ガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム
外国語表記 Gundam
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
異名 連邦の白い奴
その他
分類 汎用試作型モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 RX-78-2
頭頂高 18.0m
本体重量 43.4t
全備重量 60.0t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,380kW
スラスター総推力 55,500kg
装甲材質 ルナチタニウム合金(ガンダリウムα)
センサー有効半径 5,700m
開発組織 地球連邦軍
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 第13独立部隊 (ホワイトベース隊)
主なパイロット アムロ・レイ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

地球連邦軍V作戦で開発した試作モビルスーツ。8機生産された「RX-78」の2号機。

強靭なルナ・チタニウム合金(後に「ガンダリウム合金」と称されるようになる)を装甲材に使い、モビルスーツとして初めて携帯用ビーム兵器を装備[1]した機体でもある。さらに、股間部に収納されている冷却装置とシールド(TV版では耐熱シートが収納されている)の使用により、大気圏突入が可能。学習能力を有する非ノイマン型の高性能コンピュータを擁し、ソフト/ハード両面に於いて当時最高峰のスペックを持っていた。

型式番号の-2は生産番号ではなく仕様を表す数字とされ、当初はプロトタイプガンダムと同じRX-78-1仕様だった。トリコロールの機体色はサイド7における最終テスト時のデモカラーとされる。

サイド7にて、ホワイトベースに三機のガンダムを搬送する予定であったが、襲撃してきたザクによって一機が大破、一機が小破という甚大な被害を被った。しかし、既にアイドリング状態で無事だった残りの一機に、偶然、操縦マニュアルを手に入れたアムロ・レイが乗り込み、宇宙世紀史上初めてのMS同士の戦闘を開始。当時のアムロの拙い操縦にも関わらず、その驚異的な性能を持ってしてザクIIを撃破。その後もアムロをメインパイロットとして数々の戦線を戦い抜いた。アムロがNTとして覚醒するにつれて反応の限界に達するが、マグネットコーティングでなんとか対応できたのも元の性能が良かったからであろう。

ア・バオア・クーにおける最後の戦いではハイパー・バズーカ2挺とビーム・ライフルを引っさげたフル装備状態で出撃し、ア・バオア・クーでシャア・アズナブル大佐の駆るジオングと激闘と繰り広げるが、ジオングの攻撃で左腕と頭部を喪失。アムロがシャアと対面するための捨て石として自動操縦に切り替えられ、ジオングの頭部と相討ちの形で崩れ落ちた。そして、最後はコアファイターのみがアムロの脱出用に使用され、他の部分は放棄されている。

