ガザC

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガザC
外国語表記 GAZA-C
登場作品
デザイナー 小林誠
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型可変モビルスーツ
型式番号
  • AMX-003
  • MMT-1[1]
全長 21.2m (MA形態時)
頭頂高 18.3m
全高 22.5m (MS形態時)
10.9m (MA形態時)
全幅 10.4m (MA形態時)
本体重量 40.8t
全備重量 72.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,720kW
スラスター総推力 79,200kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 10,600m
開発組織 アクシズ
所属組織
主なパイロット ハマーン・カーン
グレミー・トト
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ガザBを戦闘用に再設計する形でアクシズネオ・ジオン軍)が開発した量産型モビルスーツ

機体構造はブロック構造を採用し、機体の各パーツはブロックモジュールとしてチューブやシリンダーなどで接続されており、各ブロックモジュールの配置を動かし変更する事でモビルアーマー形態への可変機構を実現している[2]。このブロック構造は接続部分が脆弱で故障しやすいという欠点こそあるものの、生産性が高く機体を大量に生産でき、故障や破損が発生しても対応するモジュールを交換するだけ戦線復帰が出来るという利点があった。

作業用の機体を戦闘用に再設計した為、機体性能はエゥーゴティターンズの可変機程に高くは無い。また、アクシズはパイロットを養成する設備や機関が設立されておらず、搭乗パイロットの練度不足の問題もあり、それを補う目的で砲撃戦による集団戦術を想定し、高出力ビーム砲「ナックル・バスター」と、それを稼働させる為の高出力ジェネレーターが搭載されている。また、砲撃支援を目的としている為白兵・格闘戦には向かず、機体構造も脆弱。エゥーゴが鹵獲した機体を調査した際には技術者から「三回の出撃で機体が分解する」と言われた程であった。

コクピットはリニアシート全天周囲モニターが採用されているが、これはアナハイムとの技術的取引によって得られたものである[3]

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士Ζガンダム
初出作品。第32話から登場。主にアクシズの一般兵が使用したが、初登場時にハマーン・カーンが搭乗した事もある。250機~300機が運用されたが、残存機は80機余だと言われている。
機動戦士Ζガンダム A New Translation
2~3作目で登場。基本的な活躍はTV版と同様。2作目終盤にはハマーンの専用機として、キュベレイと同様のカラーリングの機体が一度だけ登場した。
機動戦士ガンダムΖΖ
前作から引き続いて登場。一般兵の他、新兵時代のグレミー・トトも搭乗した。終盤でグレミー反乱軍カラーの機体が2機登場している。
機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う
7、8話でジオン残党軍の戦力として登場。ナックルバスターは撤去されており、武装はビーム・ガンのみ。ドワッジと共にカークス隊基地の勝手口の防衛を担当、ハイゴッグと遭遇し苦戦を強いられるもゾゴックに救助されるものの後の海賊との戦闘で両腕をもぎ取られ中破した為、基地脱出時に放棄された。
機動戦士ガンダムUC
袖付き所属の機体が登場。袖付きの所属を表す装飾が施されており、機体カラーも緑色に改められている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
第27話にザクやネモと共にブラックロー運送が所有するレストアMSの1機として登場。目がモノアイではなく複数のセンサーになっている。マリア・シティのザンスカール軍に作業用MSとして売り込んでいる。実は偽装としてガザCの外装を取り付けたクロスボーン・ガンダムX-0であり、第30話で偽装を解き、サーカスと交戦している。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

変形
ブロック構造を用いて各モジュールを移動させる事でモビルアーマー形態へ変形可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ナックル・バスター
右胸に直接接続されているジェネレーター直結式の大出力メガ粒子砲。右胸部のセンサーと連動させる事で高い精度の射撃が可能。出力は6.7MW。
ビーム・ガン
モビルアーマー形態時の機首に2門装備されたビーム砲。元々はビーム・サーベルと兼用可能なデバイスとして開発されていたが、生産性を重視する為にサーベル生成機能はオミットされた。出力2.3MW。
ビーム・サーベル
両肩バインダー内に合計2基格納されている。デバイスは生産性を重視しているが、性能は標準レベルを維持している。出力0.4MW。
クロー
脚部を変形させることでクローとして機能する。モビルアーマー形態で使用される。
元々は土木作業用マニピュレータであり、重力下での歩行は想定されていない。主に敵機の捕捉や砲架に用いられる。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ガザC改
ガザCの改修型。
ガザCII
本機とガザDの中間にあたる機体。
オッゴ
一年戦争末期に運用されたモビルポッド。機体構造が後のガザシリーズの参考とされた。
ガザタイプ試作型
ガザシリーズの試作機。
ガザA
オッゴの機体構造をベースにしたガザシリーズ最初の機体。この頃はまだ作業用モビルスーツだった。
ガザM
ガザAの胴体部をベースに、水中用MAに改造した機体。
ガザB
ガザAに簡易的に武装を施した機体。
ガザD
統合性能を向上させたガザC直系の後継機。
ガザE
MA形態での運用を重視し、本機の発展型として開発された機体。サブ・フライト・システムとしての運用も想定されている。
ガ・ゾウム
ガザ系の発展形。それまでと異なる可変機構を有し、ナックルバスターも手持ち式に改められた。
ガザG
ガザW
ガザシリーズの最終型。可変機構はギャプランに似る。
ガザ・レイ
宇宙戦国時代のミキシングビルドモビルスーツの1機。本機とキュベレイを合わせた機体となっている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 片方がアクシズ正規ナンバー、もう片方が連邦の認定ナンバーとされているが、それがどちらを指すのかは資料や作品により異なる(『機動戦士Ζガンダム』及び『機動戦士ガンダムΖΖ』公式サイトでは前者が連邦ナンバー、後者がアクシズナンバー)。
  2. 劇中での登場が遅い為勘違いされがちだが、本機はムーバブルフレーム発祥以前に開発された機体でありムーバブルフレームはそもそも採用しようがない。なお、このブロック構造はアナハイム・エレクトロニクス社へともたらされ、リック・ディアスブロックビルドアップ構造へと発展している。
  3. タイミング的にはリック・ディアス開発以前、ドワス改の供出時に交換された可能性が高い。