メガ粒子砲

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

メガ粒子砲(Mega Particle Canon)[編集]

ミノフスキー粒子Iフィールドで縮退・融合させて生成したメガ粒子を、同じくIフィールドを収束させて発射する粒子ビーム砲。MAWS(Minovsky-theory Aapplied Weapon System=ミノフスキー理論応用兵装体系)、あるいはMBW(Minovsky Bame Weapon=ミノフスキー粒子兵器)に分類される。 エネルギー効率や収束率など既存のレーザー砲や荷電粒子砲よりも優れ、出力・収束率次第ではあるがピンポイントで核兵器にも匹敵する威力のビームを照射出来る為、宇宙世紀の指向性エネルギー兵器のほとんどはメガ粒子砲に一本化された。

メガ粒子砲は高い直進性と貫通力を持ち、実体弾兵器の様な曲射こそ出来ない[1]ものの、光速に近い速度[2]で発射されたメガ粒子ビームの回避はほぼ不可能。ミノフスキー粒子がメガ粒子に縮退された際に使われたエネルギーは(見かけ上の)質量をメガ粒子に付与し、発射の際に質量の一部が運動エネルギーへ変換される。

メガ粒子は状態維持が難しく、一定以上のエネルギーを消費すると元のミノフスキー粒子に戻り雲散霧消していく[3]。メガ粒子の生成には膨大な電力を供給可能な大型機器が必要であり、エネルギーチャージにも時間が掛かる為、当初は戦艦や要塞にのみ使用されていた。しかし、エネルギーCAPの開発によってメガ粒子砲の小型化と機動兵器サイズの出力機器でも稼動可能な省力化が可能となり、モビルスーツが携行可能なメガ粒子ビーム兵装である「ビーム・ライフル」や「ビーム・サーベル」が登場した。

メガ粒子砲は大規模な加速装置を必須とはしないが、メガ粒子ビームは砲身に配された加速器を通過する事で収束と加速を続ける。収束率と射程は砲身の長さに影響を受け、基本的には長砲身の機器の方が威力を高め易い。一方で意図的に収束率を低く設定しメガ粒子ビームを散弾・子弾状に形成し広範囲への攻撃を狙う拡散メガ粒子砲も存在する。モデルによっては収束率の任意変更も可能であり、エネルギーCAP方式の物は構造上ビーム・サーベルのデバイスを兼ねるタイプも存在する。

欠点として地球上やコロニー内等では大気や塵の影響を受けてメガ粒子ビームが減衰され、射程距離が縮んでしまう点が挙げられる。また、直進性が高過ぎるが故にスペースコロニーの擬似重力に同期出来ない為、コロニー内ではビームが予期せぬ軌道を描き外壁を破壊してしまう可能性がある。このような運用上のデメリットを補う為、コロニー内や大気圏内での戦闘では実体弾兵器が使用されるケースも多い[4]

モビルスーツの用いる物はジェネレーターに直結した物と、エネルギーCAPを使用した省力型であるビーム・ライフルに大別され、前者は出力に優れるものの機体に固定、あるいは半固定される為、運用には死角が伴う[5]場合が多い。

また、メガ粒子ビームを防ぐ技術も確立されており、Iフィールド・ジェネレーターやビーム撹乱幕、耐ビーム・コーティングなどが実戦で使用されている。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム
機動戦士Ζガンダム
機動戦士ガンダムΖΖ
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダムUC
機動戦士ガンダムF91
機動戦士Vガンダム

関連技術 [編集]

ミノフスキー粒子
Iフィールド
エネルギーCAP
ビーム・ライフル/ビーム・サーベル
ビーム・シールド
ヴェスバー
ヨルムンガンド

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. リフレクター・インコムなど、メガ粒子偏向器が取り付けられた機器はこの限りではない。
  2. ただし、映像作品では実体弾とほぼ同等の速度で描写されており、レーザーよりも弾速に劣るとする資料もある。
  3. この性質は実体弾の様に理論上障害物に当たらない限り永遠に飛び続ける危険がなく、戦域外へ流れ弾を出さない利点の一つとなっている。
  4. ヘビーガン用のビームライフルでは銃身同軸のサブセンサーを搭載しコロニー内ではコロニー構造に被害を与えないレベルの出力でしか撃たない様にしている程である。
  5. ガンダムF91のヴェスバーのように取り外して使用出来る物や、ギャプランのように腕部に装着されているタイプも存在する為、必ずしもこの法則が適応される訳ではない。また携行型ビーム砲もジェネレーターを内蔵して高出力化したモデルが複数存在している。