2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アナハイム・エレクトロニクス社

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

アナハイム・エレクトロニクス社(Anaheim Electronics)[編集]

宇宙世紀シリーズに登場する企業。略称はAE社。

月を主な拠点とするコングロマリッド企業で、モビルスーツ等を開発・製造している。キャッチコピーは「スプーンから宇宙戦艦まで」。元々は家電メーカーであったが一年戦争を機に軍需産業に進出、一年戦争後にジオニック社をはじめ連邦系・ジオン系双方の軍需企業を買収したことで兵器開発・製造業をほぼ独占するようになった。またその企業規模だけでなくサイアム・ビストによって設立されたビスト財団とも並みならぬ関係を持っており、地球連邦政府に与える影響力は一企業の範疇を越えているが、拠点を月に持っているためかどちらかというとスペース・ノイド寄りの思想が強い。また後にクロスボーン・バンガードを設立する「ブッホ・コンツェルン」を下請けとして提携していた時期も有った。 エゥーゴティターンズ地球連邦軍ネオ・ジオンマフティーなど敵対勢力の双方に兵器を売る様が描かれており、典型的な「死の商人」と見られている。

規模
地球連邦軍の兵器受注でトップを占めるほど。また地球・月に多数の拠点を持ち、特に月での影響力は非常に強い。
知名度
同上。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
地球連邦軍ガンダム開発計画で5機のガンダムを開発し、そのうち1機がシーマ・ガラハウに譲渡されガーベラ・テトラとなる。しかし3機はデラーズ紛争に深く関与して存在が抹消されるなど、AE社が被った損害もあった。
機動戦士Ζガンダム
思想的に近いエゥーゴに出資する一方、ティターンズにもマラサイなどの兵器を提供する。
機動戦士ガンダムΖΖ
引き続きエゥーゴに出資する一方、ネオ・ジオンと取引したりシュツルム・ディアスを譲渡するなど暗躍している。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
独立採算制を隠れ蓑に、νガンダムジェガンなどロンド・ベル隊のMSをフォン・ブラウン工場が、サザビーギラ・ドーガなどのネオ・ジオン側MSをグラナダ工場が製造している。
機動戦士ガンダムUC
ユニコーンガンダムを開発。加えて連邦政府との癒着やビスト財団の存在、「ラプラスの箱」についての真実が語られる。
機動戦士ガンダムF90
機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
小型MS開発でサナリィに遅れを取ったため「シルエットフォーミュラプロジェクト」を発動。更に元提携企業だったブッホ・コンツェルン(クロスボーン・バンガード)と接触・技術交換し、小型MS用革新技術を黙々と獲得していた。しかし、その後「ゼブラゾーン事件」が発生。一連の事件を受け、プロジェクトはAE社上層部によって凍結されている。
機動戦士ガンダムF91
機動戦士Vガンダム
アナハイム・ジャーナル
アナハイム・エレクトロニクス社の広報誌(の形式を取った資料集)。

構成員[編集]

メラニー・ヒュー・カーバイン
CEO。
ウォン・リー
幹部。
オサリバン
常務。
ニナ・パープルトン
フォン・ブラウン支社の社員。試作ガンダム1号機・2号機担当システムエンジニア。
ポーラ・ギリッシュ
ルセット・オデビー
アイリス・オーランド
シルエットガンダム担当のエンジニア。
エマリー・オンス
マーサ・ビスト・カーバイン
メラニーの妻にして、ラプラスの箱の守り手であるビスト家の血族。連邦の繁栄を名目に、軍を強引に動かしてユニコーンミネバを掌握しようと画策していた。
アルベルト・ビスト
宇宙世紀0096年における、本社の幹部役員の1人。叔母であるマーサの腰巾着に近い存在で、実力の他にマーサと癒着する事で高い地位を得た。

関連地名[編集]

フォン・ブラウン市
月面都市。郊外に自社ビル「アナハイム・ビル」を持つ。最重要拠点。連邦軍向け機体の開発拠点もこちらに有る。
グラナダ
元はZIONIC社だった開発・生産拠点を接収した物。基本的にはジオン向け機体を開発する他、機密性の高い機体は連邦側機体でも武装警備員を有し警戒レベルの高いこちらで開発している。

関連組織[編集]

ビスト財団
地球連邦軍
エゥーゴ
ティターンズ
ネオ・ジオン
サナリィ
ブッホ・コンツェルン
元はAE社の下請けをしていた。独立してからもAEとの繋がりは悪くない。「バーナム」を私設軍隊として持ちそこからクロスボーン・バンガードが設立された。
クロスボーン・バンガードはエゥーゴやティターンズの様な「軍組織」を指し生産企業についてはこちらか直接の開発元企業である「ブッホ・エアロダイナミクス社」を記すのが正しい、開発史設定などで混同されがちなので注意。

歴史[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]