ΖΖガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ΖΖガンダム
読み ダブルゼータガンダム
外国語表記 Double-Zeta Gundam
登場作品
デザイン 小林誠
テンプレートを表示
スペック
開発コード θガンダム
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 MSZ-010
頭頂高 19.86m
全高 21.11m
本体重量 32.7t
全備重量 68.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 7,340kW
スラスター推力 21,700kg×2
14,400kg×4
スラスター総推力
  • 101,000kg
  • 168,200kg(Gフォートレス時)
アポジモーター数 32
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 16,200m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属組織 エゥーゴ
所属部隊 ガンダム・チーム
主なパイロット
テンプレートを表示
コア・ファイター
別名 ネオ・コア・ファイター
型式番号 FXA-07GB
全長 11.62m
全幅 15.89m
全備重量 11.6t
スラスター総推力 20,960kg
センサー有効半径 15,480m
テンプレートを表示
コア・トップ
全長 19.91m
全幅 18.52m
本体重量 19.3t
全備重量 30.9t
スラスター総推力 53,560kg
テンプレートを表示
コア・ベース
全長 12.86m
全幅 15.93m
本体重量 37.5t
全備重量 49.1t
スラスター総推力 106,800kg
テンプレートを表示

概要[編集]

Ζ計画においてアナハイム・エレクトロニクス社が開発したMSの1機。コードネームは「θ(シータ)ガンダム」。ガンダム及びGファイターの連携能力とΖガンダムの変形機構を融合させ、さらに戦艦級の火力を持たせることをコンセプトに開発されたモンスターマシン的MSである。

開発はΖガンダムの開発の2年前から進んでおり、この段階ではコードネーム「G」と呼ばれる極秘プロジェクト[1]の管轄だったが、要求性能の高さから開発が遅れ、Ζガンダムに社内競争で敗れ開発は一旦棚上げになった。その後、ティターンズアクシズの新型機の登場によってΖガンダムの性能的優位性が長続きしないという長期展望のもと開発が再開され、新開発の小型ジェネレーターを全身に計4基分散配置する事で要求性能を満たし、第一次ネオ・ジオン抗争序盤にロールアウトした。

コア・ファイターを中核に、上半身とライフルによって構成されるコア・トップ(Aパーツ)、下半身とバックパックにより構成されるコア・ベース(Bパーツ)に機体を分離し、連携運用が可能である。ただし、A・Bパーツの運用にはそれぞれコクピットとしてコア・ファイターを接続する必要がある。これらA・B・コアファイターはそれぞれ複数の高出力ジェネレーターを搭載するため総出力ではΖガンダムの3倍以上に達し、膨大なエネルギーを火器と全身の駆動モーターに供給している。合体形態では単独でGフォートレスと呼ばれる重戦闘爆撃機に変形可能で、航続力は小型の巡洋艦に匹敵している。A・Bパーツのコア・ファイターは合体時に余剰となるため分離する必要があるが、逆にMS形態では一基のコクピットで済むというメリットも併せ持つ。

重厚な外観だが、これは全身に高出力ジェネレーターと多数のバーニアを内蔵したためで、過剰な装甲が施されている訳ではない。機体サイズ的にはΖガンダムとほぼ同等で重量面でも同時期の機体の中では標準的。ハイ・メガ・キャノンやダブル・ビーム・ライフル等による火力も強力であり、後年の機体と比較しても見劣りしないレベルになっている。

ラビアンローズ艦内ドックで組み立てと最終調整を終え、ガンダム・チームに配備された機体はジュドー・アーシタの搭乗機として、彼の潜在的能力とバイオセンサーとの相乗効果により高い戦果を上げた。ただし、この機体はグリプス戦役により人員も指導者も失ったことにより一部の部隊のみが存続するのみとなったエゥーゴ、戦力の大半を温存したネオ・ジオン共に人的資源の不足から少数精鋭体制を採らざるを得ない状況を背景に開発されており、一機のMSで戦果を挙げるための複雑な変形機構や高い火力は、コストパフォーマンスの高い機体を大量に配備するという連邦軍本来のコンセプトと根本的に相容れず、量産プロジェクトもΖガンダム程の活発さを見せていない。

コア・ファイター[編集]

本機の中核をなすシステムで「ネオ・コア・ファイター」と呼ばれることもある。サイコミュのメインプロセッサーやコア・プロセッサーが搭載されている。コア・トップ、コア・ベースに接続して複数の戦闘機として運用するというコンセプトから複数機が量産されている。コクピットはリニアシート方式を採用。ガンダムMk-IIΖガンダムのシートの改良型が用いられている。

コア・トップ[編集]