一年戦争時の本機の活躍は連邦にとっての英雄、ジオンにとっての恐怖の対象だった。名称や頭部デザインを通して兵士の士気に影響するほど特別視され、「モビルスーツ開発」にすら影響を及ぼしている。ジオン兵から「白い奴」「連邦の白い奴」「白い悪魔(ゲームなど)」とも呼ばれる。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム
初登場作品。主人公アムロ・レイが主に搭乗した。第1話でアムロの手によって起動されたのを皮切りに、ジオン軍の数多のエースパイロットと死闘を繰り広げ、アムロやホワイトベースのクルー達と共に一年戦争を戦い抜いた。物語終盤ではアムロのNT能力の成長に機体反応が追いつけなくなったためマグネットコーティングを施され、アムロのNT能力と相まって、シャアすら手玉に取るような動きを見せた。
機動戦士ガンダム (小説版)
序盤の主役機。最序盤の時点でアムロがNTとして覚醒しつつあったため、物語開始早々にアムロの反応速度に対応しきれなくなっている。第1巻終盤にテキサス・コロニーでシャア専用ザクと死闘を繰り広げ、撃破に成功するもののガンダム自体も損傷。続くエルメスとの戦闘で、撃破したエルメスの爆発に吹き飛ばされて遂に大破し、コア・ファイターで脱出した。このコア・ファイターも後にアムロの手によって機密保持のために爆破されている。
機動戦士ガンダム (冒険王版)
TV版と同様、主役機として登場するが、漫画の内容が内容なだけに「ザク2機をワンパンでまとめて粉砕する」「ヒートロッドで両腕を縛り上げてきたグフ2機をヒートロッドごとぶん回す」等々、スーパーロボット顔負けの滅茶苦茶な戦いぶりを見せた。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
シャアの回想に登場する。
GUNDAM THE RIDE A BAOA QU
アトラクション施設入口でラストシューティングのポーズを取った本機の正面看板が出迎えてくれる。実際のアトラクションではランチジャック・ザ・ハロウィン隊と共に最初の混戦を突破したシーンで登場。丁度ジオングと交戦を開始したところで、オールレンジ攻撃を避けながらスクリーン外からスクリーン外へと一瞬で飛び回る様はシャアも含めてもはや人外レベル。最後はランチへ退避を促しつつ、シャアを追って離脱していった。
機動戦士ガンダム MS IGLOO
『一年戦争秘録』第3話にジオンが入手した映像として1シーンだけ登場。サイド7でジーンのザクIIが捉えた映像で、トレーラーから立ち上がるガンダムが映し出されている。
ガンダム トゥルーオデッセイ 失われしGの伝説
伝説のモビルスーツ。日本で発掘され、軍のエースであるナイアール大尉が乗って颯爽と現れ、主人公の窮地を救う。以後は主人公が譲り受ける。
機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン~修羅の双星~
アムロ・レイが搭乗し、修羅の双星の前に立ち塞がる。その強さはそれまでの敵とは段違いであり、最後の敵にふさわしいものがある。条件を満たすとゲームに登場したものとしては非常にレアな、黒基調の大河原カラーで出撃してくることも。
機動戦士ガンダムUC (OVA版)
episode 7にてユニコーンガンダムネオ・ジオングが宇宙の歴史を辿る中、ビグ・ザムを突き刺しているシーンがある。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊装備・特殊機構[編集 | ソースを編集]

コアブロックシステム
ハービック社の軽戦闘機「コア・ファイター」を核とし、上下半身を交換可能にした特殊構造。コアのタキム製「NC-3」型の熱核融合ジェネレーターこそが本機の主動力となる。ノウハウの無い連邦軍が、ミノフスキー粒子散布下で試作機である本機の戦闘データを確実に回収したり、戦闘中の換装を素早く行う為の窮余の策であった。前者についてはアムロがコアファイターでア・バオア・クーから脱出して[2]機体も回収され、機体のコンピューターに残された一年戦争を戦い抜いた戦闘データが回収でき、多くのモビルスーツ開発に生かせたとされている。
『ミュージアム』設定ではタキム製融合炉には言及されておらず、HighWellHeavyIndustry製の超小型熱核融合炉「MNF3d」を利用した「コア・ジェネレーター・ハイブリッド・システム」としている。同時期の融合炉の中でも突出して小型、高出力でありいずれも推定ではあるが最大熱出力は19万~32万kW、最大電気出力は15万~25万kWとされる。
セミモノコック構造(フレームヒューズドモノコック)
RX-78-2の外骨格構造。
『ミュージアム』の設定によるとPlane Metal、八洲軽金属、Plate Technicsが開発したとされる。別名は「フレームヒューズドモノコック」。分割を織り込んだルナチタニウム中空フレームと高強度プラスティックの異種融合成型により、軽量でありつつ強度面でも優れる。『ガンダムMSヒストリカ』でもこの設定が記載されており、主開発メーカーの一つである八洲軽金属が八洲重工の関連企業とされている。
フィールドモーター
サムソニ・シムが開発したIフィールド応用駆動方式「フィールドモーター」を採用。一方で脚部・腕部は作動保証のための油圧併用式のHM-680405-A+「ハイブリッドアクチュエーター」である。
『ミュージアム』初出の設定ではSam&SonsMotive、B.O.K.D.A TechnicalLabo、立川電磁工業などが関わったとされ、後にサムソニシムモーターとして地球連邦軍系モビルスーツの標準仕様にまで成長したものとされている。最初に実用化されたのはSam&SonsMotiveのフィールドモーターであり、「SS-SIM109」「SS-SIM112s」が肩部やその他のリニアシステムに採用された。後にB.O.K.D.A TechnicalLaboや立川電磁工業などはIフィールド応用型のリニア・ベルト「LB-53ab」を開発し、これはガンダムに採用された際に推定50~60テスラ以上の強大な駆動力を発生させたと見られている。
マグネットコーティング
『1st』第40話で関節部に施された磁気塗膜。これによりアムロの反応速度にも対応できる応答速度を獲得した。
大気圏突入用装備
TV版と劇場版で使われたものが異なる。『マスターアーカイブ』では耐熱フィールドを機体表面に這わせた状態を指して「薄い耐熱フィルムを纏ったようだ」と記載された。この熱は断熱圧縮と電磁波による輻射により起こると正確に記載されている。
耐熱フィルム
『1st』第5話に登場する大気圏突入用の装備。機体全体を覆うフィルムをBパーツの下腹部にある収容口から取り出し、被ることで機体を保護する。
耐熱フィールド
劇場版1作目に耐熱フィルムから差し替えられる形で登場。TV版ではフィルムの収容部だった箇所から冷却気体を噴射。機体正面に構えたシールドで機体側に気体を吹き返してフィールドを形成し、断熱圧縮などの熱から機体を保護する。

