MSA-120

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
MSA-120
登場作品
デザイン 藤田一巳
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 MSA-120[1]
頭頂高 15.0m
本体重量 17.5t
全備重量 54.1t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,040kW(通常時)〜6,800kW(メガ・ブースト時)
スラスター総推力 180,000kg(通常時)〜230,000kg(メガ・ブースト時)
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社サナリィのFシリーズに対する競合機としてグラナダ工場のジオン系開発チームに発注し開発したモビルスーツ。型式番号以外の名称は不明(未創作状態)。形式番号はMSA-0120とも。次期主力モビルスーツ選定に置いてガンダムF90に敗退した。内部フレームはヘビーガンの物を流用し、その発展型として開発されており、様々な新技術が盛り込まれている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF90
F90の機体設定文章に名称のみ登場。F90の1/100キット説明書に「カタログスペックはF90以上だが、模擬戦ではわずか1分で敗北」との記載がある。
機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91 (小説版)
模型情報誌MJ(1992年8月号 Vol.157)掲載の第3話「封鎖」に登場。アイリス・オーランドの父ウィリアムがテストパイロットを勤めていた。試験中の事故により大破。
サイバーコミックス
No.024で登場。機体設定及び設定画が公表された。
スーパーMJ・機動戦士ガンダム・最新MS造型資料集
へビーガンの発展機という設定が追加された。
ガンダムMSヒストリカ
Vol.6に登場。F90との対峙について述べられている他、模擬戦のイラストも掲載されている。
GUNDAM EXA
クロスボーン・ガンダムの世界で一コマのみ登場。連邦軍のモビルスーツ部隊の中に紛れている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
第27話のブラックロー運送がデブリを回収するシーンにしれっと紛れている。
HJメカニクス02 (ホビージャパンMOOK 895)
「ラプラス事件やマフティーの反乱を経験したアナハイム・エレクトロニクス社が技術を総動員して作った大型MSの末裔」というリファイン設定で、ガブスレイをベースにヴェイガン機やギラ・ドーガ等のキットとミキシングした作例が登場。アップリケアーマーを外した中身も製作している気合の入れよう。
機動戦士ガンダムF90FF
第1話にF90と模擬戦を行っている姿が1コマだけ描かれている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

メガ・ブースト
エネルギーCAPの技術を応用し、瞬間的に出力を上げ、機動性を高める新技術。この機体以外には採用されていない。
蒸発式アップリケ・アーマー
機体表面に施されている。被弾時に装甲を蒸発させ、ダメージを最小限に止める機構。これも他の機体には採用されていない。

武装・必殺攻撃[編集]

ハイインパクトガン
ミノフスキークラフトを利用した擬似重力兵器。具体的な効果は不明。
ハイパーメガランチャー
詳細不明。Ζガンダムの武器の名称が同じだが繋がりはないと思われる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ヘビーガン
前世代機。
ガフラン
時折デザインが似ている機体として挙げられる。

余談[編集]

  • 『スーパーMJ』の設定では、ヘビーガンの内部フレームが本機に流用されているとの事だが、機体デザインが根本的に違う。何をどうやったらこんな設定が出来上がるのだろうか…

関連商品[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 資料によっては「MSA-0120」とも