袖付き

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

袖付き(Sleeves)[編集]

シャアの反乱(第二次ネオ・ジオン抗争)後に形成されたネオ・ジオンの残党組織。所属MSに襟や袖を模した装飾が施されているため、連邦側から「袖付き」という俗称で呼ばれている[1]地球寒冷化作戦が失敗し、総帥シャア・アズナブルが行方不明となったことで求心力を失った各勢力を「シャアの再来」と呼ばれるフル・フロンタルが纏め上げて成立した組織である。

様々なジオン系、反連邦の武装勢力の寄せ集めであり、新生ネオ・ジオンやパラオの志願兵を中心にミネバ・ラオ・ザビを指導者に頂く事を条件に旧ネオ・ジオン残党や旧公国軍残党が合流する事で構成されている。しかし、組織としての一体性に乏しく兵員の練度や装備の質もバラつきが非常に激しい[2]上、中にはパーツの調達が難しく、補給や修理に事欠く機体も存在する。[3]

法的には正規の軍組織ではなくテロリスト集団と見なされており、国際法の適用や戦時条約の締結は期待できず、拘束された場合は捕虜ではなく犯罪者として扱われる可能性が高く、袖付き側もある程度は認めている。

その台所事情から本来であれば組織としての体裁すらも怪しいが、当時のジオン系武装勢力としては最も影響力があり、ペペ・メンゲナン等ジオンシンパやジオン共和国風の会から支援を受け、組織を維持している。同時に、志を同じくする地上のジオン残党組織への支援も行っている。

連邦政府も当初は仮想敵としてその存在を半ば黙認していたが、ダカール襲撃後は単なる残党組織ではなく明確なネオ・ジオンの系譜に連なる組織との見方を強め、彼らと連邦軍の一連の戦闘を「第三次ネオ・ジオン戦争」と認定する動きも出た程であった。

その目的は「サイド共栄圏」の実現とそれによるジオンの復権であり、首魁であるフロンタルもジオン共和国国防大臣モナハン・バハロが用意した人工ニュータイプであった。ガランシェール隊によるビスト財団からの「ラプラスの箱」の譲渡交渉をきっかけとして歴史の表舞台に現れ、世界中を再び戦火に巻き込んでいくが、「箱」の鍵となるユニコーンガンダムを巡る連邦軍との戦闘を経て指導者であったミネバ・ラオ・ザビはガランシェール隊と共に組織を離反。更にインダストリアル7における最終決戦ではネェル・アーガマとの戦闘に加えコロニーレーザーによる砲撃によって戦力の大半を喪失。そこにフロンタルの戦死が重なったこともあって組織は壊滅した。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムUC
初出作品。フロンタル率いる敵役の組織として登場。ミネバとフロンタルの対立など、決して一枚岩とは言えない内情が描かれた。
機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う
アニメ本編に登場した機体のパイロットとその機付長にフォーカスを当て、組織の内情や装備の調達方法等が描かれている。
ストライカー イン トリントン Ninja of the Torington Base
トリントン基地を襲撃するジオン残党軍と連邦軍の基地守備隊の戦いが、『オレら連邦愚連隊』の主人公であるユージ・アルカナの視点で描かれている。
機動戦士ガンダムNT
ゾルタン率いる敵役の組織として登場。
実際はジオン共和国軍の部隊が所属を明かされないよう、「袖付き」に偽装したものであり、組織としての「袖付き」は完全壊滅しているため、登場していない。

人物[編集]

主要人物 [編集]

ミネバ・ラオ・ザビ
組織の最高指導者。あくまで形式上の指導者であるが、ラプラスの箱の開放に反対したことで表立って行動する事になる。
フル・フロンタル
シャアの再来とも呼ばれる実質的な指導者。宇宙を中心に地球を間引きした「サイド共栄圏構想」を掲げる。
ペペ・メンゲナン
パラオ総督。熱狂的ジオンシンパであり、先行投資の意味も含めて袖付きにパラオを提供した。
テニスン・バゲット
旧式装備ながら高い練度を誇る大規模艦隊、「テニスン艦隊」の司令。
ガジュマル
テニスン艦隊所属のムサカ級「グスコー」を指揮する中佐。

フロンタル親衛隊[編集]

フロンタルのカリスマ性に惹かれた若者で構成され、新鋭機であるギラ・ズール (親衛隊仕様)が支給されている。

アンジェロ・ザウパー
親衛隊長。特にフロンタルに心酔している。
セルジ・ヘルファー
親衛隊メンバーの1人。ユニコーンガンダムとの初交戦時にビーム・マグナムの至近弾に巻き込まれ戦死。外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』では初回の主役を努めた。
キュアロン・マスカ
親衛隊メンバーの1人。ラプラス官邸跡でデストロイモードに変身したユニコーンガンダムに接近戦を挑むものの、ビーム・トンファーで返り討ちにされ戦死。
レイル
ラッカー
親衛隊所属のMSパイロット。
ヒル・ドーソン
旗艦レウルーラの艦長。
ルガー・ルウ
漫画『アクロス・ザ・スカイ』に登場。リバウのパイロットを務める。
バト・パンセリノス
親衛隊メンバー。漫画『アクロス・ザ・スカイ』ではフロンタル専用ギラ・ドーガのパイロットを務めた。
ゼクスト・アーデ
親衛隊メンバー。漫画『『袖付き』の機付長は詩詠う』でヤクト・ドーガ (袖付き仕様)のパイロットを務めた。

