2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ザンスパイン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザンスパイン
外国語表記 Zan Spine
登場作品 SDガンダム GGENERATIONシリーズ
デザイナー
  • 片桐圭一郎
  • 綾羅木宏志(カラーリング)
  • 堀口大明神(コーディネート)
テンプレートを表示
スペック
分類 ミノフスキードライブユニット試作モビルスーツ
型式番号 ZMT-S37S
頭頂高 17.3m
本体重量 12.1t
ジェネレーター出力 8,021kW
スラスター総推力 不明
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
開発組織 ベスパ
開発者
所属 ザンスカール帝国
主なパイロット ファラ・グリフォン(予定)
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するゲームオリジナル機体。

ザンスカール帝国がタシロ系のスパイの裏工作によってリガ・ミリティアからミノフスキードライブの理論と基礎データを得て開発された機体。開発スタッフにはレコードブレイカーの開発者も関与している。そのためか機体の見た目がガンダムタイプに近いシルエットになっており、メインカメラもザンスカール系統の物の下にガンダムタイプの物が存在する。V2ガンダムと同様にミノフスキードライブが搭載されており、ドライブは3基装備されている。欠陥だった「光の翼」を機能として盛り込んでおり、手持ちの武器としても使用可能である。ドライブが3基なため「光の翼」展開時はYの字のように見える。サイコミュシステムが新たに搭載されており、オールレンジ攻撃が可能となっている。

タシロ・ヴァゴ主導の下、ファラ・グリフォン用に調整され、後に起こるであろう内部抗争で自ら率いる軍のフラグシップ機として運用する事が予定されていたが、両名ともザンスカール戦争中に戦死。カテジナ・ルースに操縦させる案もあったが、試作機が完成した直後に戦争が終結してしまったため、本機はザンスカール本国に残されたまま実戦投入されることはなかった。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『F』で初登場。『DS』などシリーズによってはカテジナが搭乗する場合も。
月刊ガンダムエース
2009年1月号掲載の『GAME'S MSV』第74号で紹介されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ミノフスキードライブ
背部に2基、腰部1基装着されている主推進器。V2ガンダムの物とは異なり、左右に展開する機構となっている。また、背部の物はビーム・ファンとして用いる事が可能。
光の翼
元々はミノフスキードライブの持つエネルギーの推進力変換ロスによる産物。本機の場合、機能として搭載されており、出力を調整することで自由に使用することができる。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
本機専用のライフル。
ビーム・サーベル
1基装備されている。
ビーム・ストリングス
両肘に装備されており、使用時には発射管が前にせりだす。ビーム兵器でなく、電磁ワイヤーである。展開時にビームの線上に見えることから名付けられた。別名ワイヤービーム。
ティンクル・ビット(ベル・ビット)
両肩に各2基ずつ収容されているサイコミュ兵器。ビット2基が上下に重なった状態で収容されており、射出後に分かれる。ジェネレーターが搭載されており高い出力を持つ。
ビーム・シールド
両肩に装備されている。ビームの発生方向を調節することで機体側面の他、機体のほぼ全体を覆うことも可能。
ビーム・ファン
背部のミノフスキードライブを取り外し装備する。まず、肩部のドライブユニットが機体前方を向くように回転してから外れ、内蔵されていたグリップが展開、これを掴んで手持ち武器とする。ビーム・ファンの使用中は、腰部に装備されたミノフスキードライブをメインスラスターとして使用する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

V2ガンダム
リガ・ミリティアのミノフスキードライブ搭載機。『ガンダムビルドファイターズ』の第14話には本機と同様のカラーの機体が登場している。
レコードブレイカー
本機の開発にこの機体のスタッフが関わっているためか顔つきが似ている。
ガンダムレギルス
機動戦士ガンダムAGE』に登場する機体。本機と同様に敵の技術で作り上げた機体。ガンダムタイプのメインカメラが隠されている点も同じである。

商品情報[編集]

リンク[編集]