ゾロローター

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾロローター
外国語表記 Zolorotor
登場作品 機動戦士Vガンダム ニューモビルスーツバリエーション
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用試作型モビルスーツ
型式番号 ZMT-S06G
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材
開発組織 ベスパ
所属 ザンスカール帝国
テンプレートを表示

概要[編集]

ベスパゾロアットをベースに開発した地上用試作型モビルスーツザンスカール帝国の地上用モビルスーツの始点となる機体である。

本機はビーム・ローターの試験機として開発された機体であり、バックパック上部にビーム・ローターを装備している。機体各部のアライメントや武装の配置なども検討され、ショルダーアーマーが取り外されたり、脚部スラスターの大型化などが行われている。

この機体で得られたデータを元にゾロが開発された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム ニューモビルスーツバリエーション
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
腰部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・サーベル
両肩部に2基収納されている近接武装。
ビーム・ローター
背部に装備されている飛行用のフライトユニット。ビーム・シールドとしても機能するが、本機の配置では防御体制は取れないと思われる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゾロアット
原型機。
ゾロ
本機を元に開発された最初の地上用量産型モビルスーツ

リンク[編集]