サイド

提供: ガンダムWiki
サイド2から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

サイド (Side)[編集]

宇宙世紀におけるスペースコロニー群の通称。地球の各ラグランジュポイントを中心とした楕円状の軌道に設置され、建造順に番号が割り振られている。

各サイドにはザーン、ハッテ、ムンゾといったように固有の名称が付けられており、一つのサイドにつき1~30基以上のコロニー[1]が集まる事で形成され、サイド7のようにコロニー1基でも「サイド」として認識されている。

宇宙世紀の歴史でサイド1~8までの全8つのサイドの存在が明らかになっているが、一年戦争で甚大な被害を被った各サイドの再建等の理由から、サイド7の建造からサイド8の建造まで百年以上の間が空いている。また一年戦争の前後でサイドの番号や配置が異なっているが、これは戦後行われたコロニー再生計画によるものである。

サイド1 [編集]

通称は「ザーン」。人類が最初にコロニーを建造し、宇宙移民を初めたサイド。

一年戦争(厳密には一週間戦争)開戦時にジオン公国に奇襲を受け、甚大な被害を被ったサイドの一つでもある。サイド1方面には宇宙要塞ソロモンが配置され、ア・バオア・クーグラナダとともにジオン公国の防衛ラインを形成した。

一年戦争後復興したが、30バンチでは反地球連邦活動が活発化した事を理由にティターンズによって30バンチ事件が引き起こされ、グリプス戦役勃発の遠因を作る事になった。

サイド1の各コロニー [編集]

シャングリラ (1バンチ)
ΖΖ』の始まりの舞台となったコロニー。主人公ジュドー・アーシタ達の出身地で、ジュドー達とエンドラの戦いが繰り広げられた。
2バンチ
クロスボーンDUST』に登場。宇宙世紀0170年代には既に廃コロニーとなっている。
エデン (3バンチ)
UC』の主人公バナージ・リンクスの出身地。
ケルン (7バンチ)
フォーミュラー戦記』に登場したコロニー。オールズモビルのMS部隊が内部に逃げ込み、調査のため訪れたエイブラム隊と交戦。その際、オールズモビルがコロニー外壁に穴を開ける暴挙に出ている。
13バンチ
一年戦争最初期の一週間戦争で初めて破壊されたコロニー。
25バンチ
ファ・ユイリィの出生地。連邦軍の補給基地や演習場を有しており、『AOZ』でヘルマン・キルマイヤー率いるジオン軍残党部隊がガンダムTR-1[ヘイズル]の強奪を図っている。
30バンチ
上述した「30バンチ事件」の発生したコロニー。
アルカディア
宇宙世紀0088年にラカン・ダカラン率いるネオ・ジオン軍によって制圧されたコロニー。
エリュシオン
皇女陛下のレジェンドラ号』の舞台となったコロニー。ベルグ・スレイ率いるネオ・ジオン軍とクーデターを起こした連邦軍の警備隊との戦闘が発生している。
エルドラド
宇宙世紀0088年にキャラ・スーン率いるネオ・ジオン軍によって制圧されたコロニー。
スウィートウォーター
Ζ』及び『逆シャア』に登場するコロニー。それぞれの作品で形状と場所が異なる。
ブッホ
ブッホ・コンツェルンが所有するコロニーの1つ。軍事関連産業や職業訓練校の他、クロスボーン・バンガードに所属する兵士の養成が行われている。
ブルッツホルツ
閃ハサ』に登場。連邦軍のケネス・スレッグが武器調達のために何十枚もの書類にサインを行っていた。また、ペーネロペーのテストも行われていたとされている。
ブリガドーン
ジオンの幻陽』に登場。一年戦争以前からナノテクノロジー産業が盛んなコロニー。宇宙世紀0088年にフェアトン・ラーフ・アルギス率いるネオ・ジオン軍に制圧されている。
ヘヴン
戦後の戦争』に登場。サイド1のコロニーの中でも特に古い部類に入る。クラップ級巡洋艦ウンカイへのシナンジュ・スタインの積み込みが行われた。
ヘルンガット
装甲材質の開発を行っているロックウェイ社を有するコロニー。レズリー・アノーがフロンティアIVへ移住する前、同社に勤務していた。
ムーン・ムーン
『ΖΖ』でジュドー達が立ち寄ったコロニー。後に『ムーンガンダム』の舞台となった。初期のコロニー開発計画で建造されたコロニーで、宇宙世紀では珍しいバーナル球と呼ばれるタイプ。機械文明を否定している種族「ヒカリ族」が住み、連邦政府と秘密裏の取り引きを行い存在の秘匿と保証をされている。
ルーシ
機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』に登場。アリョーナ・ペィジの出身地で、反地球連邦組織エグムの影響を強く受けている。
ロンデニオン
ロンド・ベルの拠点が置かれているコロニー。地球連邦軍とネオ・ジオン軍の秘密会談が行われた他、シャアアムロの再会の場となった。
ネオ1バンチ
クロスボーンDUST』に登場。0160年代の首都コロニー。大量の難民受け入れを前提に建造されており、三層のシリンダーからなる特殊な構造を持つ。

