サイコミュシステム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

サイコミュシステム(Psycommu System)[編集]

宇宙世紀シリーズに登場する一種の思念操作システム。正式名称は「サイコ・コミュニケーターシステム」。

一年戦争時にフラナガン機関が研究・開発したマン・マシン・インタフェースの一種で、ニュータイプが発する「感応波」と呼ばれる特殊な脳波[1]を検出し、機械語に翻訳する。これによって、ペダルやレバーによる操作を必要としたマシンの操縦を「考える」だけで可能にした。これによって、複雑な機構を保つモビルアーマーを思考一つで制御する事が可能となる。思考をダイレクトに機体動作に反映出来る為、機体のレスポンスを向上させやすいといった利点もあるが、一方で思考操縦はパイロット側へ負担がかかり、サイコミュの逆流や暴走の可能性も払拭出来ない為、扱える者はニュータイプや強化人間に限定される。

当初は装置が大型であり、兵器として運用するにはMAクラスの巨体が必要であったが、後にアクシズが小型化に成功し、キュベレイ等のモビルスーツへの搭載が可能となった。

サイコミュは様々な機能拡張が可能であり、中でもサイコミュを兵器の管制に利用する「サイコミュ兵装」の存在が大きい。これは、ミノフスキー粒子の振動を利用した「ミノフスキー通信」を感応波で安定化する事で実現した技術であり、ミノフスキー粒子散布下で無線誘導可能なビットファンネルを遠隔操作する事が出来た。これを利用し、機体の遠隔操作や敵機の攻撃端末をジャックするといった芸当も可能な機体も登場していった。

高い能力を持つニュータイプとの組み合わせは時として不可解な現象を発生させる。特にグリプス戦役以降のサイコミュ搭載機に多く見受けられ、ジェネレーター出力など機体性能の一時的な向上や、サイコ・フィールドと呼ばれる特殊な力場の形成が確認されている。

なお、非ニュータイプパイロットによるサイコミュの使用を可能にする技術や、擬似的にサイコミュの効果を再現するシステムも研究・開発されており、それらをして「準サイコミュシステム」と総称される。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム
ジオン軍のNT専用機(ブラウ・ブロエルメスジオング)等に搭載されている。この頃はまだ特殊な現象は確認されていなかった。
機動戦士Ζガンダム
主にジ・Oキュベレイ等が搭載。ジ・Oとキュベレイが交戦した際、機体からオーラを発している。また、簡易サイコミュであるバイオセンサーを搭載したΖガンダムはビームバリアの展開、本来のスペック以上の性能の発揮、死者との交信など、超常現象とも言える効果を出している。
機動戦士ガンダムΖΖ
キュベレイの他に、ネオ・ジオン軍のMSの何機かに搭載されている。ハンマ・ハンマなど一般用サイコミュの研究もこの頃から活発化していった。
なお、バイオセンサー搭載機であるΖΖガンダムにはΖガンダムと同様の現象が見られ、最終決戦でコアファイター単機という劣勢に陥った状況の中で、放棄したコアトップとコアベースを強制的に再起動・操作してΖΖガンダムへと再合体させている。また、キュベレイも機体からオーラを発し発し、ZZガンダムのハイメガキャノンを防御している[2]
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
νガンダムサザビー等に搭載。サイコミュの発展型といえるサイコフレームも登場している。このサイコフレームにも特殊な現象が見られ、地球に落下しかけたアクシズをνガンダムが単機で押し上げている。
機動戦士ガンダムUC
ユニコーンガンダムシナンジュ等に搭載された。サイコミュを使用したMSの最終形とも言えるフル・サイコフレームMSであるユニコーンガンダムに至っては「ビームを弾くバリアの発生」「カタログスペック以上の性能の発揮」「他者や死者との交信」など、Ζガンダムで見られた現象が数多く再現されている。
機動戦士ガンダムF91
機動戦士Vガンダム

関連用語[編集]

ファンネル/ビット
バイオセンサー
サイコフレーム
バイオコンピューター
ネオサイコミュシステム
エンジェル・ハイロゥ
フラナガン機関
ニュータイプ研究所
準サイコミュシステム

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. この感応波はニュータイプのみが発する訳ではなく、所謂オールドタイプでも微弱ながら発する事ができる。
  2. このハイメガキャノンもバイオセンサーの影響と思われる出力向上が見受けられる