各モジュール構成[編集 | ソースを編集]

H.U-0078A2-60/3.6+ 頭部
本機を象徴する頭部モジュール。照準システムであるデュアルセンサー、スーズ社の79式アンテナ、マツムソニック社の通信システム・聴音機を装備する。マツムソニック製と同一のものかは不明だが『1st』第18話で第102採掘基地にいるマ・クベキシリアの会話を盗聴する際に用いた集音マイクなどが装備され、本来バルカン砲の弾倉があるはずの右耳にあたる部分からマイクが真横に飛び出す。
RX-BU-C2 胸部
コアファイターを内装する部位。
R&R-M322/D725 腕部(汎用アーム)
汎用性を重視したアーム。最大作業重量は107t、連続作動時間は220min、重量6.2t、作動自由度3+3+3DOF、アクチュエーターはリニア式と油圧式(ハイブリッドアクチュエーター)。独立制御装置は「AE-8201fx」「AE-M5gs」、独立搭載センサーは「傾斜計」「Gセンサー」「6軸センサー」「視覚カメラ」。補助動力源である「LE-30」を搭載。
RX-LU-D1 脚部(MS用歩行システム)
MSの中でもヘビーデューティーな部位であり、様々な機器が集まる。姿勢制御用スラスターとショックアブソーバー、各種センサー、サブカメラ、コントローラー、これらを統括するコンピューターを搭載。 最大作業重量は306t、連続作動時間は185min、重量は9.6t、作動自由度3+2+3DOF。アクチュエーターはリニア式と油圧式(ハイブリッドアクチュエーター)。独立制御装置は「AE-8001ei」「AE-1251+」、独立搭載センサーは「傾斜計」「Gセンサー」「6軸センサー」「視覚カメラ」。補助動力源である「NC3MD」「NC7S-3」「LE500」「LE550」を搭載する。
RR-M-3c バックパック
通称ランドセル。判明シている分ではStarfield Space ShipBuild、Pinecape Chemicals、Wood Land Chassisが開発したとされる。タキム社製「NC-5」型のコ・ジェネレータを搭載。
衝撃緩衝材 VROB
『ミュージアム』設定。ファーダゲール社が開発した高分子プレート「VROB202232」「VROB202233」。装甲と構造の間、手首などに採用。いずれも推測だが宇宙艦船とコロニー構造体に使用された既製品の軍用発展形で、装甲を貫通した砲弾や破片の運動エネルギーの吸収などに役立った。