サイド2 [編集]

通称は「ハッテ」。サイド1と同じく一年戦争の緒戦で壊滅的な被害を被った。また、本サイドに所属するコロニー「アイランド・イフィッシュ」がジオンのコロニー落としに利用された。

一年戦争後は復興し、グリプス戦役では中立を表明するも、18バンチがティターンズのコロニーレーザーの試射によって、21バンチが毒ガス攻撃によって壊滅する被害を負った。

宇宙世紀0149年にはアメリアコロニーにてザンスカール帝国が建国され、ザンスカール戦争の中心地の一つとなる。

サイド2の各コロニー [編集]

1バンチ
『Ζ』に登場。市長が25バンチへ毒ガス攻撃を仕掛けようとするティターンズに交渉を試みるも無視されている。エゥーゴによる毒ガス攻撃阻止後にアーガマクルーと市長との面談が行われ、ティターンズと手を組もうとしていた市長の疑惑が問いただされている。
カラブリア (6バンチ)
V』(小説版)に登場。サイド2の中で最も地球圏に近いコロニー。
アイランド・イフィッシュ (8バンチ)
上述の通り、一週間戦争でコロニー落としに利用されたコロニー。『宇宙のイシュタム』の舞台となった。『08』の主人公シロー・アマダの出身地である。
10バンチ
一週間戦争でジオン軍に破壊されたコロニー。
モルガルテン (13バンチ)
『Ζ』に登場した観光コロニー。モルガルデンとも。農業ブロックにハイザック・カスタムが潜伏しており、ハマーンミネバの静養のために訪れた際に戦闘に巻き込まれている。一年戦争では中立を表明して捕虜交換や難民受け入れなどを行っている。
14バンチ
一週間戦争でジオン軍の核攻撃を受けたコロニー。
15バンチ
ティターンズによる13バンチへの毒ガス攻撃の際、エゥーゴの部隊が本コロニーの方向から侵入した。
18バンチ
上述の通り、『Ζ』第40話でコロニーレーザーの標的となったコロニー。同攻撃により住民は全員死亡し、漫画『クライマックスU.C.』の主人公カムナ・タチバナの幼馴染ナギサ・フローリンも同コロニーに滞在していたため死亡している。
21バンチ
上述の通り、『Ζ』第41話で毒ガス攻撃により住人が全滅したコロニー。
25バンチ
『Ζ』第29話でティターンズの毒ガス攻撃の標的となったコロニー。アーガマ隊の活躍により毒ガス攻撃は阻止されている。
アメリア
ザンスカール帝国の首都コロニー。『V』第27話でリガ・ミリティアがコロニー港湾の艦隊に向けてカイラスギリーのビッグキャノンによる狙撃を試みている。
オリンポス
アナハイム・エレクトロニクス社が所有するコロニー。『ヴァルプルギス』の主人公マシロ・オークスが住んでおり、エゥーゴとネオ・ジオン軍の戦闘に巻き込まれている。
バーデン
『戦後の戦争』に登場。遊園地などのレジャー施設がひとそろいあるだけで、コロニーならではの観光設備の無い、廃れた地方都市と表現できるコロニー。シナンジュ・スタイン強奪事件におけるウンカイの生き残りマッチオ・フルチ伍長が収容され、ブライト・ノアが尋問を行った。その後、同事件での袖付き側の生き残りの尋問場所に選ばれるものの、それはブライトを誘き出そうとしたエコーズの偽情報だった。
ブルー3
『V』第44話に登場。ザンスカールがエンジェル・ハイロゥ建設の前線基地として利用しており、サイキッカー受け入れの窓口となっていた。ムーン・ムーンと同じバーナル球型コロニー。
ヘラス
ガイア・ギア』に登場。メタトロンの本拠地で、マハによる襲撃を受けている。
マケドニア
『V』第28話に登場。ザンスカールの勢力下にある独立コロニー。アメリアから脱出したウッソ達を捕虜として収容した。その後、シャクティを奪還しようとするザンスカールの襲撃を受け、ウッソ達はその混乱に乗じる形で脱走している。マーベットオリファーが結婚式を上げた場所。

