ゾロアット

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾロアット
外国語表記 Zoloat
登場作品 機動戦士Vガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用量産型モビルスーツ
型式番号 ZM-S06S
頭頂高 14.5m
本体重量 8.2t
全備重量 19.8t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,280kW
スラスター総推力 79,200kg
アポジモーター数 39
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
開発組織 ベスパ
所属
主なパイロット
  • トッリ・アーエス
  • ミサキ・アイザワ
  • マーベット・フィンガーハット
  • ザンスカール兵
  • テンプレートを表示

    概要[編集]

    ベスパが開発した宇宙用の量産型モビルスーツ。機動性、出力、武装などあらゆる面でバランスのとれた性能を持ち、この機体の完成が、ザンスカール帝国に開戦を決意させたとまで言われる名機である。ゾロタイプなどの開発ベースになっている。ビーム・シールドが腕ではなく、肩についているのが特徴。頭部のセンサーはツインアイ方式となっており、「複合複眼式マルチセンサー」と呼ばれるものである。通常時は全センサーを起動する必要がないためスリットカバーで覆われているが、戦闘時にはカバーを全開して戦闘空域のサーチを行う。このセンサーは多少形状が変更されながらも、他のザンスカール系にも採用されており、特徴となっている。また、拡張性が高いためサイコミュシステムを搭載した機体も存在している。宇宙用とあるが重力下でも運用可能である。

    登場作品と操縦者[編集]

    機動戦士Vガンダム
    パイロットの間でも評判が良かったのか、開戦当初のMSでありながら、最終決戦まで、長期にわたって使われていた。また、リガ・ミリティアが鹵獲し、白に塗装して運用したホワイトアットという機体もある。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    ハードポイント
    バックパックに備わっている。

    武装・必殺攻撃[編集]

    胸部バルカン砲
    胸部に2門内臓されている。
    ビーム・サーベル
    両肩部に2基格納されている。
    ビーム・ライフル
    ザンスカール系の機体に採用されているライフルの基本となった武装。精密射撃時にはセンサーユニットが展開し、機体本体のセンサーと連動する。
    5連装ビーム・ストリングス
    右肩ショルダーアーマーに装着。ビーム兵器でなく、電磁ワイヤーである。展開時にビームの線上に見えることから名付けられた。別名「ワイヤービーム」。重力下では使用不可能。
    ビーム・シールド
    左肩ショルダーアーマーに装着。展開してビーム・ソードとしても機能する。
    ビーム・キャノン
    オプション兵装としてバックパックのハードポイントに2門装備可能。ビームの加速率が悪く威力が低い上に、機体重量が増加し機動力が低下してしまうため好んでいないパイロットもいる。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ゾロアット初期生産型
    本機の初期生産型。
    ゾロローター
    ビーム・ローターの試験を行った機体。ゾロの前段階にあたる。
    ゾリディア
    本機を地上用に再設計した機体。
    ゾロ
    本機を元に開発された可変機。
    トムリアット
    本機を元にゾロの後継機として開発された可変機。
    ブルッケング
    本機を元にアインラッドの欠点を解消する形で開発された機体。
    リカール
    本機のジェネレーターが流用されているモビルアーマー

    商品情報[編集]

    ガンプラ[編集]

    資料リンク[編集]

    リンク[編集]