武装[編集 | ソースを編集]

ASG56-B3S. 60mmカートレス3砲身短バルカン (バルカン砲)
TOTOカニンガム社製の小口径バルカン砲。頭部左右一対1基ずつ装備。近接防御用の火器で、MSに対しても構造上の脆弱部に命中すれば撃破も可能な威力が有る。
『ミュージアム』設定ではASG-56B3の砲身を短縮化したもので、元々はリニア連射砲の採用を予定していたが頭部サイズの問題で基準値を満たせず、ガンキャノンと運用方針も被るために変更を余儀なくされた。型番は諸説あり、末尾にコンマが付かないパターンや「ASG86-B3SⅣ」と記した資料もある。
TOTOカニンガム製の頭部機関砲は後発のジムシリーズやGPシリーズ、ユニコーンガンダムなど以降生まれるMSにも採用されている。宇宙世紀以外の様々な作品のガンダムも頭部に機関砲を採用しており、地味ながらガンダム作品に欠かせない象徴的な武装の1つとなる。
BLASH XBR-M79-07G ビーム・ライフル
ブラッシュ社製。エネルギーCAP技術によって初めて実用化したMS携行サイズのメガ粒子砲であり、ザクIIを一発で撃破し軍艦も数発で撃沈する程の強力な火力を有している。マシンガンやバズーカがメインだったザクに比べれば常識外れの性能で、連邦・ジオンともにその後新規に開発されたMSのほとんどにビーム系射撃兵装が標準装備される(少なくとも装備可能となる)など大きな影響を与えた。ガンダムの活躍・圧倒的優位を象徴する武装であり、代名詞と言える。
BLASH XHB-L03/N-STD ハイパー・バズーカ
ブラッシュ社製。肩掛け式の単砲身ロケットランチャー。口径は380mmまたは320mm[3]。固定式の弾倉に5発次弾が装填されている。対艦用の実体弾武装だが対MS戦にも使用でき、ジムも装備している。本来は弾速の遅さからMS相手には不向きである。本編初期は白とグレーのツートンカラーの物を、ア・バオア・クー戦ではグレー一色の物を使用している。
スーパー・ナパーム
ビーム・ライフルのオプションとして装備している焼夷弾。ホワイトベースには艦載されておらず、使用されたのはTV版『1st』第2話および劇場版『1st』1作目の同シーンのみ。機密保持のため、サイド7に残されたガンタンクガンキャノンの残骸の焼却処理に用いられた。劇中では残骸の上に置いたポッドをライフルで撃って着火させていたが、媒体によってはライフルの下部に装着して使用、投擲したポッドをライフルで撃ち抜く等の使用方法が見られる。
ガンダム・ハンマー
トゲ付きの鉄球に長い鎖と錨型のグリップが付いたフレイル型モーニングスター。直撃させればザクを一撃で破壊できる。TV版『1st』にのみ登場。第5話で使用し、ザクII(コム機)を撃墜している。劇場版では使用シーンがカットされたものの、予め劇場版用に新ショットが用意されていた。ここでは新設定が追加されており、目標への命中と同時に爆圧によってスパイクを射出、目標に更なるダメージを与えるという物だった[4]
ハイパー・ハンマー
ガンダム・ハンマーを強化した兵器。刺が鋭くなり、さらに鉄球部に増速用ブースターが増設された事で破壊力が向上している。こちらもTV版『1st』にのみ登場。第26話でゴッグ相手に使用したが、手で受け止められ撃墜には至っていない。
ビーム・サーベル
剣身がビーム刃で形成される近接白兵戦用の斬撃武器。バックパックに左右一対計2本装備。高エネルギー状態のミノフスキー粒子(メガ粒子説有)をIフィールドによって剣身状に形成したもので、後の連邦軍のモビルスーツだけでなくシリーズを越えて様々なモビルスーツに採用されるガンダムシリーズの基本的な近接白兵装備。
ビーム・ジャベリン
ビーム・サーベルのモードの1つで、グリップを延長し先端に高出力のビーム刃による穂先を形成した槍。TV版『1st』にのみ登場し、アムロによって考案され、数回使用されたが、ジャベリン(投げ槍)ではなく普通の槍として使われることが多かった。
RX・M-Sh-008/S-01025 ガンダムシールド
防御用のシールドで、上部に盾に身を隠して射撃をする為の銃眼スリットが設けられており、裏に手持ちグリップが有る手持ち式装備。機体と同様、ルナ・チタニウム合金製で高い防御力を誇る。未使用時には上部マウントラッチを介してバックパックに装着できる他、Gアーマー時には両手に装着し、分離後は2枚を重ねて左手に装備する。