サイド3 [編集]

通称は「ムンゾ」。地球から最も離れた場所にあるサイド。ジオン公国を名乗り地球連邦から独立を宣言し、一年戦争を勃発させた。工業生産能力と人口収容能力の向上を目的に主だったコロニーは密閉型を採用している。

戦後は連邦により宇宙世紀0100年までの期限付きではあるものの自治権を認められ、ジオン共和国の国号で存続。戦争の直接被害が無かったこともあり、コロニー再生計画の中心地として、戦争で破壊されたコロニーの修復事業に関わっている。

サイド3の各コロニー [編集]

ズムシティ (1バンチ)
ジオン公国の本拠地。公王庁の異彩を放つデザインが印象的。
マハル (3バンチ)
ジオン公国軍によりソーラ・レイに改造されたコロニー。シーマ・ガラハウ達、海兵隊の故郷だった。
海 (9バンチ)
ガンダムセンチュリー』や『アッガイ博士』に登場する、海を有するリゾートコロニー。ここで水陸両用モビルスーツのテストが行われた。
14バンチ
MSV』や『アグレッサー』に登場するコロニー。シカが生息しており、工業区がある他、ジオン軍が軍事訓練に用いている。
リゾンデ (21バンチ)
ギレン暗殺計画』に登場する海洋コロニー。一年戦争時は水陸両用モビルスーツの兵器試験場に用いられている。
タイガーバウム (24バンチ)
『ΖΖ』に登場する中華街風の観光用コロニー。実力者のスタンパ・ハロイによって支配されており、高い税金で住民が苦しめられている。
アキレス (26バンチ)
エコール・デュ・シエル』に登場。主人公アスナ・エルマリートの実家がある。
29バンチ
グフ飛行試験型の開発が行われたコロニー。
ブリュタール (31バンチ)
小説版『Ζ』や『C.D.A.』に登場する観光用コロニー。コノシア湖を有しており、シャアとハマーンが湖をバックにツーショット写真を撮った。
キンツェム (35バンチ)
ジオン共和国の公国化を反対する運動が発生し、武力鎮圧されたコロニー。
ウィルヘルムスハーフェン
小説版『08』に登場するレジャー用コロニー。サハリン家の別荘があった。
エキストラ・バンチ (ダーク・コロニー)
THE ORIGIN』に登場する、ダーク・コロニーの通称を持つコロニー。新兵器であるモビルワーカーなどの開発が行われた。
ガーディアン・バンチ
『THE ORIGIN』においてジオン士官学校生徒らによる「暁の蜂起」が発生したコロニー。
グローブ
ジンネマンの妻子やアンジェロの家族が住んでいたコロニー。一年戦争終結時に連邦軍が連邦兵達のガス抜きとして目をつけ、連邦兵による住民への一方的な惨殺・強姦が行われた。
コア3
ジオン共和国移譲後のネオ・ジオン(ハマーン軍)の本拠地。ジュドーとハマーンの決戦の地となった。
ザハト
REBELLION』に登場するジオン軍の軍事教練コロニー。

