2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムF91

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムF91
外国語表記 Gundam Formula 91
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 F91
頭頂高 15.2m
本体重量 7.8t
全備重量 19.9t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,250kW
スラスター推力
  • 15,530 kg×4
  • 4,380 kg×6
スラスター総推力 88,400kg
アポジモーター数 51
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属組織 地球連邦軍サナリィ(再調整)⇒ 地球連邦軍
所属部隊
主なパイロット シーブック・アノー(F91)
ベルフ・スクレット(フォーミュラー戦記)
テンプレートを表示

概要[編集]

サナリィフォーミュラ計画の一環として開発された試作型モビルスーツ

「現時点でのモビルスーツの限界性能を達成」を目標とし、換装によってあらゆる局面に対応しようとしたガンダムF90とは異なり、単一仕様であらゆる状況に対応できる究極の汎用MSを目指して設計された機体である。ただしある程度はフォーミュラ計画機体規格のハードポイント装備換装が利く模様。

本機の開発はサナリィであり厳密には、本機の名称は「フォーミュラ・ナインティンワン」、若しくはそのままF91(エフ・きゅうじゅういち)なのだが、伝統のガンダムフェイスである事もあって劇中ではその力を借りる意味でも「ガンダム」と呼ばれた[1]

F90の3号機であるクラスターガンダムと並行する形で開発が進められ、機体の基礎設計はF90の実戦データを元にしつつ、装備などの火器管制システムはF90Vタイプの実戦データを参考にしており、実質的なF90の後継機である。前世代のF90がコンピュータの熱問題に悩まされた事も有ってか全体的にラジエーターフィン等を増やし冷却・放熱性能も重視されている。

機体の小型化を実現するため動力炉が従来の横置きから縦置きに変更されているが、これには強度維持や伝導装置の取り回しなどの問題が積み重なった。これを解決したのが新たに考案されたMCA(Multiple Construction Armor = 多機能装甲)構造で、高密度実装の実現によりジェネレーターの機体外マウントが可能となった。

このMCA構造は、かつてのサイコフレームの技術を応用・発展し、構造材そのものに電子回路を盛り込んだ技術であり、機体フレームそのものに電装機器の機能を持たせることで機体強度を維持したまま機体内の容積の激減と飛躍的な軽量化を達成、それにより本機は高い機動性を獲得するに至った。

機体の制御は最新鋭のバイオコンピューターが担当し、通常稼働時はサイコミュの性能を抑えた状態で運用される。機体本来の性能を発揮するにはニュータイプかあるいはそれと同等の実力を持つパイロットが必要だが、通常の教育型コンピューターでも稼働できることから一応の汎用性は保たれている。ただし、機体の性能からして乗り手が限られるため、一般兵レベルのパイロットでは操縦自体が難しく、後に少数量産された機体ではリミッターを掛けた上でデチューンした状態で運用されている。

一見、スタンダードに見える機体だが、多機能のビームシールドやV.S.B.R(ヴェスバー)などこの機体独自の装備は意外と多く、中でもパイロットの能力に応じてリミッターが自動的に解除される限界稼働モードの存在が特徴的である。このモードが発動すると頭部に有るバイオコンピューターの冷却のためにフェイスカバーが開き機体全体が発光する。また、副次効果として「質量のある分身」が発生する。これは本来熱を持った表面装甲を分離する事で排熱を行う為のシステムであるが、分離した表面装甲が質量と熱を持っている事から敵機のセンサーが誤認を起こしてしまいデコイの様に作用する。