ガランシェール隊[編集]

偽装貨物船ガランシェールを母艦とする実働部隊。

スベロア・ジンネマン
ガランシェール隊隊長で、通称「キャプテン」。壮絶な過去と豊富な戦歴を持つ。
マリーダ・クルス
ジンネマンに保護されたプルシリーズの生き残り。ジンネマンとミネバに強く忠誠を誓う。
ギルボア・サント
操舵手兼MSパイロット。パラオに妻子を持つが、大気圏での戦闘でガランシェール (原作小説)またはフロンタル (OVA)を庇い戦死。
フラスト・スコール
航行士。ギルボアと並ぶジンネマンの腹心の部下。
アレク
ギルボア戦死後の操舵手。
サボア
MSパイロット。最序盤のインダストリアル7での戦闘で戦死。
クワニ
アイバン
MSパイロット。
ベッソン
乗組員。原作小説ではガルダとの交戦時にド・ダイ改に乗るも撃墜されて戦死。
トムラ
メカニック。捕虜となったバナージとも気さくに接し、ユニコーンの整備も請け負う。

その他のMSパイロット[編集]

ザミュ・サミュ
パラオ所属の熟練パイロットの1人。ドライセンを愛機としていたが、パラオ攻防戦で殉職する。
テルス
パラオ所属の強化人間。ジェトロの妻。ドライセンに搭乗していたが、パラオ攻防戦後は休養している。
ビランチャ・ベーア
パラオ所属の熟練パイロットの1人。ガルス系の専用機シュツルム・ガルスを駆る。
アヴリル・ゼック
袖付き所属のパイロットの1人。水中戦で好成績を収めており、ゼー・ズールのパイロットとなる。
ワークラッハ・バナム
袖付き所属のパイロットの1人。奪取したシナンジュ・スタインのテストを務めるが、インテンション・オートマチック・システムの暴走で友軍を手にかけてしまう。
レッダー
袖付き所属の新人パイロット。ビランチャからは「小僧」「ドライセンの坊主」と呼ばれている。訓練に使ったテルスのドライセンを受領して、最終決戦に参加した。
カサーケ
『MSV 楔』の登場人物。アイザックのパイロット。
オッパシ
『MSV 楔』の登場人物。ドラッツェのパイロット。
ミノッコ
『MSV 楔』の登場人物。シナンジュ・スタインのテストパイロットであるワークラッハを露骨に見下していたが、インテンション・オートマチック・システムの暴走により乗機のギラ・ズールを撃ち抜かれて死亡する。
リッツォ
ヤナーチェク
『MSV 楔』の登場人物。全員がギラ・ズールのパイロット。

技術者・機付長[編集]

マヌエラ
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。レウルーラで整備兵を務める。
ゴティ・ハヤミ
漫画『MSV 楔』に登場。シナンジュ・スタインの試験責任者。
スポッター・シス
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。フル・フロンタル親衛隊でMS整備兵を務める。
ペンプティ・ラス
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。MS整備兵を務める。
ジェトロ・ロイド
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。パラオに駐屯するMS整備兵。妻にテルスがいる。
ジューリ
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。MS整備兵を務めている。シュツルム・ガルスの調整を担当している。

ジオン残党[編集]

カークスを中心とする地上のジオン残党部隊。正確には袖付きに属する部隊ではないが、袖付きの支援を受けており、地球に降下したガランシェール隊と協力する。アニメ版では各地の残党にも協力を依頼、トリントン基地を襲撃した。

ヨンム・カークス
ダカール(アニメ版)及びトリントン襲撃を指揮したカークス隊の隊長。
ロニ・ガーベイ
カークスの下に身を寄せるニュータイプの少女。
マハディ・ガーベイ
ロニの父。ガーベイ・エンタープライズ代表。子供らと共にシャンブロに搭乗した。アニメ版ではアッバス、ワリードと共に既に故人。
アッバス・ガーベイ
マハディの長男。
ワリード・ガーベイ
マハディの次男。
キャンドル
カークスの部下でザクキャノンのパイロット。バンシィにビーム・サーベルで機体を両断されて戦死。漫画『バンデシネ』ではシンブ根拠地隊の隊長を務める。妻子にモーラとオクタがいる。また、同じく機体を両断されたが、原作とは異なり生存している。アニメでは名前のみ登場。
ホルムス
トリントン基地襲撃に参加したドワッジのパイロット。
ヤス・トクミツ
トリントン基地襲撃に参加したドム・トローペンのパイロット。
ハビエール
『バンデシネ』に搭乗。マラサイのパイロット。バンシィに特攻するも返り討ちに遭い戦死。
テッセラ・マッセラ
「『袖付き』の機付長は詩詠う」の登場人物。片腕のズゴックEゼー・ズールのパイロット。
クイント
「『袖付き』の機付長は詩詠う」の登場人物。ザク・デザートタイプに搭乗。戦傷が元で簡素な操縦しか出来ず、後方任務に従事している。
フレッド・リーバー
機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』『『袖付き』の機付長は詩詠う』の登場人物。
ラプラス戦争時はイフリート・シュナイドに搭乗。一年戦争時は連邦軍特務部隊「スレイヴ・レイス」に所属していてガンダム・ピクシーに搭乗していた。
キョゴ
『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。カークス隊に所属するジュアッグのパイロット。ダカールでの陽動作戦で現地防衛隊所属機を複数撃破するも、守備隊のネモに気を取られた隙に集中攻撃を受けて戦死。
チーシン
『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。カークス隊に所属するカプールのパイロット。キョゴと共に陽動作戦を担当するもネモのビーム・サーベルでコックピットを貫かれて戦死。

