Ζガンダム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
Ζガンダム
外国語表記 Zeta Gundam
登場作品
デザイン 藤田一巳
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 MSZ-006
全高 19.85m
本体重量 28.7t
全備重量 62.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,020kW
スラスター総推力 112,600kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 14,000m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

Ζプロジェクトによって開発されたエゥーゴ可変モビルスーツティターンズから強奪したガンダムMk-IIムーバブルフレーム技術と、リック・ディアスなどに用いられている装甲材質「ガンダリウムγ」を用いており、カミーユ・ビダンのアイデアが合わさり、オプション装備無しで大気圏突入が可能な機体として完成した。[1]カミーユの搭乗した1号機の他、仕様変更型の3号機が複数機生産されている。背部にはバックパックが無い代わりにWR形態の主用パーツである左右一対二基の「フライングアーマー」と航空機の垂直尾翼の様な「ロングテールスタビライザー」を備える。

エゥーゴはその結成当初からジャブローへの進行を目的に「オプション装備無しで大気圏突入可能なMS」を旗印として欲しており、その機体が当機の祖先とも言えるデルタガンダムだった。デルタガンダムはムーバブルフレームの強度不足により変形を諦め、百式へと再設計された。

本機の変形後はウェイブライダー(WR)形態と呼称される。これは大気圏突入の際、衝撃波(Shock Wave)に乗る(Ride)事で機体を再突入の摩擦熱から守る事に由来する。この呼称は本機の系譜となる全可変MSの変形後の形態に(大気圏突入能力が無いものであっても)採用されている[2]。また、当機には大気圏内での飛行に最適化されたフライングアーマーが別途設計[3]されており、こちらの変形後は区別する為にウェイブシューター(WS)と呼称される。ウェイブシューター形態やSFS的な運用法なども有ってこれ等の変形形態はモビルアーマーというより既存の航空・航宙戦闘機の延長として扱われている。

高性能だが可変機構によって機体構造が複雑化しており[4]、生産コストもそれ相応に高い為、機体の量産化は見送られたものの、後にこの機体をベースにした量産型としてΖプラスシリーズが開発され、後継機として可変機構を簡略化したΖIIが、さらに後に可変機構をオミット、機動性確保のためのモジュールを外付けするリ・ガズィがそれぞれ開発される。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
後半の主役機。第21話で初登場し、アポリー・ベイによって届けられた後、カミーユ・ビダンの搭乗機となる。
機動戦士ガンダムΖΖ
序盤はジュドー・アーシタが搭乗。ジュドーがΖΖガンダムに乗り換えた後はルー・ルカが専属パイロットになるが、機動力を重視する場面ではジュドーが乗ることがあった。
機動戦士ガンダムNT
回想シーンにWR形態で登場。ダカール市内でアッシマーを撃墜している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