本編未使用武装 [編集 | ソースを編集]

ロケット砲
旧1/100プラモデルに付属していたオリジナル武装。リアルスケールガンプラにしては珍しくスプリングギミックが搭載されており、ミサイルを発射可能。
プラモデル発売から40年近く経つが、未だに詳しい設定が不明な謎の武器。一説にはクローバー社製のガンダムの玩具に付属していた「ハイパー・バズーカ砲(肩に装着するミサイルランチャー)」がモチーフとされる。
ビッグ・ガン
『機動戦士ガンダム』放送開始前後に発刊された児童誌などに掲載されていた武器その1。本編未使用。
ハンドガンタイプの射撃武器で、厚さ10cmの鉄板すら貫くとのこと。ビームか実弾かははっきりしない。
後に『機動戦士ガンダム サンダーボルト』にてビッグ・ガンという武器が実際に登場したが、そちらでは長距離狙撃用の大型ビーム砲となっている上に、ジオン軍の兵器である。
ビート・ハンマー
児童誌などに掲載されていた武器その2。これも本編未使用。
ガンダム・ハンマーと同様のチェインフレイルだが、棘は鋭く長い3本のみが十字方向に伸びている。
『ガンダムかるた』の札の一つに採用されている他、『冒険王版』ではこちらがガンダム・ハンマーの名称で使用されている。その際は長い棘でグフの胴体を切り裂いた。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム [編集 | ソースを編集]

ガンダム大地に立つ!!
記念すべき第1話。ザクの攻撃によりフラウの家族を含む多くの民間人が死んでしまう。アムロは怒りからガンダムに搭乗。ザクの攻撃を受けつつも、ガンダムを立ち上がらせる。これが後の歴史まで語り継がれるガンダム神話の幕開けとなった。
喋るガンダム?
第18話より、アッザムからリーダー攻撃を受けた際に。
「パイロット及ビ回路保護ノ為、全エネルギーノ98%ヲ放出中」
「攻撃エネルギー低下」
と、唐甲高く抑揚のないアナウンス音声が唐突にコックピットに流れ、視聴者を驚愕させた。全話を通してガンダムが喋ったのはここだけである。
ラストシューティング
第43話より、迷路のようなア・バオア・クー内部で、頭上方向の通路に待ち伏せて粒子砲を放ってきたジオングに対し、アムロが自動操縦をセットして迎撃、相討ちとなった一撃。
名称は劇場版3作目のポスターより。古いプラモデルでは肩関節等の制約から、無改造では取れないポーズである。一方、無改造で再現度が高い物は、肩関節に上下の回転軸がある「MG RX-78-2 ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079」、フィギュアでは「ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.」などが挙げられる。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE [編集 | ソースを編集]