その多機能さを考えると一品物の高性能機で量産には向かない機体の様に思われるが、余程完成度が高かったらしく、U.C.0133年頃には少数が量産されている。

なお、映画公開当時の資料には「サイコミュサブ増幅器が操縦席の背に組み込まれており、コックピットの周囲に使われているサイコフレームが主増幅器になっている」[2]と記載されているものがあるが、これ以降の資料で同様の記述がされているものは見られない。後に公開された『機動戦士ガンダムNT』においても、『機動戦士ガンダムUC』におけるラプラス事変後にサイコフレームの技術が封印された設定であるため、前述した設定と矛盾が生じている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF91
主役機として登場。パイロットはシーブック・アノー
機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
後半の主役機として登場。パイロットはベルフ・スクレット。この時点ではまだ未完成だった為、普通の学習型コンピューターを搭載しているがその状態でも機体の性能は高く多数の敵機を撃墜している。その後、フロンティアIに搬入され、本来の搭載コンピュータであるバイオコンピューターに換装された。
機動戦士ガンダムF91プリクエル
最終稿直前まで検討されていた純白のF91がテスト運用時のカラーリングとして登場。モニカ・アノー視点でその運用風景が描かれる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

バイオコンピューター
機体の情報をパイロットに伝えるサイコミュデバイス。パイロットの技量を判断し、それによって機体のリミッターを制御する役割も持つ。
M.E.P.E.
放熱が触媒やラジエーターだけでは間に合わない場合、過熱した機体表面の装甲を分離する事で熱を逃がす排熱システム。名称は「Metal Peel-off effect(金属剥離効果)」の略であり、機体の最大稼働中に起きるものでMCA構造の副産物とされる。
装甲の表面には耐ビームコーティングのような特殊加工が施されており、これが最大稼働時に剥離する事で放熱を行う。剥離したコーティングは機体の機動慣性方向にその熱量や輪郭等を残している為、これを敵機のセンサーやパイロットの肉眼がMSと誤認するという想定外の事態が起きている(「質量を持った残像」と呼ばれる。なお、あくまでも残像をMSと誤認する事が想定外なのであり、M.E.P.E.の発生自体は当初から想定されていた)。この為、敵の撹乱等に有効である。
サイコフレーム
劇場公開当時に発売された書籍[3]にサイコミュと共に搭載されているとの記述が見られる。特に「オフィシャルエディション」では「F91ではサイコミュサブ増幅器が操縦席の背に組み込まれており、コクピットの周囲に使われているサイコフレームが主増幅器になっている」と記述されている。
しかし、以降の資料で同様の記述は見られず、ガンプラ「MG 1/100 ガンダムF91」(旧版)の「MCA構造がサイコ・フレームを応用・発展させた技術」といった設定など、本機とサイコフレームの関係は間接的なものに留まっている。
ただ、漫画『機動戦士ガンダムF91プリクエル』では上記の設定が反映されており、サイコフレームが搭載されるまでの過程が描かれた。
試験型ミノフスキー・ドライブ
書籍「機動戦士ガンダムF91 フィルムコミック」に試験型ミノフスキー・ドライブを搭載していたという記述が存在しており、残像の発生は、一時的な加速によるものだったとされている。書籍「MS回顧録」においてもフォーミュラーシリーズの機体に試験的に搭載されていたと設定されている。
上記のサイコフレームと同様、こちらの設定も現在の資料では確認されていない。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2基装備設置されたお馴染みの牽制装備。
メガ・マシンキャノン
胸部コクピットハッチ脇に左右一対2門装備されている。頭部バルカンよりは大口径で威力が高目だが反面装弾数は少なめとされている。
ビーム・サーベル
左腰に2基装備。収納部を回転させそこからグリップを射出して手に持つ形式。特別な機能は無いが、手首ごと回転させる事でビーム刃の輪を作りだし、バグを多数撃墜するなどの見せ場があった。
ビーム・ライフル
本機専用のビームライフル。性能自体は当時の小型MS用の標準の物と大差は無い。銃尾銃床部にEパックと思しきパーツが存在する。一応原型はF90の「専用ビームライフル(概観デザイン等)」とVタイプの「Vタイプ用ビームライフル(内部機能等)」とされている。
ビーム・ランチャー
高出力のパルス式ビーム砲。デザインの親和性や他の機体が用いた描写が現状存在しない為F91用の「専用装備」の可能性が高い。ガンダムF90-Aタイプの「メガビームバズーカ」の発展形の一つ。後述のV.S.B.R.とは違い、手持ち式。
V.S.B.R.(ヴェスバー
「Variable Speed Beam Rifle」の略。ビームの弾速や収束率などを無段階連続帯域レベルで調整する事で発射されるメガ粒子ビームの性質を変更する(高速で高貫通力のビーム、低速で破壊力を重視したビームという様に)事が出来る新機軸のビームライフル。一応ビームライフルという名称を有するが、基本は機体のジェネレーターから直接エネルギー供給を受けて使用されるので戦艦や大型MSなどが扱うメガ粒子砲に近い。なお、内蔵大容量メガコンデンサの採用により接続コネクタを介し機体から切り離して数発程度発砲することも可能である。この機能はF90Vのヴェスバーに分離機構が無い事からF91で新たに採用・使用可能になった機能と思われる。F91用の物は欠点として「機体の振動を拾い接続コネクタ過度の負担が掛かり照準がブレやすい」ことや「切り離し機能を有する分接続コネクタ部が脆く、場合によっては他の機体の接触程度の衝撃で脱落喪失してしまう」点がある。
ビーム・シールド
ミノフスキー粒子のビーム力場を発生器の周囲に平面状に展開した「シールドビーム」を用いて、盾として扱う防御兵装。F90Vの試験型の欠点をV.S.B.Rと同じく大容量メガコンデンサを使用する事で補った物。本機は連邦軍製の正規機体としてビーム・シールドを装備した初期の機体に当たる。強度的には平凡な物だが、発生器単体でも一定時間機能させられるため、劇中では右腰に内蔵された予備発生器を手裏剣の様にビーム刃を形成した投擲武器としても使っている。

