2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

シャッコー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャッコー
外国語表記 SHOKEW
登場作品 機動戦士Vガンダム
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 ZMT-S12G
全高 14.7m
本体重量 7.9t
全備重量 19.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,190kW
スラスター総推力 30,980kg
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
開発組織 ベスパ
所属 ベスパリガ・ミリティア (奪取)
主なパイロット クロノクル・アシャーウッソ・エヴィン
テンプレートを表示

概要 [編集]

ゾロアットゾロに続く、新たな量産型モビルスーツ開発のためのデータ収集を目的としたべスパの試作型モビルスーツ。変形機構はないが、ビーム・ローターによる飛行が可能。内臓武装はあまり装備されておらず白兵戦を重視した機体となっている。

主人公が乗る機体であるためか、赤い顎、V字の角などガンダムを意識したデザインになっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム
第1話~第4話で登場。非ガンダムタイプかつ元敵サイドの機体でありながら最序盤の主役機として活躍するという珍しいポジション。
重力下での試験の為に地球に持ち込まれ、クロノクルが搭乗したが、データ収拾中にアクシデントでウッソに奪われた。その後、奪還され、運用試験の結果から制式採用が決定し、リグ・シャッコーのベースとなった。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・サーベル
2基装備されている。2本束ねることで出力を変えることができる。
2連ショルダービーム・ガン
右肩に内臓されている武装。近距離での使用を想定しており、出力を抑えられている。
試作型ビーム・ライフル
Eパック方式のライフル。機体と合わせてテストされていた武装。
ビーム・ローター
重力下での飛行用フライトユニット。ビームシールドとしても機能する。
ビーム・ライフル
第3話でゾロ、第4話でVガンダムの物を使用している。
5連ガトリング・ガン
Vガンダム用にカミオンが開発した大型機関銃。発射の際は抱え込むように使用する。後にVガンダムヘキサも使用した。

対決・名場面[編集]

ゾロ
ゾロ (クロノクル・アシャー専用機)

関連機体[編集]

リグ・シャッコー
シャッコーの制式量産機。

余談 [編集]

  • 主人公であるウッソの最初の搭乗機としてデザインされた事もあり、ラフデザインは『V』の登場機体の中で最も多い。
  • 脚部前面装甲(足首のあたり)に三角形のスリットが設けられているが、これは元々、立体化の際に可動分割させる位置(足首の配置位置)を指定するための矢印だった。

商品情報[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]