ガザW

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガザW
読み ガザウィラ
外国語表記 Gaza W
登場作品 ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム
デザイナー うしだゆうじ (漫画)
福地仁 (設定画)
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型可変モビルスーツ
型式番号 AMX-016
主動力 熱核融合炉
開発組織 ネオ・ジオン
所属 カラード
母艦 メドガーエバース
主なパイロット ディーマッド
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発した可変モビルスーツ。機体名称の「W」は「ウィラ」と読む。

機体形状が大幅に変更されており、地球連邦軍ギャプランに近い形状となっている。バックパックは大型化し、両肩にはバーニア・スタビライザーとしても機能するビーム・キャノンが装備されている。両肩には大型シールドが装備されており、多数の武装や熱核ジェットエンジンが内蔵されている。そのため大気圏内でも飛行可能である(この際、高速中性子加速による放射能が発生する)。股間部にはMA形態時に機首となるレドームが装備されている。従来の機体と異なり重MSに分類される機体でありドーガ系列機に近い機体である。

登場作品と操縦者[編集]

ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム
アラハス隊がサイド2に立ち寄った際に初登場。ボスのエルデスコ・バイエがコロニー内でアニーと合流するまでの間の陽動を務め、コロニー内の防衛部隊を蹴散らした。その後、ネオ・ジオン軍との接触に伴いカラードが好戦派と穏健派に分かれ対立した際に再び登場。穏健派であるボスの駆るザクIII後期型と交戦するも、その最中にダリーによって戦闘中止命令が出されたため決着はつかなかった。
作中にはうしだ氏のオリジナル機体として登場しており、ガザ系列機でありながらツインアイと思わしき頭部カメラを有している。また、後に福地氏が「ゲルググ顔のジオン製ギャプラン」というコンセプトでアレンジした設定画を用意している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
MA形態に変形可能。
レドーム
股間部ユニットがレドームとして機能する。

武装・必殺攻撃[編集]

大型シールド
両肩に装備されている。
ビーム・キャノン
シールドに2門ずつ、計4門内蔵されている。
ビーム・キャノン
両肩部バーニア・スタビライザーに1門ずつ内蔵されているビーム・キャノン。
ビーム・ライフル
ハイパー・ナックル・バスターに似た形状のライフル。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガザC
戦闘用に開発された最初のガザ。
ガザD
ガザCの後継機として開発された機体。
ガザE
MA形態を重視して開発された機体。
ガ・ゾウム
MS形態を重視して開発された機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]