サブ・フライト・システム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

サブ・フライト・システム(SUB FLIGHT SYSTEM)[編集]

サブ・フライト・システムとは、モビルスーツを載せて空中機動を支持する支援機、ないしその運用方法。「SFS」と略されることもある。『機動戦士Ζガンダム』で定義が確立され、以降の各作品において一般化している。

概要[編集]

一般的にモビルスーツの内、自力で重力下で飛行できる機体はほとんどおらず、また航空機と同等の速度を発揮できる機体も皆無である。[1]しかし重力下での飛行能力は戦術的・戦略的なアドバンテージが非常に大きく、純粋な航空機に比べ空力特性が低下する(=燃費が悪い)とはいえ非常に魅力的な能力であった。このニーズに応えて編み出されたのがサブ・フライト・システムに分類される航空機であり、宇宙世紀では最初にこの用途で運用された(あくまで当時は副次的な運用方法に過ぎないが)のはド・ダイYSGファイターであるとされ、グリプス戦争期に定義が確立されそれに準じた専用機が開発・運用される様になった。基本的にはサブ・フライト・システム1機につきモビルスーツ1機のみ積載運用だが、宇宙用の機種では上下表裏面を活用する事で2機まで同時運用できるものもある(ベースジャバ―など)。なお基本的にサブ・フライト・システムは無人・有人の機種に関わらず撃墜や故障などが起きない限りは目的を果たした後自拠点に戻る機能があり原則使い捨ての機体ではない。

一般的にサブ・フライト・システムは、MSを上面に載せて基地や拠点施設から戦闘地域まで輸送し、空中戦を行うための、いわば騎兵の騎馬の役割を果たす。「大型で重量のあるモビルスーツを載せる」という目的のため大推力の平べったい全翼機・無尾翼機が多く、STOLやホバリングが可能な機体も多い。一方で単体での積極的な戦闘は考慮されていないことが多く、武装されている機体は珍しい。モビルスーツは腹ばい、立膝、直立の状態で上に載ることが多く、足を置く溝や手で掴むグリップなどで機体を固定させ、携行火器で空中戦をこなす。基本的に戦闘中の離脱・再搭乗は困難だが、パイロットの技量次第では可能。

また、上記とは別に宇宙空間のみで運用されるサブ・フライト・システムも存在する。これはMS側の推進剤の節約と戦闘宙域への迅速な移動を狙ったもので、こちらはコクピットの付いた大型ブースター機と言った方が適切かもしれない。

そして、地上用・宇宙用とも可変モビルスーツがこの役割を担う事が可能な場合もある。Ζガンダムが緊急的に百式を載せて大気圏突入に成功し、系列機のリゼルなどは本格的な連携運用を想定してグリップやフットレストが装備されている。

これ以外の事例として、スキウレバストライナー百式のメガ・バズーカ・ランチャーや発展型のメガライダーなどの移動砲台や、大気圏突入オプションであるフライング・アーマーもSFSとして分類されることがある。ただしSFSはあくまでMSの移動能力を補佐する物でMSを待機状態で輸送する物では無い為ブッドキャリアートーラス・クルーザークタン参型などの様な輸送機および移送ユニットとは似て非なるカテゴリの物であり、また単機での独立運用も可能な物を指す為増設式ブースターユニットなどとも異なる物である。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム
先述の通り当時は定義がまだされていなかったが、ド・ダイYSGファイターが登場しSFSとして運用されている。また、ザクIIルッグンにぶら下がって移動する例も存在する。
MS-X
スキウレ、スクート、バストライナーなどの移動砲台や、ガンキャリーが登場。
機動戦士Ζガンダム機動戦士ガンダムΖΖ
サブフライトシステムが定義確立され専用機が開発された事でほぼ一般化し、各勢力によって大気圏内用のドダイ改ベースジャバー、宇宙用のゲターシャクルズ、大気圏突入用のフライングアーマーが登場したほか、メガ・バズーカ・ランチャーやメガライダーもSFSとされることがある。また、Zガンダムが百式やキュベレイMk-IIを載せてSFS的な運用を行っている。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
『Zガンダム』に登場したものとは別機種のシャクルズゲタ―が登場。増槽やブースターとしての役割だけでなく、連絡機や質量弾としても用いられている。通称は「ゲタ(下駄)」。
機動戦士ガンダムUC
シャクルズやゲターのほか、94式ベースジャバーなどが登場。さらにリゼルアンクシャがSFSとしても運用できる機体として描かれている他、小説版ではエアクッション型揚陸艇(ホバークラフト)のLCACが登場。
機動戦士Vガンダム
ほとんどのモビルスーツが自力で大気圏内飛行できるが、一般SFSとしてセッターが登場していたり攻撃力や防御力などの総合性能を向上させるツールとしてアインラッドツインラッドが登場。
機動武闘伝Gガンダム
風雲再起がSFSの様な運用をされている。
機動戦士ガンダムSEED機動戦士ガンダムSEED DESTINY
ザフト軍ではディンバビのような自力で飛行できる機体も多いが、ジンザクウォーリアのような機体の為にグゥルが開発されている。
機動戦士ガンダムAGE
地球連邦軍によってウェイボードが開発され、大気圏内外で運用されている。ヴェイガンではファルシアが台座型のファルシアベースを使っている。

SFS機体一覧(作品別)[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

MS-X[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト[編集]

機動戦士Ζガンダム[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ[編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

機動戦士ガンダムUC[編集]

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダムシリーズ[編集]

機動戦士Vガンダム[編集]

機動戦士ガンダムSEED[編集]

機動戦士ガンダムAGE[編集]

ガンダム Gのレコンギスタ[編集]

アナハイム・ラボラトリー・ログ[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ[編集]

SFS的運用が可能もしくはSFS機能を持つ装備を有する機体[編集]

機動戦士Ζガンダム[編集]

ガンダム・センチネル[編集]

機動戦士ガンダムUC[編集]

機動戦士ガンダムF90[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダムシリーズ[編集]

機動武闘伝Gガンダム[編集]

機動新世紀ガンダムX[編集]

機動戦士ガンダムSEEDシリーズ[編集]

機動戦士ガンダムOOシリーズ[編集]

機動戦士ガンダムAGE[編集]

関連用語[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 当然これは各作品の世界観によるところが大きく、SEED系やOO系の世界では自力で飛行できる機体がかなり多い。