2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ミノフスキークラフト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミノフスキークラフト(Minovsky Craft)[編集]

ミノフスキー粒子を利用した飛行技術。粒子間に発生するTフォースと伝導性物質に対する難透過性を利用してIフィールドによる擬似的な斥力場を作り出し、その上に物体を乗せて浮遊させる。ただし、原理上「浮遊」しか出来ない為、移動や姿勢制御には推進器や姿勢制御システムが別途必要となる。

稼働には高出力のジェネレーター[1]が必要であり、当初はモビルアーマーや艦艇などの大型の機体にのみ搭載が可能であったが、宇宙世紀0100年代には熱核融合炉の出力向上や技術進歩もあって大型モビルスーツへの内装搭載や小型MSの搭載オプションユニット化を実現している。

副次効果としてミノフスキークラフトの粒子展開面を特定の方向へ向ける事で熱遮断効果を発生させる「ミノフスキーエフェクト」があり、大気圏突入時の断熱などに使用されている。

マスドライバーやロケットブースターを使用せずに大気圏の離脱・再突入も可能。ただし、アーガマ級のように単独での大気圏離脱能力を持たされていない例も存在する。

関連用語[編集]

ミノフスキー粒子
この技術の基幹となる特殊素粒子物質。
ミノフスキーフライト
ミノフスキークラフトから派生した簡易型技術。イオン・ロケットの一種とも言われている。
ミノフスキードライブ
ミノフスキー粒子の力場同士を衝突させ推進力を生み出す派生発展型技術。こちらは浮遊に加えて移動も可能。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム
初出作品。ホワイトベースアッザムが空中で浮遊する理由として設定された。
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
アプサラス計画の中心技術の一つ。推進力を用いない空中浮遊の他、衝撃波を攻撃に転用する場面も見られた。
機動戦士Ζガンダム
サイコガンダムサイコガンダムMk-IIが搭載。MA形態での飛行時に使用される。
ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
ガンダムTR-6用にミノフスキークラフトをパッケージ・ユニット化した「ダイダロスユニット」が設定されている。
機動戦士ガンダムUC
シャンブロの推進システムに組み込まれている他、ラー・カイラムにも新型のミノフスキークラフトが搭載されている。
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
ミノフスキークラフト搭載型モビルスーツとしてペーネロペーΞガンダムが登場。ビーム・バリアとの併用でモビルスーツ単体での音速飛行を実現している。
機動戦士ガンダムF90
ガンダムF90Aタイプ装備に搭載されている[2]。またMSA-120にもミノフスキークラフトを応用した「ハイインパクトガン」なる兵装が搭載されている。
機動戦士ガンダムF91
公式資料で明言はされていないものの、作中に登場するMSにはミノフスキークラフトが搭載されているとの事で[3][4]、実際にMSがコロニーの地上付近で浮遊するなどの描写が見られる。
機動戦士Vガンダム
簡易派生技術としてミノフスキーフライトとビーム・ローター、発展技術としてミノフスキードライブが登場。またサラミス改級もミノフスキークラフトの搭載で大気圏内を飛行出来るようになっている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
サウザンド・カスタムの一機であるエスピラルに搭載されている。
∀ガンダム
ガンダム Gのレコンギスタ
宇宙世紀後もミノフスキークラフトやミノフスキーフライトと利用した飛行技術は健在である。

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ミノフスキー粒子の生成・散布とIフィールドの維持等に膨大な電力を必要とする。
  2. 時系列的には、Ξガンダムやペーネロペーから六年後に小型モビルスーツにも搭載可能な外装オプション式ミノフスキークラフトユニットがロールアウトした事になる。
  3. 参照ツイート1
  4. 参照ツイート2