2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

シルエットガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルエットガンダム
外国語表記 Silhouette Gundam
登場作品 機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RXF-91
頭頂高 15.4m
本体重量 8.5t
全備重量 21.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,570kW
スラスター推力
  • 31,460kg×2
  • 19,920kg×1
  • 4,620kg×2
スラスター総推力 92080 kg
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 アナハイム・エレクトロニクス社(ブレイウッド隊)
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社の「シルエットフォーミュラプロジェクト」において開発された技術検証試験用ワンオフモビルスーツ。サナリィフォーミュラ計画で開発された「F91」のデータ[1]を盗用した模造実験機。基礎設計データを流用している為、機体バランスはF91に近いものの、素材の流用が多く機体の軽量化も成されていない。ただし、ジェネレーター出力ではF91に勝り、理論上の総合性能は同等。しかし、バイオコンピューター[2]等、サナリィ側の技術を再現できるだけのノウハウが不足したため、実際の運用上での性能で劣る部分も有る事は否めない。機体の主フレームヘビーガンの物の流用改造品でありフレーム強度に起因する性能上限も存在している。その上製作意図の関係も有って整備用の予備パーツもほぼ用意されていなかった為整備性は低い[3]

主管制コンピュータとして通常の教育型コンピュータを改良した物を使用している。最大の特徴はMACSS(マニューバ・コントロール・サンプリング・システム)を搭載している点で、このシステムは本来一般量産機向けのマニューバープログラムを作り出す為のサンプリングシステムだが、このシステムと機体バランサーを解除したマニュアル操作を行うことで、フレームの瞬発力や加速性能を向上させるがバランスが著しく悪くなり乗り手の腕前がダイレクトに作用される状態となり、乗り手が腕利きのパイロットである程、機体本来の性能も引き出せる仕組みとなっている。

データ収集用の機体の為、プロペラントの積載量は少なく、戦闘持続時間は正規の戦闘用MSに比べると遥かに短い。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
漫画版および小説版の主役機。ゼブラゾーン事件におけるダーク・タイガー隊との戦闘でその性能を遺憾なく発揮し、撃退に成功している。漫画では後にトキオのネオガンダムへの乗り換えに乗じて、残されて無人状態だった本機をレイラが借用。ガレムソン駆るネオガンダム1号機の撃破に貢献している。なお、模型企画と小説ではダーク・タイガー隊との戦闘で損傷しており、後にアナハイムで改修を受け、シルエットガンダム改となった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

MACSS(マニューバ・コントロール・サンプリング(サポート)・システム)
量産化に向けた機動プログラミング用に搭載されているシステム。試験データの収集によって誰でも動かせる一般量産型MSの開発に繋がるが、プログラムが出来上がっていくに従って危険行動や無駄な動きが省かれるなどソフト面の柔軟性が失われるため、ある程度、MSの動きに制限が掛かってしまう。その場合、MACSSを含めた試験データの適応をカットすることで、操縦し難く機体バランスが不安定になるのと引き換えに、本来の機敏な機動特性を得られるようになる。元々、実験機で量産の予定がない本機にとっては、理に適った対応といえる。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部左右一対2基内蔵。
メガマシンキャノン
胸部(正確には肩口襟元位置)左右一対2基設置。
ビームスプレーガン
右腕部外側に装備。漫画版では終始装備されていない。ゲーム作品等ではヘビーマシンガンやマシンキャノンとして誤って扱われている事がある。
ヘビーマシンガン
左腕部に上下一対半埋め込み式で装備。
ビームライフル
専用デザインの本機のメイン射撃武装。
ビームサーベル
背部に左右一対2本装備。グリップ部にハンドガードを持つ当機固有のデザインをしている。
V.S.B.R.(ヴェスバー
背部に左右一対2基装備されたジェネレーター直結の無段階可変速ビーム射撃兵器。アナハイム側ではサナリィ製大容量メガコンデンサを解析・復元出来なかった為、基部をクランクアームで接続した固定武装となっている。着脱機構を持たない反面、不意の脱落・喪失が起きない、AMBAC肢機能にはより優れるなどの利点があり、また脱着部が無い分エネルギー供給経路をより高出力・安定化出来るためか出力・威力面ではF91のヴェスバーより強力でそちらでは貫通出来ないIフィールド[4]をこちらは貫通可能と一部資料で記されている。
ビームキャノン
V.S.B.R.に同軸併設されたビームキャノン。ヴェスバーが使用出来ない際のフェイルセーフ機器としての側面がある。
ビームシールド
左腕に装備。アナハイムにはビームシールドの開発ノウハウがなかった為、F91の物とは形状が異なり、発生器そのものも大型化[5]しており、シールドビームの発生領域は二分割され狭くなったものとなり制限を受けているが、F90Vで問題とされたシールドビーム自体の発生不安定は解消されている模様。漫画版では途中で外されて以降、装備していない。

対決・名場面[編集]

ダーク・タイガー隊
対ネオガンダム1号機

関連機体[編集]

シルエットガンダム改
ダーク・タイガー隊との戦闘で損傷した本機を改修した機体。
ネオガンダム
本機の運用データを基に裏のSFPこと「シークレットフォーミュラプロジェクト[6]」で開発された最新鋭機。
ガンダムF91
模倣目標とされた機体。ただしシルエットガンダムに反映されているのはF90Vタイプ時代に想定されていた頃の「設計理論値」である。
ガンダムF90VガンダムF91 バックキャノン装着型
機体データが本機の開発に盗用されている。
Gキャノン・マグナ
同じSFPで開発されたアナハイム版「Gキャノン」
ハーディガン
同じSFPで開発されたアナハイム製「強化上位ヘビーガン」

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 正確にはその前身であるF90のVタイプ仕様データやバックキャノンタイプ等開発初期のデータ。
  2. 尤も、バイオコンピューターは本家サナリィですら直轄の専用開発拠点でなければ生産出来ない代物であり当時の実機はF90II用の試作型しか存在していない。
  3. 大規模改修にはAEの直轄工廠に出向いて部品単位から作り出す必要が有った。
  4. F91のヴェスバーを引き合いに出している為「貫通出来ないIフィールド」というのは恐らくラフレシア搭載の物であると推察出来る。
  5. その大きさは小型の実体盾を兼ねられるレベル
  6. 「GGGENRATIONシリーズ」などでは作品の精査不足のためか同じ「シルエットフォーミュラープロジェクト産機体」にされているが本来は別プロジェクトであり漫画版でも台詞や別セクション開発陣の存在から別プロジェクト製作品で有る事が解る