リゼル

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
リゼル
外国語表記 ReZEL
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型可変モビルスーツ
型式番号 RGZ-95
頭頂高 20.5m
全高 20.5m
本体重量 25.8t
全備重量 57.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,220kW
スラスター総推力 81,500kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 14,920m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット リディ・マーセナス
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型可変モビルスーツで、リ・ガズィの流れを汲むΖガンダムの量産化を目的とした機体。名称は「Refine Zeta Gundam Escort Leader」の略称。

ΖIIの開発データをブラッシュアップした上で開発に活かしている為、本機もメタスと同様の方式の可変機構を持ち、モビルアーマー形態に変形が可能。その際はサブ・フライト・システムとしての運用も可能で、背部にはMS1機を牽引可能なグリップが設けられている。部品の一部はジェガンD型と同じ規格品が使用されており、コストの低減や整備性の向上に成功している。その為なのかは不明だが、頭部センサーはこれまでのΖ系MSのようなツインアイではなくジェガンのようなバイザーとなっていて、その奥にはモノアイが設置されている。また、センサーは上半身に集中的に配置されているが、これはメタスを参考にした結果であるとされる。ちなみに一般機である本機のセンサーのカラーリングは赤となっている。Ζ系列の機体ではお馴染みのピーキーな操縦系も新型OS(正確には、それに組み込まれたコントロール・サポート・システム)を搭載し、更にリミッターで機体の限界性能を下げた事である程度緩和されており、変形後も操作感覚はほとんど同じである。そのおかげで、以前は非可変機に乗っていたパイロットでもスムーズな機種転換が可能となった。背部のバックパックユニットは複数用意されており、基本的には「ボックスユニット」と「ウイングユニット」を装備している機体が多い(後述)。他にも数種類の「ディフェンサーユニット」が存在している。

なお、本機はΖ系の機体であると同時にジムジェガン系の機体でもあり、後者では初の可変機構搭載機となっている。前者の面で見ても、これまでに登場した様々なΖ系MSの面影が垣間見えており、まさにΖ系MSの一つの集大成とも言える機体となった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
主なパイロットはリディ・マーセナスネェル・アーガマに7機と予備機が複数配備されたが、袖付きとの戦闘で8機全てが大破。それ以降は予備機が運用されている。同艦におけるリゼル部隊のコールサインは「ロメオ」(ジェガン部隊は「ジュリエット」)。
機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
他機種携行武装の新型機流用検証の任務についていたスリーアローズ隊のリゼルの内アロー1アロー2の機体が通常のリゼルとなっている。武装は一般的なものではなく、アロー1がジェガン (エコーズ仕様・コンロイ機)と同じハンドガンを2挺、アロー2がガンダムMk-IIのハイパー・バズーカを2挺装備していた。
機動戦士ガンダムF90FF
冒頭に登場。ヘビーガンと模擬戦を行っているが、相手が小型機のため圧倒されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
MA形態に変形可能。変形の所要時間は0.5秒と非常に短い。なお、この形態はΖガンダムに倣って「ウェイブライダー」と呼ばれる事が多い。
換装
バックパックをボックス・ウイング・ディフェンサーユニットのいずれかに換装可能。
ダミーバルーン
撹乱用の装備。第二次ネオ・ジオン抗争で使用された物は人型を模している程度で細部はあまり似ていなかったが、本機の物は外見がかなり似ている。Episode 6で使用。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。主に牽制に使用される。
グレネード・ランチャー
両腕部に2発ずつ内蔵されている実弾兵器。
ビーム・サーベル
両腕部に2基ずつ格納される。グレネード・ランチャーとの選択式。
ビーム・ライフル
本機の主兵装。Ζガンダムが使用していた物と同様に銃身が長い。通常モードと高出力モード(「ギロチン・バースト」と呼ばれる照射モード)のどちらかに選択可能な他、ロング・ビーム・サーベルとしても使える。
ビーム・ライフル(ジェガン用)
ジェガンの主兵装。短銃身型の為に射程は短めだが取り回しがよく、速射性も高い。混戦時には搭載されているセンサーを併用する事で確実に敵機に命中させられるようになっている。
Episode 6にてバンシィ・ノルンを迎撃した機体の内の1機が2挺装備していた他、別の機体がF91で登場したタイプを装備しているのが確認されている。
メガ・ビーム・ランチャー
背部に装備されるビーム砲。アームで固定されており、機体のジェネレーターと砲身に内蔵されているサブ・ジェネレーターからエネルギー供給を受けて発射される。
シナンジュとの戦闘の際にリディ機が装備している。
シールド
腕部に装備される実体盾。後部にはハンマーブレードが備えられており、打突武装としても使用可能。
ビーム・キャノン
シールドに1門内蔵。3点バースト方式で、ウェイブライダー形態では主兵装となる。

バックパック[編集]

ボックスユニット
その名の通り、箱型のバックパック。一般機はこれを装備している事が多い。推力が高い上に整備性も良好で、現場からも高い評価を受けた。
ウイングユニット
一対の可変翼を装備しており、大気圏突入及び大気圏内での単独飛行能力を本機に与える。宇宙空間での使用も可能。推力が強化されているため、主に熟練パイロットに使用されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

リゼル (隊長機)
隊長機。「リゼルC型」とも呼ばれる。
リゼル (隊長機) ディフェンサーaユニット
隊長機をディフェンサーaユニットに換装。
リゼル ディフェンサーbユニット
一般機をディフェンサーbユニットに換装。
リゼルC型 (ゼネラル・レビル配備機)
ゼネラル・レビルに配備されたC型。
リゼルC型 (ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機)
ゼネラル・レビルに配備されたC型をディフェンサーbユニットに換装。
リ・ガズィ
同じRGZシリーズの機体。
Ζガンダム
リゼルはこの機体の量産型として開発された。
ΖII
リゼルの開発にはこの機体の開発データが使用されている。
メタス
同じ方式の可変機構が採用されている。
ジェガンD型
一部パーツを共用している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]