シルエットガンダム改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルエットガンダム改
外国語表記 Silhouette Gundam Custom
登場作品 機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RXF-91A
頭頂高 15.4m
本体重量 9.2t
全備重量 21.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,890kW
スラスター推力
  • 31,460kg×2
  • 19,320kg×1[1]
  • 4,620kg×2
スラスター総推力 91,480 kg
アポジモーター数 44 (12)
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
原型機 シルエットガンダム
改修 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
主なパイロット トキオ・ランドール
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社のグラナダ工場において戦闘で損壊した「シルエットガンダム」を強化改修したモビルスーツ。シルエットガンダムはワンオフの技術検証模倣機ながら設計段階からメンテナンス性を重視し、ブラッシュアップ(技術の精錬)できるように開発されている。胸部装甲の強化、新型ジェネレーターへの換装、実戦仕様を想定した燃料タンクの容量増加などが施されており、新型のV.S.B.R.(ヴェスバー)はネオガンダムで得られた新型ビームライフル「G-B.R.D」技術を採用し、それに伴い各部のスラスターを新型に換装されている。

この強化換装により、実験用としてでなく、戦闘用として形式番号末尾にAが付けられた。これは「アドバンス=ADVANCED・アドヴァンスド(次の、新しい)」の意味が込められ、次世代新型モビルスーツとしての位置付けである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
プラモデルのインストおよび小説版に登場。なお、漫画版には本機の改修元であるシルエットガンダムの損傷する件が存在しないため、結果的に本機も登場していない。

装備・機能[編集]

※原型機から変更されていない部分は省略、略した部分の詳細は原型機記事を参照。

武装・必殺攻撃[編集]

グレネードランチャー
右腕にビームスプレーガンと置き換わる形で装備。
ビームライフル
本機のメインウェポン。シルエットガンダムの物にアドオンランチャー[2]が追加されている。
V.S.B.R.(ヴェスバー)
背部に左右一対二基搭載された可変速ビームライフル。基本の構造は改装前と変わらないがネオガンダム用大型ビームライフル「G.B.R.D」で得られた技術を採用しているため、改装前より火器としての性能は勿論AMBAC肢機能や可動式姿勢制御用サブスラスターモジュールとしての性能も向上している。
ビームシールド
「新型の発生器に換装。発生器の小型化に成功したため、改めて装備した」と一部文字設定で記されているが模型などではシルエットガンダムのビームシールドを継続装備している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

シルエットガンダム
改良前の原型機。
ネオガンダム
G.B.R.D技術などある程度運用結果がフィードバックされた。
Gキャノン・マグナ ハーディガン
同じシルエットフォーミュラプロジェクトでの開発機体
ガンダムF91
模倣元、ただし改の時点ではそれぞれ独自の別な方向へ進化した機体となっている。
ビギナ・ゼラ
ブッホ側の同期開発機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 19,920kg×1説有
  2. グレネードランチャー説またはビームグレネード説有