サイド4(新サイド6) [編集]

「ムーア」とも呼ばれる。一年戦争で壊滅的な被害を被り、その際に生じた残骸が密集し、絶えず放電している事から戦時中は「サンダーボルト宙域」と呼ばれていた。元ムーア居住者達はムーア同胞団を結成し、故郷奪還の為に連邦軍に兵力の提供や資金援助を行った。

戦後はコロニーが再建され、新たにサイド6として割り振られた。

サイド4の各コロニー [編集]

6バンチ
一年戦争で破壊されたコロニー。『MS IGLOO 603』第2巻の第11~12話では残骸に連邦軍が秘匿ビーム砲台を設置している。
アイランド・イーズ
第2次コロニー再生計画で移送中だったコロニーの1つ。シーマ艦隊によりジャックされ、デラーズフリートのコロニー落としに利用される。
アイランド・ブレイド
アイランド・イーズと共に移送中だったコロニー。イーズの軌道変更のため、イーズと衝突させられた。
マウリティア
一週間戦争でジオン軍の毒ガス攻撃によりロディニア共々壊滅したコロニー。
ロディニア
マウリティアと共にジオン軍の毒ガス攻撃を受けたコロニー。生き残った住民は後に宇宙海賊シュテンドウジを結成。以後、彼らの拠点となっている。

サイド5(新サイド4) [編集]

通称「ルウム」。一年戦争序盤に「ルウム戦役」が行われ、殆どのコロニーが壊滅的な被害を被った。コロニー再生計画で新たにサイド4に割り当てられ、宇宙世紀110年に再建計画が本格始動。「フロンティア・サイド」の別名で呼ばれるようになった。

宇宙世紀0096年にはラプラス事変の、宇宙世紀0123年にはコスモ・バビロニア戦争の舞台となる。

サイド5の各コロニー [編集]

ワトホート (11バンチ)
ジオン軍が第2次ブリティッシュ作戦に用いるコロニーとして標的にしたコロニー。これによりルウム戦役が勃発した。
27バンチ
『Ζ』第25話に登場した無人のコロニー。ティターンズによるグラナダへのコロニー落としに用いられるも、エゥーゴによりグラナダへの直撃を阻止された。
首都バンチ (ミランダ)
『THE ORIGIN』に登場。ルウム戦役直前の連邦派住人とジオン派住人の衝突などが発生している。セイラが中央病院に勤務していた。
USJ-7
F91』に登場する廃コロニー。
インダストリアル7
『UC』の始まりの舞台となったコロニー。コロニービルダー「メガラニカ」による拡張・造成工事の最中で、アナハイム関連企業を有する他、ビスト財団二代目当主カーディアス・ビストの屋敷がある。
テキサス
アメリカ合衆国テキサス州を模したレジャー・牧畜用コロニー。一年戦争時には荒廃しており、内部は荒野と化している。
ニューマンハッタン
G-SAVIOUR』に登場するコロニーで、マンハッタンのセントラル・パークを模した公園や自由の女神像のレプリカが存在している。
フロンティアI
サイド4への移行後に建造されたコロニー。サナリィの研究機関が存在し、ガンダムF91の最終調整が行われている。『F91』終盤では、クロスボーン・バンガードバグによる無差別殺戮が行われた。
フロンティアIV
サイド4への移行後に建造されたコロニー。『F91』の主人公シーブック・アノーの出身地で、『F91』の始まりの舞台となっている。クロスボーン・バンガードによる制圧後、首都バビロンが置かれた。
詳細不明のコロニー
『ΖΖ』に登場した名称・バンチ不明のコロニー。一年戦争後に廃棄されていた物を、ネオ・ジオン軍がダブリンへのコロニー落としに利用した。

サイド6(新サイド5) [編集]

通称「リーア」。一年戦争から一貫して中立を表明し続けるサイド。戦後のコロニー再生計画ではサイド5に改称されるが、中立地帯の代名詞として改称後も「サイド6」の名称で呼ばれるケースもある。