その他[編集]

ビーム・ライフル(デナン・ゲー用)
デナン・ゲーのライフル。自身の正規のライフルを失ったため拾って、ラフレシア戦で使用している。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダムF91[編集]

F91ガンダム出撃
本機の初出撃シーンより。スペース・アークから発進したF91は、初めての実戦にも関わらず、向かってきたデナン・ゲーをたちどころに両断。続けてビルギットを襲うデナン・ゲーとデナン・ゾンを同時撃破してのけた。
セシリーとの再会
バグ
ラフレシア

関連機体[編集]

ガンダムF91 バックキャノン装着型
ヴェスバーの開発失敗の際の代替案のバックウェポンユニットなどを搭載した仕様。
ガンダムF91 ツインヴェスバータイプ
ヴェスバー4基を搭載した強化案。
量産型ガンダムF91
本機の少数生産型。
ハリソン専用ガンダムF91
量産型F91を本機とほぼ同等の仕様にチューンナップした機体。
ガンダムF90ガンダムF90V
前身となった機体。特にVタイプの運用データが大きく反映されている。
ヴェスバー装着型G-キャノン
この機体の運用結果から本機のヴェスバーの使用時位置が腰部に設定された。
クラスターガンダム
同時期に建造されたとされる「F90」の3号機兼Y型仕様。
シルエットガンダム
F90Vタイプやバックキャノンタイプなど本機の開発初期のデータを盗用し開発された模造実験機。
ガンダムF91イマジン
ガンダムビルドファイターズ』に登場する、本機をベースにしたガンプラ。パイロットは元ガンプラ塾出身のジュリアン・マッケンジー
ガンダムM91
ガンダムビルドファイターズA-R』に登場するガンプラ。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

※旧MG

※新MG

フィギュア [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. スペース・アーク艦長代理レアリー・エドベリの発案より。
  2. 書籍『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション』(1991年5月10日)より。
  3. 「機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション」「NEWTYPE100% COLLECTION 機動戦士ガンダムF91」など。