ザンネック

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ZMT-S29 ザンネック(Zanneck)[編集]

概要[編集]

ザンスカール帝国が開発した長距離射撃を主目的としたモビルスーツ。「ザンネックキャノン」と呼ばれるビームキャノンで成層圏から狙い撃つ事を可能としている。それを可能にしたのがサイコミュシステムによる感知機能で、敵機を捕捉するとパイロットのファラ・グリフォンのピアスの鈴が反応する仕組みとなっている。大型化した機体を保持する為「ザンネックベース」と呼ばれる移動式着地台を使用する。このSFSは大気圏突入も可能である。

この機体は別名「ミニカイラスギリー」と呼ばれ、この機体の火力を物語る。小説版では鈴の音がうるさいことから「三日月のブーフゥ」と呼ばれている。

名前の由来は「斬 ネック(首)」と言われているが、その説を裏付けるソースは一つも存在しない。あくまで俗説であることに注意。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム
パイロットはファラ・グリフォン及びキル・タンドン(同乗中、ファラにより射殺)。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコミュシステム
バリア(詳細不明)
劇中、Vガンダムのビームを弾いたバリア。Iフィールドのようにも見えるが詳細は不明。ゲーム『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS』で実装されている。

武装・必殺攻撃[編集]

ザンネック・キャノン
両肩の粒子加速器からキャノン部にエネルギーを収束させ発射する。ビームは様々に形成され、一直線型、広範囲、円形、拡散の4種類となっている。粒子加速器はカイラスギリーの物を小型化した物で、本機が「ミニカイラスギリー」と呼ばれる所以になっている。
胸部ミサイルランチャー
胸部に2基内蔵。
ビーム・サーベル
2本所持。劇中未使用。
ビーム・シールド
両腕に装備。
ザンネック・ベース
移動式着地台。ミノフスキークラフトにより高速移動し、大気圏突入も可能。ベース自体もビームシールドが備えられており、防御力も高い。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲンガオゾ
ザンコック
初期稿時の名称とデザイン。名称は見たまま「残酷」が由来かと思われる。雷神をモチーフとしており、風神がモチーフのゴクアック(後のゲンガオゾ)と共に登場する予定だったが、本機の設定が固まったため没案となった。ちなみに英語名は「ZANCOCK」。和訳した場合、タマヒュンな名前になりかねない。

商品情報[編集]

リンク[編集]