バイオセンサー
簡易サイコミュの一種。ニュータイプが搭乗することで、機体のコントロールを補助する。高いニュータイプ能力を持つパイロットが搭乗した場合、下記のサイコフィールドなどの現象を引き起こす事がある。
サイコフィールド
バイオセンサーが起因している原因不明のエネルギーフィールド。パイロットやパイロットに関わった人物、機体の周囲にいる周囲の人物の意志に反応し、様々な挙動を見せる。本機の場合、ビームを弾く、定格を大幅に超えた出力でビーム・サーベルを発振させる、敵のバイオセンサー搭載機を金縛りにする、などの現象を引き起こしている。
変形
ウェイブライダー形態に変形する。この形態ではノンオプションでの大気圏突入が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵、MS形態専用武装。
グレネード・ランチャー
前腕部手首の手の甲側が開いて射出される擲弾発射機。こちらもMS形態専用武装。追加弾倉のカートリッジもあるが、シールドの設置部を塞いだりカートリッジを付けたままでは収納クリアランスが足りず変形できない。ワイヤー内蔵型に換装することができる。
ビーム・サーベル
出力0.65MWあるいは1.3MW。腰部サイドスカート両方に内蔵されている。WR形態ではアーマーの先端が前に向き、ビーム・ガンとして機能する。
ビーム・ガン
WR形態で前方固定機銃的に使用可能。だがサーベルの収納部を展開して発砲する為その部分がフライングアーマーで塞がるWSでは使用不可。
シールド
ガンダリウムγ製。盾であると同時に、WR形態では機体下面で両腕及び胴体内部を保護する。また、大気圏突入時に大気に「乗る」ために必要なパーツでもある。シールド裏にはミサイルが搭載されている。
小型ロケット弾
搭載箇所は不明。TV版第25話および劇場版2作目でヤザンギャプランに対して使用している。
ビーム・ライフル
長銃身の本機専用ビームライフル。WR形態では機体上部中心軸線上のロングテールスタビライザー前に銃身を短縮化した状態で装着される。ロング・ビーム・サーベル機能を採用している。使用するEパックはガンダムMk-IIのビームライフルと同一規格の物でありこちらもライフルの駆動電源は本体供給ではなくEパックから供給される物となっている。
ロング・ビーム・サーベル
ビーム・ライフルの銃口から長めのビーム刃を展開した銃剣を模した形態。敵を斬り付ける他、ビーム刃を展開した状態で投擲する事も可能。
ビーム・コンフューズ
劇場版3作目で使用。投擲したビーム・サーベルの刃にビーム・ライフルのビームを当て、メガ粒子ビームを乱反射拡散させて広範囲を攻撃する。グリプス2でキュベレイのファンネルを迎撃する為に用いられた。
ハイパー・メガ・ランチャー
別名メガ・ビーム・ランチャー。出力8.3MW。ジェネレーター内臓のΖガンダム最大の兵装。長大なビーム砲を機体正面で両手で構える。また百式の「メガ・バズーカ・ランチャー」ほど顕著ではないが推進機を備え推力アシストも行う仕様である。各種玩具ではWR形態で機体下部のシールドに取り付け可能になっており本体が地面から離れる分の接地脚も配されている。また、この兵装にもロング・ビーム・サーベル機能が採用されている。
ハイパー・バズーカ
『ΖΖ』第19話のメガライダー搭乗時、同乗していたガンダムMk-IIから借用した。

対決・名場面[編集]

機動戦士Ζガンダム[編集]

ゼータの鼓動
第21話より、Ζガンダム(ウェイブライダー)初登場シーン。新型機ガブスレイの性能の前に危機に陥るカミーユだったが、遠方からのビームがガブスレイを捉えた。その拍子に宇宙空間に放り出されたカミーユは、自分を救った新型の戦闘機を見る。程なくして救助に現れたファからその戦闘機が新型機Ζガンダムである事を聞かされたカミーユは、ガブスレイを圧倒するその戦闘力を目の当たりにする。
ジ・O
第50話(最終回)より。グリプス戦役における最終戦のジ・Oとの戦闘において、死者の思念を取り込みジ・Oを制御不能にし、ウェイブライダー形態でその死者の思念と共に特攻するというトンデモ科学っぷりを見せた。

機動戦士ガンダムΖΖ[編集]

関連機体[編集]

