トムリアット

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トムリアット
外国語表記 Tomliat
登場作品 機動戦士Vガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型可変モビルスーツ
型式番号 ZM-S09G
頭頂高 15.0m
本体重量 8.6t
全備重量 20.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,440kW
スラスター総推力 36,940kg
アポジモーター数 29
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
開発組織 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ゾロアットをベースにゾロの後継機として開発された機体。ゾロと同じく可変機構を備えているが、分離機構は対モビルスーツ戦では問題があったため廃止されている。外観はゾロと異なるが、ベース機が同じということでジェネレーターや各部のパーツが共通化している。分離機構の廃止により機体の効率化が図られ、変形速度が向上している。また、操縦性が改善されており、武装も強化されている。基本的には地上用の機体だが宇宙でも運用可能な機体である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
飛行形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
ゾロとは形状の異なるライフル。基本的な機能は同じと思われる。
ビーム・トマホーク
両肩に合計2基収納されている。
2連マルチミサイル・ポッド
背部の両翼に装備されている。
4連マルチミサイル・ポッド
両脚に内臓されている。
ビーム・バズーカ
大口径のビーム・バズーカ。中折れ式を採用しているため携行しやすい。
マルチ・バズーカ
ビームと実弾を併用できる多目的バズーカ。威力に関しては今一つであったようだ。
ガトリング・ガン
7門の砲口を持つ大型機関銃。
バルカン砲
飛行形態時の機首に装備されている。
ビーム・ローター
左腕部に装備されている重力下での飛行用フライトユニット。ビーム・シールドとしても使用可能。飛行形態に変形する際にはビーム・ローターを背部に移動させる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゾロアット
ベース機。
ゾロ
本機の前に開発された地上用可変モビルスーツ。この機体の欠点を本機は改善している。
ビガン
本機の近代化改修機。
ドムットリア
本機の発展型。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]