ゲンガオゾ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲンガオゾ
外国語表記 Gengaozo
登場作品 機動戦士Vガンダム
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 ZMT-S28S
頭頂高 17.3m
本体重量 14.3t
全備重量 35.9t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 6,310kW
スラスター総推力 150,780kg
アポジモーター数 40
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
開発組織 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
主なパイロット ファラ・グリフォン
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ザンスカール帝国ベスパが開発した試作型モビルスーツ

背部にマルチプル・ビーム・ランチャーとスラスターを装備したサブユニット「バック・エンジン・ユニット」を装着しており、火力と推力の増強を図っている。そのため、非常に高性能である。また、サイコミュシステムも搭載しており、反応速度が極めて高い。なお、型式番号からザンネックよりゲンガオゾの方が開発が先であり、コンセプトこそ違えど、サイコミュシステムの実験として、どのコンセプトが実用的かをテストしたものと思われる。結果として、両機のコンセプトは非常に実用的であったことが原作の描写でも証明されている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士Vガンダム
劇中ではザンネックを失ったファラ・グリフォンが搭乗し、ウッソ・エヴィンV2ガンダムを最も追い詰めて撃墜寸前となるが、途中で参戦したVガンダムマーベット・フィンガーハットのお腹の中にいる子供の存在に動揺した隙を突かれ、ウッソのVガンダムのパーツを用いた戦法で逆に追いつめられて、ついに撃墜された。
機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビーム・ライフル
本機専用のビーム・ライフル。バック・エンジン・ユニットを装備しているため、威力は標準的となっている。
ビーム・メイス / ビーム・サーベル
2基装備されている接近戦用の武装。通常のビーム・サーベルとして使用可能な他、グリップを延ばして先端部にビームを刺付きの球状を形成することでビーム・メイスとして使用可能。
マルチプル・ビーム・ランチャー
バック・エンジン・ユニットに5基装備されている3連装ビーム砲。本体からバック・エンジン・ユニットを切り離す事で無線誘導式の砲台としてオールレンジ攻撃を仕掛ける事ができる。初登場時の演出は電撃のようなビームであるが、再登場時にはビームのシャワーような演出に変更となった。
ビーム・シールド
両腕に内蔵されている防御兵装。

対決・名場面など[編集 | ソースを編集]

V2ガンダム

関連機体[編集 | ソースを編集]

コンティオ
ベース機。
ザンネック / ゴトラタン / リグ・コンティオ
他のスーパーサイコ研究所で開発された機体。

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]