本サイドにおけるコロニー内での戦闘及び武器の開封は重罪であるが、ジオン・連邦双方ともにサイド6に極秘裏に実験施設や研究機関を作り上げている。

サイド6の各コロニー [編集]

パルダ (8バンチ)
『1st』で登場。フラナガン機関が置かれており、ここに立ち寄ったアムロが父テム・レイと再会しシャアやララァ・スンと直接対面している。また、ミライが婚約者カムラン・ブルームと再会した。
メーティス (18バンチ)
NT』に登場した学園都市コロニー。ダマスカスグルトップのMS部隊の交戦が発生し、多大な被害が発生している。
28バンチ
『エコール・デュ・シエル』に登場。アスナとユーナが買出しに訪れた。
アガルタ
ザ・トラブルメーカーズ』に登場。主人公ディーン・ウェストが難民のために買い上げたコロニー。
アガルタII
アガルタ崩壊後に元住人が移住したコロニー。
ウクライナ / オンタリオ / カミイグサ
ポケ戦』第5話に名称のみ登場。
サリードI
『ザ・トラブルメーカーズ』に登場するカルロ・サリードのプライベートコロニー。
ニュー・マディラ
アナハイム・ジャーナル』に登場。宇宙世紀0084年7月にプチ・モビルスーツによる合法レースが初開催された。
フランチェスカ
『ポケ戦』や小説『UC』に名前のみ登場。南国を模したリゾートコロニー。
リボー
『ポケ戦』の舞台であるコロニー。主人公のアルが住んでいる。連邦軍がガンダムNT-1の実験用の基地を設けており、ルビコン作戦の任を受けたサイクロプス隊による奪取作戦や、バーニィによるクリスマス作戦が展開された。また、『Twilight AXIS』では主人公ダントン・ハイレッグアルレット・アルマージュがクリーニング屋を経営している。
ミート・オブ・トゥーン
クロスボーンゴースト』に登場。資源採掘衛星を二基のコロニーで挟んだ形から「マンガ肉」の通称で呼ばれている。

サイド7 [編集]

通称「ノア」。一年戦争後は「グリーン・オアシス」に改称された。月と反対側の軌道に建設されたサイドであり、サイド3から最も遠く、近傍にルナツーが存在する事もあって連邦軍のV作戦の中心地として使用された。

0078年の段階で未完成のコロニーが1基のみ、0087年にはコロニーが2基に増えるものの、グリーン・ノア2はティターンズの軍事拠点として「グリプス」の別名で呼ばれており、グリプス戦役後半ではコロニーを分割し、コロニーレーザー「グリプス2」として使用された。

宇宙世紀168年にはルナツー付近に移動させられ、エバンス・ジルベスターによって「賛美歌の国」が建国されている。

サイド7の各コロニー [編集]

グリーン・ノア
グリーン・ノア1 (1バンチ)
『1st』の始まりの地となったコロニー。主人公アムロ・レイが住んでおり、宇宙世紀0079年9月18日に発生したサイド7遭遇戦でガンダムが初めて大地に立った。続編『Ζ』でも物語の始まりの地となり、主人公カミーユ・ビダンがエゥーゴのガンダム奪取作戦に協力した。
グリーン・ノア2 / グリプス (2バンチ)
バスク・オムによりグリプスの別称を与えられたコロニー。上述の通り、後にグリプス2へと改造された。

サイド8 [編集]

U.C.0210年代に建設されていた最も新しいサイド。通称は「ガイア」。

地球連邦崩壊の後は中立を維持していたが、その後食料問題解決の為の生物発光対の研究を巡りセツルメント国家議会軍と対立。「ガイアの光事件」の舞台となった。

サイド8の各コロニー [編集]

ガイア
『G-SAVIOUR』後半の舞台となったコロニー。

関連用語 [編集]

スペースコロニー
コロニー公社
スペースノイド

リンク [編集]

脚注[編集]

  1. 各サイドの正式な基数は不明。機動戦士Ζガンダム28話ではサイド2の85バンチコロニーの名前が出てくるが、台詞のみ。