Aパーツ(上半身)、ダブル・ビーム・ライフル、コア・ブロックで構成される戦闘機形態。機首となるダブル・ビーム・ライフルにもコックピットがあり、コア・ファイターを内蔵しない状態で運用する事も可能だが、このコクピットはメンテナンス用(あるいは緊急用)であり通常戦闘では危険が伴うため推奨されない。

コア・ベース[編集]

Bパーツ(下半身)とバックパック、コア・ファイターで構成される戦闘機形態。バックパックやコア・ファイターの火器がそのまま使用可能な重戦闘機。本機のパーツの中ではもっとも大型である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
主役機としてジュドー・アーシタが搭乗。第11話で初合体し、ハンマ・ハンマをいともたやすく撃退した。ジュドーの感性から無茶な運用もされたものの、アクシズでのハマーン・カーンとの決戦で大破するまで第一次ネオ・ジオン抗争を戦い抜いた。ジュドーが状況に応じて別機体に乗り換えたり、トラブルでGパーツが全機揃っていなかったりする事もあった為、状況によっては戦局の終盤に投入されたり、運用されなかったりといったケースもあった。
GUNDAM EVOLVE
EVOLVE../10にΖΖ-GRから換装する形で登場。本来のパワーを取り戻したΖΖはネオ・ジオン残党のMS部隊を圧倒。最後は白いドーベン・ウルフをハイ・メガ・キャノンで撃破した。

装備・機能[編集]

特殊能力[編集]

バイオセンサー
簡易サイコミュの一種。パイロットであるジュドー・アーシタの素質によるところが大きいと思われるが、Ζガンダムとは違い任意とも言えるほど完全にこのシステムを使うことが出来、これを用いてビームを弾くシーンがあったり、機体の限界以上に稼働時間が延びている描写がある。
分離 / 合体 / 変形
Gフォートレスに変形可能。コア・ファイター、コア・トップ、コア・ベースの各機への分離及び合体が可能。
コアブロックシステム
コア・ファイターによる緊急脱出が可能。
コアブロックシステムの採用は、イジェクションポッドの回収率が当初の見積もりよりも低く、パイロットの生存率を向上させるという目的もあった。

武装・必殺攻撃[編集]

ダブル・バルカン
頭部左右2門ずつ内蔵されているバルカン砲。劇中では使用していない上に設定画稿や文字設定でも位置が確定していない。
21連装ミサイル・ランチャー
バックパックの左右に21発ずつ装填されている。弾種はAMA-13S。敵機のスラスターの熱噴射をロックオン時にインプットする熱誘導方式を採用。
ポッドの基部は規格化されており、別の装備に換装する事も出来る。
ダブル・ビーム・ライフル
正式名称2連装メガ・ビーム・ライフル。出力10.6MWとメガ・バズーカ・ランチャー並みの高出力かつ、連射も可能。ただし、砲身の寿命は短く200発毎に交換が必要。
なお、MA形態時は機首を構築するパーツである為、他に類を見ない形式としてコクピットが設置されている。合体運用をする際は、ビーム・ライフルとして振り回されることになり、ここに乗っていたが為に合体時に被害を被った人物もいる。このコクピットは本来、開発用の設備であり、実戦配備時にはセンサーに交換される予定だったものが、手違いからそのままに残されてしまったとも言われている。
ハイパー・ビーム・サーベル
バックパックに2基装備されている。従来の1.5倍のサイズのビーム刃を形成可能であり、大型MSを両断できる程の火力を誇っている[2]。出力1.1MW。
背部ビーム・キャノン
ダブル・キャノンとも。収納状態のハイパー・ビーム・サーベルの柄にジェネレーターからエネルギー供給を得てビームを発射する。出力10MW。
ハイ・メガ・キャノン
額部に発射孔を有する頭部内蔵式の高出力ビーム砲。バックパックのジェネレーターブロックと直結した専用回路を経由し、メガコンデンサに爆発寸前まで充填した高エネルギー状態のメガ粒子を一挙に放出する。
コロニーレーザーの20%とも言われる出力を誇り、一撃で多数の目標を撃破できる火力がある。劇中初期は、不完全であった為発射すると機体の機能が低下していた。劇中後半では改善されたとも言われている。実は劇中使用頻度が低く[3]、それ程活躍はしていない。
機関砲
コア・ファイターの機首に2門、コア・トップの機首に4門内蔵されている。
ミサイル・ランチャー
コア・ファイターに2連装の物が2基搭載されている。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ [編集]