1/200 vs 1/60
第19話より、「スピードグレードコレクション 1/200 ガンダム」と「PG 1/60 ストライクガンダム」の対決シーン。THE GUNDAM BASEに立ち寄ったヒロトヒナタだったが、店舗奥のGPデュエル会場が騒々しい。なんでもGBNへの移行前最後の記念大会にPG使いの男が参加し、各会場で優勝を欲しいがままにしているのだと言う。ボロ負けしてしまった参加者達に参加をねだられたヒロトは、ヒナタがBASEで記念品として貰ったスピードグレードを組み立て、男に挑む。サイズとパワーの差の前に追い詰められるヒロトだったが、ふと目をやるとそこには男に倒された数々のガンプラの残骸が。X1のコア・ファイターマックスターのシールドジャイアント・バズヘビーアームズの左肩スパローのシグルブレイドユニコーンの右腕とビーム・マグナム。それぞれを巧みに扱い見事、逆転勝利を収めた。
小さくともその中に可能性を秘めたガンダムに触発されたヒロトは、小さな機体がGBNで出来る事を探求するべくコアガンダムを作り上げる。そして初めてログインしたGBNで運命的な出会いを果たす事になる。

関連機体[編集 | ソースを編集]

別デザイン・カラーバリエーションなど [編集 | ソースを編集]

リアルタイプガンダム
劇場版1~2作目のポスターに描かれている別カラーリングの本機。暗めの色を主体にしたミリタリー感あるカラーリングとなっている。このポスター絵が元となって、旧キット「リアルタイプ」シリーズが発売された。
ガンダム (ロールアウトカラー)
本機のロールアウト直後のカラー。白を基調としたカラーリングになっている。
キャスバル専用ガンダム
ギレンの野望シリーズ』に登場。ネオ・ジオン総帥となったシャア・アズナブルことキャスバル・レム・ダイクン専用の赤いガンダム。
ガンダム (ティターンズ仕様)
同じく『ギレンの野望シリーズ』に登場。ティターンズによって生産されたティターンズカラーのガンダム。
ガンダム (ジオン鹵獲仕様)
同じく『ギレンの野望シリーズ』に登場。ジオン公国軍が鹵獲したガンダムを基に開発したジオンカラーのガンダム。
ガンダム (THE ORIGIN版)
本機のTHE ORIGIN版デザイン。武装面に変化がある他、劇中で数回、改修作業を受けている。
ガンダム (アムロの遺産)
映像作品『リング・オブ・ガンダム』に登場する「アムロの遺産」と呼ばれる機体。本機を模した外見を持つ。
ガンダム (MS少女NOTE版)
Web小説『MIKA AKITAKA'S MS少女NOTE』に登場する、本機のMS少女版。
ガンダム G40
ガンダム40周年記念としてKEN OKUYAMA DESIGNによって工業製品風にリデザインされた本機のガンプラ。CGの同機が動くスペシャルPVも製作された。

装備バリエーション [編集 | ソースを編集]

ガンダム+Bパーツ(ガンダムMAモード)
『1st』第32話でザクレロへの対抗策として、下半身にGファイターのBパーツを装着した形態。
ガンダムGダッシュ
ゲーム『GUNDAM TACTICS MOBILITY FLEET0079』に登場するオリジナル形態。Bパーツを宇宙戦仕様のGダッシュパーツに換装した特殊仕様。
ガンダム+ガンタンクBパーツ(ガンダムタンク)
ゲーム『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』に登場するオリジナル形態。Bパーツをガンタンクのキャタピラにするというガンダムゲーム屈指のネタ機体。
高機動型ガンダム
ゲーム『ギレンの野望 ジオン独立戦争記』に登場するオリジナル機体。背部と脚部に補助推進装置を装備した高機動タイプ。
ソロモンエクスプレスG-2
模型誌『電撃ホビーマガジン』掲載の『ソロモンエクスプレス』に登場する、本機の核装備仕様。

本機以外のファーストロット [編集 | ソースを編集]

プロトタイプガンダム
RX-78シリーズの1番目に開発された機体。後に第2仕様であるRX-78-2へと改修された。
G-3ガンダム
サイド7に搬入された本機の内、小破した1機を修復し、マグネット・コーティングの実験機として改修した機体。初出である小説版『機動戦士ガンダム』ではアムロの搭乗機を改修した機体として登場している。

