ガンキャノン最初期型

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンキャノン最初期型
外国語表記 Guncannon First Type
登場作品 機動戦士ガンダム THE ORIGIN
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型人型機動兵器
MBT (メインバトルタンク)
型式番号 RX-77-01(原作漫画版)
RCX-76-02(OVA版)
頭頂高 17.0m
全幅 8.1m
主動力 熱核融合炉
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
開発拠点 フォン・ブラウン工場
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 鉄騎兵中隊
母艦 ピサロ級
主なパイロット エルドゥシュ、他
テンプレートを表示

概要[編集]

テム・レイの指揮のもとで開発された試作型モビルスーツ。連邦軍の要請によって分類はMBT(メインバトルタンク)にされている。

ガンタンク初期型の後継機として開発されており戦車の延長線に当たる機体であった。そのため機動性が重視されておらず火力が重視されていた。近接戦闘が考慮されていないためマニュピレーターは3本指となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
初登場作品。鉄騎兵中隊の機体(指揮官機・一般機)が登場している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

低反動キャノン砲
左肩部に装備された武装。火力は高かった。
肩部ガトリング砲
右肩部に装備されている。両肩のどちらにも装着可能。
ミサイル・ランチャー
左肩部に装備されるオプション装備。キャノン砲との選択式。鉄騎兵中隊では111番機と112番機が装備している。
60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
ライフル
ジム・コマンドのブルパップ・マシンガンとほぼ同形状の武装。
シールド
左腕部に装備される小型シールド。

対決・名場面[編集]

スミス海の虐殺
月面のスミス海で発生した史上初のモビルスーツ同士の戦闘。ミノフスキー博士の亡命を支援しようとした連邦軍は、4機のザクIと1機のブグに遭遇。数で圧倒するべく12機のガンキャノンを投入する。だが、相手は赤い彗星黒い三連星青い巨星といったジオンのトップエース達であり、更に機体の性能もザクの方が上回っていた為に一方的に叩き潰されて全滅。ミノフスキー博士も戦闘に巻き込まれて死亡した。この事件により連邦軍はV作戦の発動を決定する。

関連機体[編集]

ガンキャノン最初期型 (ロールアウト1号機)
OVA版設定における1号機。
ガンキャノン最初期型 (機動試験型)ガンキャノン最初期型 (火力試験型)
試作機の内、評価試験用の装備が施された機体。
ガンタンク初期型
従来機。後継機として本機が開発された。
ガンキャノン (THE ORIGIN版)
正式量産機。
ガンキャノン
『1st』および宇宙世紀正史におけるV作戦によって開発されたガンキャノン。
ザニー
「連邦軍の最初期開発MS」、「手部が三つ指」など共通点が多い為本機創作の際のモデルの一つとなった可能性が高い。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

脚注[編集]


リンク[編集]