ΖレイピアI

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MSZ-007 ΖレイピアI(Zeta Rapier I)[編集]

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作型可変モビルスーツΖガンダムの発展型として開発された機体の一つ。開発時のコードネームは「η(エータ)ガンダム」。名称は他にも「レイピアI」と呼ばれることがある。
開発はリック・ディアスの開発チームが担当している。一部Ζプラスを意識して開発されたと言われている。背部のフライングアーマーやテール・スタビライザーは大型化している。また、本機には様々なオプション装備が用意されており、フライングアーマーを換装して装備する。オプション装備の例としては攻撃型MA仕様のウイングブースター、WR形態用のエキステンションブースターなどが用意されていた。宇宙世紀0088年にロールアウトしたが、運用実績は残っていない。

本機の他の発展機としてはΖIIΖΖガンダムSガンダムなどが存在する。なお、本機の型式番号は量産型Ζガンダムと重複している。

登場作品と操縦者[編集]

GUNDAM WARS PROJECT Ζ
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
ウェイブライダー形態に変形可能。
換装
バックパックを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

30mmバルカン・ファランクス
頭部に内蔵されている。
ビーム・ライフル
Eパック方式のライフル。Ζガンダムと同じく長銃身。
グレネード・ランチャー
ビーム・ライフルに搭載されている。
ビーム・キャノン(ビーム・ライフル)
両肩、両腰に計4門装備されている武装。ビーム・ライフルと呼称されることもある。
ビーム・サーベル
2基装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

Ζガンダム
ベース機。
Ζプラス
意識して開発されている。
Ζガンダム3号機
本機とは異なるオプション装備を装備することを想定している機体。
量産型Ζガンダム
型式番号が重複している機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]