ウッソ・エヴィン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウッソ・エヴィン(Uso Ewin)[編集]

機動戦士Vガンダムの主人公。ヨーロッパ地方の片田舎カサレリアに住む少年だったが、紆余曲折を経てリガ・ミリティア所属のVガンダムのパイロットになる。メンバーからは、ニュータイプとほぼ同義とみられる「スペシャル」として見られている。

適度に辺鄙な場所に住んでいたのが、軍国主義的集団の襲撃に遭い、そこにあったモビルスーツに乗り込んで戦うなど、お約束の主人公路線を突っ走る。名前の由来は「ウッソ」→「嘘」であり、こんな出来すぎた少年は嘘だ、ということに因んで名づけられているとか。

母親の姓等から、「シャア・アズナブルの孫ではないか?」という憶測もあったが、監督である富野由悠季により否定されている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士Vガンダム
主人公。ヨーロッパ地方の片田舎カサレリアに住む少年だったが、紆余曲折を経てリガ・ミリティア所属のVガンダムのパイロットになる。

人間関係[編集]

カテジナ・ルース
地方都市ウーイッグ在住の女性で、憧れの人。…だったのだが、後にザンスカールのパイロットに転向した為、死闘を繰り広げる事になる。
クロノクル・アシャー
敵役。当初はシャア・アズナブルのような仮面のライバルかと思われたが、より強烈なカテジナのキャラに食われる形で転落。
ハンゲルグ・エヴィン
父親。ウッソの教育のために自宅地下のシェルターにMSシミュレーターや各種マニュアルを用意していた。ジン・ジャハナムの一人であるため、父親としてよりリガ・ミリティアの上官としての対応になりがちで、それが親子の溝を深めた。
ミューラ・ミゲル
母親。リガ・ミリティアの工作員。

名台詞[編集]

「おかしいですよカテジナさん!」
敵となったカテジナに対する叫び。「おかしいですよ」は「カテジナさん」の枕詞。
「そんな所に居るから!」
「よくわかりません……母さんです……」
ウッソの母ミューラが死んだ時、その首を差し出しながら言った台詞。
「待ち伏せですよ!」
カテジナに放った言葉。なぜか問いかけに近い言い方になっている。
「なんとぉ!」
戦闘時の掛け声、アニメでは1回しか言わないが印象深い。シーブックも同様のセリフを言う。掛け声という説があるが語源は不明。

搭乗機体・関連機体[編集]

シャッコー
Vガンダム
Vダッシュガンダム
V2ガンダム
V2アサルトガンダム
V2バスターガンダム
V2アサルトバスターガンダム
セカンドVガンダム
小説版ではV2ではなく、こちらに乗り換える。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]