始動!ダブル・ゼータ
第11話より。ハンマ・ハンマの新型シールドの前にΖガンダムの頭部を破壊されてしまったジュドーは、ビーチャとモンドを乗せて漂流していたコア・ファイターを偶然発見し、乗り移って逃走を開始する。そこへコア・トップとコア・ベースが飛来し、合体した3機のメカはΖΖガンダムへと姿を変えた。ΖΖのパワーは凄まじく、新型シールドのビームは通用しないどころか、大型隕石をサーベルの一太刀で一瞬にして両断。さらにはライフルの一撃でハンマ・ハンマの片腕をシールドごと吹き飛ばした。圧倒的パワーで勝利を収めたジュドーと仲間達はその性能に驚嘆し、これからの戦いに希望を見出すのだった。
ザクIII
第35話より。ダブリン上空で合体したΖΖガンダムはアウドムラに取り付いたドライセン部隊を空中戦で一掃し、そのままド・ダイ改に飛び乗り、隊長機であるラカンのザクIIIと対決した。コロニー落としの衝撃の中でも戦闘が続けられ、最終的にラカンを撤退に追い込んだ。
キュベレイ
第47話(最終回)より。ジュドーコア3ハマーンを追い詰めた。勝負に勝ったジュドーは言う「何故ファンネルをもっと使わなかった!」だが、ハマーンはファンネルをフルに使い全力で勝負していたのだ。そこには目に見えないドラマがあったのかもしれない。

余談[編集]

  • 機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムシリーズではジュドー・アーシタが搭乗して参戦しているが、本シリーズでは格闘攻撃のほとんどが投げ技になっている他、Gフォートレスへの変形ができない。これはキャラクター性を反映したものであると共に恐らくジュドー・アーシタ=柔道・山下のネーミングネタ。また、劇中合体はしても変形はしていないため、その反映と思われる。

関連機体[編集]

強化型ΖΖガンダム
ΖΖガンダムをフルアーマー化するに伴い、機体本体を調整した仕様。メインエンジンの強化、装甲の増設等が行われ、性能が向上している。
フルアーマーΖΖガンダム
ZZガンダムに武装と推進器の複合ユニットを追加し、火力・機動力ともに大幅に強化した仕様。耐ビームコーティングにより、防御力も向上している。設計段階から存在していたプランだが、ネオジオンとの決戦を控えた時期に実戦投入された。
ΖΖ-GR (ズィーズィージーアール)
『GUNDAM EVOLVE』で登場したΖΖガンダムのバリエーション。木星へ行くジュピトリス級輸送船の護衛として、コア3での戦闘で失ったコアベース(Bパーツ)の代わりに比較的簡易な下半身とバックパックを装着した形態。ΖΖガンダムと比較すると火力や機動力はかなり低いと目される。
量産型ΖΖガンダム
ΖΖガンダムの量産化試作機。公式に量産された記録はないが、試験評価用に少数生産された機体がマリアナ基地で確認されている。後に、特務隊『フレスベルグ隊』の機体として実戦投入されている。
プロトタイプΖΖガンダムプロトタイプΖΖガンダムB型
エゥーゴとアナハイム・エレクトロニクス社による共同開発計画「Ζ計画」の一環として開発された機体。ΖΖガンダムの前身。
スーパーGフォートレス
Gフォートレスの武装を強化した形態。
FAZZ (ファッツ)
フルアーマーΖΖガンダムの評価試験機。追加装甲のパージ機能が無く、頭部のハイ・メガ・キャノンや腹部のハイ・メガ・キャノンもダミーとなっている。装甲材質も1ランク下の物が使われている。火力は高いが機動力は心許ない為、後方からの火力支援や長距離狙撃を目的として運用された。
シータプラス
ΖΖ系列機の集大成として開発された機体。
ガンプ
グレイ・ストークが搭乗する本機に似た機体。一応、ベース機はメガゼータであるとされている。
Gアーマー
ΖΖの開発コンセプトの基になった。
ガンダムトライゼータ
『ガンダムトライエイジ』に登場するゲームオリジナル機体。ジオン残党軍の攻撃で大破したΖΖとΖが、ガンダム博士と名乗る謎の人物によって融合しトライゼータとして蘇った、という設定。スーパーロボット然とした機体になっている。
ガンダムトライオン3
ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するガンプラ。ZZガンダムのガンプラをベース(本機を手掛けたミナト曰く)にトライゼータのパワーアップ版として製作された。ガンプラ心形流の粋を結集してカスタマイズを施した結果、より複雑で個性的な機体と化した。バリエーション機としてガンダムドライオンIIIが存在する。

商品情報[編集]

ガンプラ [編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. エゥーゴがティターンズとの武力衝突に備えかつての名機「ガンダム」を復活させる、という旨の内容であった。
  2. 作中ではMS数機分の大きさはある隕石の両断をする場面もあった
  3. 『ΖΖ』第13話、第20話、第34話、第47話 (最終回)の計4回