プロトΖガンダム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
プロトΖガンダム
外国語表記 Prototype Ζ Gundam
登場作品 Ζ-MSV
デザイナー 藤田一巳
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号
  • MSZ-006-X1(百式型)
  • MSZ-006-X2(リック・ディアス型)
  • MSZ-006-X3(ネモ型)
全高 19.6m
本体重量 29.9t
全備重量 52.1t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,790kW
スラスター総推力 99,000kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 14,000m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
テンプレートを表示

概要[編集]

Ζ計画の初期段階としてエプシィガンダム百式系のフレームを流用して開発された試作機。本機は非可変型の攻撃型モビルスーツとして開発されている。

メタスで変形機構のデータ収集は進んでいたが、従来のモビルスーツとは異なるスタイルで試作機の域をでないものであった。そこで次はブロックビルドアップ構造を採用した非可変機を開発することにした。この構造により生産性やメンテナンス性が高められているが、機体の制御系には問題が残っていた。また、本機に変形機構を実証して可変させることには成功したが、金属疲労に耐えきれなかったため実用化には至らなかった。

本機は全3機製造され、それぞれ百式型、リック・ディアス型、ネモ型の頭部センサーとなっており、結果的には百式型が採用されている。上記の通り開発は難航していたが、エゥーゴガンダムMk-IIを強奪したことにより、ムーバブルフレームの技術を入手することができ、構造の問題点が解決。さらにカミーユの設計案を取り入れたことにより、本機の1号機をベースとしてΖガンダムが開発されることとなった。

登場作品と操縦者[編集]

Ζ-MSV
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
試験的にデュアルサプライシステムが採用されているライフル。銃身の下部にガンダムMk-II用、後部に百式用のEパックが装着されている。
ビーム・サーベル
2基装備されている。
シールド
左腕部に装備されているシールド。デルタガンダムのものと酷似している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

エプシィガンダム百式
フレームが流用されている。
Ζガンダム
完成機。
量産型Ζガンダム
本機の仕様を参考にして開発されている。
デルタガンダム
武装に共通点が見られる。

商品情報[編集]

リンク[編集]