2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

量産型Ζガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
量産型Ζガンダム
外国語表記 Ζ Gundam Mass Product Type
登場作品
デザイナー 藤田一己
テンプレートを表示
スペック
分類 量産試作型モビルスーツ
型式番号 MSZ-007
全高 20.4m
本体重量 30.9t
全備重量 48.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,830kW
スラスター総推力 73,900kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,900m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
地球連邦軍
主なパイロット ペスコ・リンガ
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴの試作型モビルスーツΖガンダムの量産化を目的とした機体である。

機体のコンセプトはプロトΖガンダムと同様の攻撃型モビルスーツとしての仕様が反映されている。そのため可変機構はオミットされ、メインカメラはプロトΖ3号機のネモ型を採用している。コストダウンの為にジェネレーターなどは一段劣るものとなっている。

しかしそれでもコストの高騰化を抑える事はできず、百式改とのコンペティションに敗れた結果、試作機数機を残し、量産化は廃案となった。

登場作品と操縦者[編集]

Ζ-MSV
出典元。百式改とのコンペティションに敗れ、開発は数機に留まった。
機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ
ガンダムデルタカイとの技術比較検証用として1機が配備されている。デルタカイ離反後はフレスベルク隊に配備され、ペスコ・リンガの搭乗機となった。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

メガ・ビーム・ライフル
本機専用の高出力ビーム・ライフル。ベース機のビーム・ライフルと同じくロング・ビーム・サーベルとしての機能も備わっている。
ビーム・サーベル
左右腰部に計2基装備している。
シールド
ガンダムMk-IIと同型のシールド。フレスベルク隊の機体が装備している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

Ζガンダム
ベース機。
プロトΖガンダム
仕様を参考にした機体。
ΖII / リ・ガズィ
本機と同様、Ζガンダムの量産を目的とした機体。
Ζプラス / リゼル
実際に量産されたΖ系列機。
ΖレイピアI
型式番号が同一の機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]