ビガン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ビガン
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
開発組織 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
フリー
主なパイロット 野党集団
テンプレートを表示

概要[編集]

ザンスカール帝国の地上用量産型モビルスーツトムリアットを木星の技術で改修した機体である。

本機最大の変更点はビーム・ローターであり、木星製の実体併用ビーム・ローターに置き換えている。古い技術に置き換えたことでより小型化することに成功し、装備位置を腕部から口腔部へと移動させている。この変更により変形時に腕部から背部にビーム・ローターを移動させる必要がなくなっており、また飛行時に両腕を自由に使用することが可能となっている。他の部分も木星製のものとなっており、頭部のセンサーがザンスカール帝国製の複合複眼式マルチセンサーではなく、木星製のモノアイセンサーとなっている。本機の目的は変形時にビーム・ローターを一度取り外さなければならない点を解消することであったが、古い技術である木星の技術を使用したことで相対的な技術力低下が収まらず、変形機構はオミットされている。

トムリアットの後継機であるドムットリアが完成すると本機はコロニー制圧軍に回されることとなった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
讃美歌の国に参加を求める野党集団によって運用されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ライフル
宇宙戦国時代において一般的に普及している実弾ライフル。
ビーム・トマホーク
両肩部に計2基収納されている。『DUST』では装備していないのか使用は確認されていない。
2連マルチ・ミサイルポッド
背部の両翼に装備されているミサイル。
4連マルチ・ミサイルポッド
両脚部に装備されているミサイル。
ビーム・ローター
頭部の口腔部に装備されている重力下での飛行用フライトユニット。前述の通り実体併用式となっている。使用時には頭部とローター基部が前にせり出す。ビーム・シールドとしての使用も可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

トムリアット
原型機。
エルコプテ
実体併用ビーム・ローターを装備している機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]