リグ・シャッコー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リグ・シャッコー
外国語表記 Rig Shokew
登場作品 機動戦士Vガンダム
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用量産型モビルスーツ
型式番号 ZM-S22S
頭頂高 頭頂高
全高 15.9m
本体重量 8.2t
全備重量 18.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,960kW
スラスター総推力 77,700kg
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
センサー有効半径 センサー有効半径
開発組織 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
主なパイロット カテジナ・ルース、他
テンプレートを表示

概要[編集]

ベスパが開発したシャッコーの制式量産機。ゾロアットに次ぐ次期主力機として開発された。

シャッコーの優秀な操作性は維持しつつ性能は強化され、試作機と同様に格闘・白兵戦を主眼として設計されている。右肩の2連ショルダービーム・ガンは廃止され肩の形状が左右対象となった他、ジェネレーター出力の強化、装甲材質の変更、バックパックの再設計など大幅に仕様変更されている。この機体には試作機であるシャッコーだけでなく、ゾロを始めとするこれまでの量産機の運用データもフィードバックされており、他にもその過程で生み出された技術も反映されている。そのため柔軟性がありバックパックと脚部にはハードポイントが備わっている。さらに型式番号的には宇宙用の機体であるが、設計を変更することなく追加装備の換装のみで地上と宇宙の双方に対応が可能となっている。

次期主力機となるはずだったが、アインラッドとのセット運用を前提とした機体が中心となったため、結局主力機にはなれなかった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム
第26話で初登場。ザンスカールに寝返ったカテジナが初めて搭乗したMSである。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ハードポイント
バックパックと脚部に備わっている。連邦軍の物とは異なり、懸架した武装へのエネルギー供給が行える。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
本機用に開発されたライフル。
ハンド・ビーム・ガン
ビーム・ライフルより小型の射撃兵装。コロニー内での使用を想定しており、出力が抑えられている。
ビーム・サーベル
2基装備されている。
ビーム・ストリングス
頭部アンテナ先端と両足の甲に装備されている電磁ワイヤー。ゾロアットの物と同一。
ビーム・ファン
ビームを扇状に展開する携行武装。ビーム・サーベルとビーム・シールド両方の特性を持つが、ビーム・サーベルとしては攻撃力に劣り、ビーム・シールドとしては防御力に劣る中途半端な完成度であった。
ビーム・シールド
左腕に装備されている防御兵装。地上ではビーム・ローターに換装することもできる。
ビーム・ローター
MS用の大気圏飛行用装備。『V』第36話に登場した機体が使用。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

シャッコー
本機の試作機。
リグ・シャッコー (近衛師団仕様)
近衛師団用のカスタム機。
リグ・シャッコー(陸戦型)
イエロージャケットの一部隊、グラスホッパー隊に配備された機体。カラーリングが緑になっており、左腕にはビームシールドの代わりにビームローターを装備している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]