保有戦力 [編集]

モビルスーツ [編集]

シナンジュ
シナンジュ・スタイン
ネオ・ジオング
クシャトリヤ
クシャトリヤ・ベッセルング
クシャトリヤ・リペアード
ギラ・ズール
ギラ・ズール (親衛隊仕様)
アンジェロ専用ギラ・ズール
ゼー・ズール
クラーケ・ズール
ローゼン・ズール
ギラ・ドーガ
フロンタル専用ギラ・ドーガ
ギラ・ドーガ重装型
アンジェロ専用ギラ・ドーガ
ドライセン
ガザC
ガザD
ガ・ゾウム
ズサ
ガルスJ
ガルスK
シュツルム・ガルス
アイザック
ドラッツェ
ギガン
作業用ザク
ゲルググ
ゲルググJ
リゲルグ
ヤクト・ドーガ (袖付き仕様)
ザクIII (袖付き仕様)
バウ (袖付き仕様)
ドーベン・ウルフ (袖付き仕様)
ワークラッハ専用ドーベン・ウルフ
リバウ
マラサイ
アッシマー[4]

艦艇 [編集]

ガランシェール
ブランダムール
レウルーラ
ムサカ
エンドラ
ムサイ
ムサイ改
チベ改
ド・ダイ改
シャクルズ

ジオン残党軍[編集]

シャンブロ
ザクI・スナイパータイプ (カークス機)
ゼー・ズール(袖付きから提供)
ギラ・ズール(予備パーツ機)
ザク・マリナー
ザクタンク
ザクキャノン
ザク・デザートタイプ
ディザート・ザク
ザクII改
グフ重装型
ガルスJ
ガルスK
マラサイ
ゲルググ
ズゴック
カプール
ジュアッグ (残党軍機)
ゾゴック (残党軍機)
ドワッジ
ドム・トローペン
デザート・ゲルググ
イフリート・シュナイド
ガザC
ズゴックE
ドム・トロピカルテストタイプ
ザクII
ガンタンクII
グフカスタム
ザクI
リック・ドムII
ド・ダイYS
ドダイII
ベースジャバー
ファット・アンクル改
ルッグン
グレイファントム級 (航空不能艦を拠点として使用)
エバーグリーン
ユーコン
ザクIIJC型
陸戦高機動型ザク
ザク・デザートタイプ改
ゲルググG
ライノサラス
ガンダムEXA VS』に登場。あくまで別世界での登場という事もあり、公式に戦力として登場しているかは不明。

関連施設[編集]

パラオ
本拠地。居住区や大規模な基地施設を持ち、関係者を含めておよそ3万人が居住している。L1宙域に位置しているが、行政上はサイド6の保有となっている。

関連組織[編集]

地球連邦軍
敵対組織だが、軍の予算獲得を目的にあえてその存在を黙認。シナンジュ・スタインを譲渡するなどの裏工作も行っている。
ビスト財団
「箱」を巡る取引を目論むが、交渉は決裂。財団の主導権がマーサ・ビスト・カーバインに渡った事から対立関係となる。
ジオン軍 / ネオ・ジオン
母体組織。人員・装備の大半はこれら組織の再利用。
ジオン共和国
裏で援助を行っており、組織崩壊後も隠密行動の為に袖付きに偽装した部隊を編成している。
風の会
ジオン共和国の右翼政治団体。

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. この俗称は当初蔑称として呼ばれ始めたものだったが、袖付きに合流していない残党部隊やジオン共和国の若者からは羨望の意味も含めて「袖付き」と呼ばれるケースもあった。
  2. MSについても古い物でギガンゲルググ、新しい物でシナンジュクシャトリヤが混在している。また、MSに施された袖の装飾や主力量産機のギラ・ズールのデザインは組織としての求心力・一体感を強める目的があった。
  3. ヤクト・ドーガ (袖付き仕様)クシャトリャが主な例。
  4. ただし、ドキュメンタリー番組「星月の欠片」のフェイク動画に登場しているだけなので、実際に保有しているかは不明。