ル・シーニュ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ル・シーニュ
外国語表記 Le Cygne
登場作品 機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル
デザイナー 佐山善則
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 MSS-008
全高 18.6m
本体重量 38.2t
全備重量 57.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,980kW
スラスター総推力 84,000kg
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
母艦 アイリッシュ級ツバイカウ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

エゥーゴニュータイプ専用試作型モビルスーツアスナ・エルマリートの専用機であり、過去の彼女の操縦データが反映されている。機体名称の「ル・シーニュ」とはフランス語で「はくちょう座」を意味する。

グリプス戦役当時に開発された試作機であるが、主流となっていた可変機ではなく非可変の機体となっている。機動性や運動性を重視した機体で、機体各部にスラスターを配置している。機体構造も徹底的に簡素化され、装甲も必要最小限に抑えられている。そのため防御力に関しては他の機体と比較して低い。

本機の特徴はアスナ専用に調整されたバイオセンサーである。このバイオセンサーは機体制御に使用されており、高い反応速度に加え、最小限の動きによる回避を可能としている。

基本武装は機動性を重視いている為、高火力な物ではなくシンプルな物を装備している。だが、肩部のショルダーアーマーはオプション装備に換装可能となっており、任務によっては高火力武装を使用することも可能。

スペック上は特長のない機体に見えるが、火力に頼らない最小限で効率的な運用が可能な機体となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
肩アーマーやバックパックを換装可能。
バイオセンサー
簡易サイコミュの一種。アスナの操縦特性に対応させている。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
スネイルタイプのEパック方式ビーム・ライフル。百式等のビーム・ライフルと同型。
ビーム・サーベル
両肩に計2基収納されている。柄尻にもデバイスがありツイン・ビーム・トライデントとしても使える。
シールド
本機専用のシールド。本機の防御力の低さを補う為の装備である。シールド内には姿勢制御スラスターが内蔵されており、腕と肘のラッチに噛ませることでノズルが露出する。これにより重量増加による機動力の低下を軽減している。また、シールド4隅にはカメラが内蔵されており、隠密下での偵察活動に使用される。性能も高く、メインカメラを使用せずとも視界を確保できるほどである。
肩部内蔵式ガトリングガン
肩部に装備されるオプション装備の1つであるガトリング式機関砲。
メガ・ビーム・ランチャー
肩部に装備されるオプション装備の1つである大出力ビーム砲。肩部に砲身とエネルギーCAPカートリッジを接続して運用する。捕獲したガザCのナックル・バスターを参考に開発された武装で、エネルギーCAPカートリッジを増設したことで発射のタイムラグがなくなっている。出力6.2〜8.0MW。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジェモ
本機の量産仕様機。

リンク[編集]