派生機・系列機など [編集 | ソースを編集]

フルアーマーガンダム
FSWS計画によって開発されたガンダムの強化案。
ヘビーガンダム
上記の機体とは違い装甲そのものを厚くした機体。
パーフェクトガンダム
プラモ狂四郎に登場したガンダムの改造機。
ガンナーガンダム
長距離支援タイプとして開発された機体。
陸戦型ガンダム
ガンダムの規格落ち・余剰生産パーツを流用して作られた機体。
ピクシー
RX-78シリーズの内、白兵戦に特化した機体。
ガンダムNT-1
RX-78シリーズの内、アムロ・レイ専用として開発されたニュータイプ専用機。
ガンダム試作1号機
ガンダム開発計画』で開発されたガンダムの内、本機の汎用性を継承している機体。
アトラスガンダム
一年戦争後に開発されたガンダムタイプの1機。水中戦闘も想定した水陸両用機。
ガンダムMk-II
ティターンズが開発した後継機。
ハーフガンダム
ティターンズが開発した本機の再現機。パーツ不足により完全再現には至らず、本機のパーツ使用率は52%に留まっている。
ガンダム (RX-78F00)
一年戦争後に発見されたRX-78タイプのパーツを元に再構成された機体。

セカンドロット [編集 | ソースを編集]

ガンダム4号機
地球連邦軍第16独立戦隊旗艦「サラブレッド」隊が運用するガンダム。RX-78のセカンドロットの1機で、大出力のメガ・ビームランチャーを装備する。
ガンダム5号機
4号機と共に「サラブレッド」隊が運用するガンダムタイプの機体。専用の実弾兵器として大型のジャイアント・ガトリングを装備している。
ガンダム6号機
ガンキャノンをはじめとした砲撃支援機のデータを基に完成した機体。戦後、この機体から得られたデータを基にしてジム・キャノンIIが開発される。
ガンダム7号機
オーガスタ基地で開発された、セカンドロットの最終生産機。一年戦争時は登場しなかったが、U.C.0081年にジオン残党が敢行した『水天の涙』作戦を阻止するために投入された。
ガンダム8号機
文字設定のみの機体。実戦参加記録すら残されていない。

V作戦関連の機体[編集 | ソースを編集]

Gファイター
本機のサポートメカ。パーツ毎に本機との合体が可能で、GアーマーGスカイGブルの3形態がある。
ガンキャノン / ガンタンク / ホワイトベース
同じくV作戦で造られたMS及び戦艦。
ジム
ガンダムの量産機。
ガンボーイ / X-78 / 縮小実験機
プロトタイプガンダム以前に試作されたとされる試作機群。

SDガンダム関連の機体[編集 | ソースを編集]

武者頑駄無 (武者ガンダム)
漫画『プラモ狂四郎』を初出とする鎧武者姿のガンダム。初出作品ではガンダムの改造ガンプラとして登場し、以降、SDガンダムシリーズでデフォルメ体形のキャラクターとして登場する。
キャプテンガンダム
SDコマンド戦記 G-ARMS』や『SDガンダムフォース』に登場するキャラクター。前者はRX-78 ガンダムのパワーアップした姿、後者は前者をモチーフとするスペシャル戦闘用ロボットである。
戦斗ファイトガンダム
ガンダムビルドダイバー リゼ』に登場するSDのガンダムベースのガンプラ。格闘家をモチーフにビルドされている。

その他・オマージュやパロディなど [編集 | ソースを編集]