プロトΖガンダム
本機の試作機。この段階では可変機構は考えられていない。
フルアーマーΖガンダム
フライングアーマーを取り外し、増加装甲を装着した状態。流出したアナハイム社のパンフレットに機体紹介が載っているが、マニアによるフェイクである可能性が示唆されている。
Ζガンダム3号機
型式番号MSZ-006-3。グリーンダイバーズに登場する。3号機となっているが実際に製造されたのは2番目。カラバで運用された。なお、パイロットの声は古谷徹が演じている。
ホワイト・ゼータ
正式名称はΖガンダム3号機A型。型式番号MSZ-006-3A。グリーンダイバーズに搭乗したものの改良機。パイロットのコードネームは「ホワイト・ユニコーン」。
グレイ・ゼータ
正式名称はΖガンダム3号機B型。型式番号MSZ-006-3B。対ビームコーティングのため黄色に塗装されており、「イエローゼータ」とも呼ばれる。パイロットのコードネームは「グレイ・ウルフ」。
レッド・ゼータ
正式名称はΖガンダム3号機P2型。型式番号MSZ-006-P2/3C。C型の改良機でありサイコミュを搭載している。パイロットはユウリ・アジッサ。当初は「ジョニー」という人物が予定されていたという。
Ζプラス
ZガンダムのWR形態に注目したカラバが、空戦用MSとして再設計した機体。カラバと連邦軍の双方で少数が量産されている。
ΖII(ゼッツー)
Ζガンダムとメタスの設計を統合し、コストダウンを図った機体。
ΖレイピアI
発展型として開発された機体の1つ。
ハーフゼータ
本機に似た機体。
量産型Ζガンダム
可変機構をオミットして量産化を目指した機体。以前としてコストが高かったため試作機数機の生産に留まっている。
リ・ガズィ
可変機構を外部ユニットに委ねることよってコストダウンを計ったが、あまり改善されなかったため試作機数機で開発が終了した。
リゼル
ΖIIの設計を基に、ジェガンの設計を組み込むことで更なるコストダウンを図り、量産化が可能なレベルに仕上げた。
バウ
ネオ・ジオンがΖプロジェクトの設計を参考に開発した機体。
ΖΖガンダム
本機直系の発展機。
Ζプルトニウス
Ζプラスを完全新規設計した機体。『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』オリジナル設定の機体である。
Ζガンダム炎ハイパーΖガンダム炎
ガンダムビルドファイターズ炎』に登場するガンプラとその改修機。
A-ZガンダムアメイジングΖガンダム
ガンダムビルドファイターズ バトローグ』に登場するガンプラとその改修機。
ライトニングΖガンダム
ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するガンプラ。
スクランブルガンダム
ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』に登場するガンプラ。本機を元に製作されている。

余談[編集]

  • 『Ζ』前期オープニング冒頭に本機の頭部のシルエットが登場している。V字アンテナの無い所謂たまねぎ頭だが、これは当時、V字アンテナのデザインがまだ決定していなかったため。
  • 後期主役機ではあるが、初搭乗は本機を運搬したアポリー・ベイ。そのため、カミーユはガンダムMk-II(ティターンズカラーはジェリド、エゥーゴカラーはクワトロが初搭乗)に続いて主役機への初搭乗を逃した事になる。

商品情報[編集]

完全変形し、かつMS形態とWR形態が共に良好なプロポーションを保つ事は、サイズと素材の剛性から難しかった。プラモデルMGのΖガンダムは初めてこの三つを兼ね備えたアイテム(但し、盾だけは腕から胴部へ付け替え)。超合金玩具の可動戦士Ζガンダムは、1/144で上記MGと同等。これは変形時に負荷のかかるパーツの金属化やビス止めの効果が大きい。HGUCではMS形態、WR形態に個別のベースを用意し、完全付け替えにより変形を犠牲にして優良なプロポーションを得ている。SDでは関節の制約等もあって大変な中、頭部を外す事によりデフォルメされた完全変形、程度の変形をする。RGでは1/144において初めての差し替え無しの変形となった。

ガンプラ[編集]

※旧HGUC

※新HGUC

フィギュア [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. この機体は当初、カミーユ・ビダンが「ガンダムMk-IIとリック・ディアスの長所を掛け合わせたものを設計してみた」という設定だったが、後々ではこの設定が変化しており「元々アナハイムが設計していたが、背部フライングアーマー部を変形時にどうやって機体下面に配置させるかで頭を悩ませていた(本来、フライングアーマー部は一体形成で、それを大きく移動させる為に質量移動の大きさやフライングアーマーを支えるアームの強度などが問題となっていた)所を、カミーユのアイデアでフライングアーマーの主要部を2分割し、機体の左右から回り込ませ、中央の空間をシールドで接合し塞ぐ事で解決した」という説へと変化している。
  2. 本機の祖先と言えるデルタガンダムとその量産機であるデルタプラスにしても同様の呼称が使用されている
  3. WRはSFSの方の「フライングアーマー」の設計を踏襲しており一定レベルの大気圏内飛行力を有するが最適とは言い難い物であった。
  4. 可変機構を備えた胴体部の構造が特に顕著。