは「襲撃者・侵入者」を意味する。

X300系フレームを採用し、MA形態へ変形できるその特長を活かした一撃離脱戦法がコンセプト。可変MSということでX300番台が与えられているが、同じくX300番台を持つイージスとフレームの共通性はない。トランスフェイズ装甲が採用されており、高い防御力を持たせつつ、稼働時間を大幅に延長する事に成功している。

イージスのMA形態は宇宙空間やコロニー内での運用しかできなかったが、本機では大気圏内での空中戦での使用も考慮され、重力下での飛行が可能となったほか、MA形態時は他のMSを背部に乗せて運搬する事もできる。

ちなみに本機は、同時期に投入されたカラミティフォビドゥンと異なり、厳密には正式量産が決まっていたレイダーを改修した先行生産機として位置づけられている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED
オーブ解放作戦にて、カラミティフォビドゥンと共に初めて実戦投入され、フリーダムジャスティスと交戦した。その後も何度も戦っているが、決着がつくことはなかった。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で、プロヴィデンスのドラグーンの攻撃で中破したバスターに襲い掛かるが、バスターの超高インパルス長射程狙撃ライフルを使って攻撃したデュエルによって撃破された。
機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙
TV版とほぼ同じだが、こちらでは最後はプロヴィデンスと交戦前のバスターによって撃墜されている。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第1話冒頭のシン・アスカの過去シーンに登場。カラミティを背に乗せ、アスカ親子の頭上を飛び去っていった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランスフェイズ装甲
フェイズシフト装甲の改良型。バイタルパート周辺部の通常装甲の内側にフェイズシフト装甲を備え、着弾時にのみ相転移するようになっている。これによってエネルギー消費を大幅に抑える事に成功している。表面は通常装甲のためフェイズシフトダウンが敵に露呈することも防いでいる。
変形
モビルアーマー形態に変形する。余剰推力の高さから、地上ではカラミティを上に乗せ、戦地に送り届けるサブフライトシステム的役割を務めた。

武装・必殺攻撃[編集]

100mmエネルギー砲「ツォーン」
頭部の口にあたる部分に内蔵されたビーム砲。近距離用で射程は短いが、威力は高い。
破砕球「ミョルニル」
手持ち式の質量兵器。ワイヤーでグリップと繋がれた金属球を敵機に向かって投げ放ち、ぶつける事で撃破する。球にはスラスターが内蔵されている為、軌道をコントロール可能。通常装甲のMSなら一撃で撃破できる他、PS装甲のMSも装甲の上から内部にダメージを与える事が出来る。また、ワイヤー部分には対ビームコーティングが施されており強度も高いため、振り回すことで敵の砲撃を防御することが可能。劇中ではデュエルガンダムアサルトシュラウドが発射したビーム、ミサイル、レール砲を防いでみせた。
2連装52mm超高初速防盾砲
実体盾と2連装の機関砲が一体となった複合兵装。前述の通り「機関砲」であり、アニメでは実弾兵器のように描写されているが、公式サイトや小説版ではビーム砲と記述されており、実際はどちらなのかは不明。
短距離プラズマ砲「アフラマズダ」
MA形態時の大型クローに内蔵された武装で、クローで捕らえた敵機にゼロ距離から攻撃する際に使用する。小型のビームサーベルを形成する事も出来る。
M417 80mm機関砲
MA形態時の機首部分に内蔵された武装。通常装甲のMSなら一撃で破壊できる。
M2M3 76mm機関砲
両肩に内蔵された武装。MA形態時にしか使えない。

対決・名場面[編集]

バスターガンダムデュエルガンダム
TV版最終回にて。パイロットのクロトが中毒症状を引き起こした状態で中破したバスターを襲撃。クロトが錯乱状態に陥っていたため、闇雲に武装を連射しながら飛び回っている状態だった。そこへバスターの危機を救うべくデュエルが出現。デュエルにも攻撃を加え、ビームライフルを破壊するが、デュエルはバスターの超高インパルス長射程狙撃ライフルを借用。ツォーンとインパルス砲の撃ち合いの末、デュエルは肩部を損傷するが、レイダーはバックパックへの被弾がもとでそのまま爆散。こうして後期GAT-Xシリーズは全滅に追い込まれてしまった。

関連機体[編集]

レイダー制式仕様
後に量産された制式仕様機。本来ならばこちらが「レイダーガンダム」になるはずだったが、武装の開発が遅れたことで『SEED』本編のレイダーが先にロールアウトし、命名が前倒しされることになった。
装備、推進機関が一部簡略化されたが、少数生産ながらもエースパイロットに好まれた。
ゲルプレイダー
アクタオン・プロジェクトで開発されたカスタマイズ機。
イージスガンダム
本機のコンセプト元。
カラミティガンダム / フォビドゥンガンダム
同じく後期GAT-Xシリーズに属する機体。この2機との連携を前提に開発されている。


商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]