0ガンダム / 0ガンダム (実戦配備型)
00』に登場する、本機のオマージュ機。
フォーエバーガンダム
模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』に登場するガンダムベースのガンプラ。フルアーマーのように全身に装備を追加している。
GBN-ベースガンダム
GBN-ガードフレームの外装を、本機を模した物に換装した機体。
ガンガル / 強化新型ガンガル
初期のガンプラブームに肖って東京マルイが発売したパロディ商品。同社が発売していた「超合人 グレンダー」というキットのパッケージを変更しただけの商品で、ガンダム以外の機体についてもパロディの対象となっている。各商品には「モビルフォース」の名称が付加され、その露骨なデザインから今もなおカルト的人気を誇っている。親が誤ってガンプラではなくこちらを購入してしまい、多くの子供が泣きを見る羽目になったというエピソードは今でも語り草となっている。
ふみ切戦士 シャダーン / ふみ切戦士 シャダーンII
ガンプラブームの1980年代に国鉄が踏切事故防止啓発キャンペーン用に製作したイメージキャラクター。遮断機をモチーフにしたパロディ機体で、ポスターや絵はがきなどの配布用グッズが製作されている。
ゴーショーグン / バルディオス
それぞれロボットアニメ『戦国魔神ゴーショーグン』、『宇宙戦士バルディオス』の主役ロボット。共にガンダムフェイス[5]を有しているのが特徴。デザインはどちらも佐藤元氏が担当している。
ドスハード
『戦国魔神ゴーショーグン』第22話に登場する敵役ロボット。白を基調とするトリコロールカラー、V字アンテナにツインアイ、「機鋼戦士ドスハード」の正式名称を持つ等、あからさまなパロディ機体となっている。
頑侍 (がんさむ)
ギャグ漫画『銀魂』のガンダムパロディ回に登場したパロディ機。もろガンダムそのものだが頭部にモザイクがかけられている。漫画では配色やデザインにややアレンジが加えられていたが、アニメ版では製作がサンライズという事もあり、頭部と連邦マーク以外が完全にガンダムであった (しかもコア・ファイターまで搭載)。作中ではご丁重に頭部と左腕を破壊された挙句、ラストシューティングまで披露している。
ガンダブー
子供向けアニメ番組『もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ』の第22話から登場するパロディ機。3人乗りのロボットで、エネルギー源はおなら。デザインは大河原邦男氏が手掛けている。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 『機動戦士ガンダム』の最初期の企画書『宇宙戦闘団ガンボーイ』の主役機ガンボーイがいくつものデザイン変更を経てガンダムへと繋がっている。また、ガンボーイは初期案だけに留まらず、書籍「少年マガジンデラックス 機動戦士ガンダム SFワールド」において「<突撃攻撃型機動歩兵> ガンダムの原型。”ガンボーイ”の愛称で呼ばれていた。」「しかし、気鋭の技術大尉テム・レイはこの間の研究に得るところ多く、ついでRX-78”ガンダム”に継承される第三のタイプ、突撃攻撃型機動歩兵”ガンボーイ”の設計に入ったのである。」と記述されているように、ガンダムの設定にも密かに関わっている(この設定は後に書籍「週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル」第35号で拾われた)。
  • アメリカで公開されたSF映画『レディ・プレイヤー1』では、映画終盤に登場人物の1人であるトシロウのアバター「ダイトウ」の変身した姿としてゲスト出演し、敵陣営のメカゴジラと死闘を演じた。登場時の決めポーズはΖΖガンダムの変形時のものと同一であるが、これについて原作者のアーネスト・クラインは、「ΖΖガンダムのポーズをさせた理由はカッコいいポーズだからだ!」と述べている(劇場パンフレットより)。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

フィギュア [編集 | ソースを編集]

書籍 [編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 正確には「ビームライフル/サーベル両方の採用」、ビームライフルだけならガンキャノンの方が先に採用されている
  2. 劇中ではそのまま乗り捨てられ宇宙を漂流している様な描写では有ったが
  3. 『1st』放送当時の設定ではなんと700mm口径だった
  4. 書籍『劇場版 機動戦士ガンダム アニメグラフブック』より
  5. ツインアイ、横長のスリット、顎、バルディオスでは更にV字アンテナ