Ζプラス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Ζプラス(Ζ Plus)[編集]

カラバ及び地球連邦軍で運用される可変モビルスーツ。『ガンダム・センチネル』で設定された。

Ζガンダムのウェーブライダー形態の有効性に注目し、カラバがアナハイム・エレクトロニクス社と共同で再設計した機体。変形機構が簡略化されており信頼性も向上したが、高コストであったため本格的に量産されることはなかった。

バリエーション[編集]

ΖプラスA1型
大気圏内用として開発されたΖプラスシリーズの基幹機種。
Ζプラス (アムロ・レイ専用機)
アムロ用のカラーリングで塗られた機体。
ΖプラスA1B型
攻撃機として改良された機体。
ΖプラスA2型
A1型の頭部にメガ・キャノンを搭載した機体。この機体で得たデータはハイ・メガ・キャノンに活かされることとなった。
ΖプラスA3型
A1の性能向上を目指した機体。D型が採用され、試作機1機のみ生産された。文字設定のみの機体。
ΖプラスB型
複座式の練習機。パイロットの育成に使用された。
ΖプラスBN型
対地・対艦攻撃用に改良を加えた機体。
ΖプラスC1型
A1型を宇宙用として再設計した機体。
ΖプラスC1/2型
頭部をA2型のものに換装した機体。
ΖプラスC1Bst型
Sガンダム ディープ・ストライカーの随伴機として開発されていた機体。
ΖプラスC4型
Ζガンダムと同型のバインダーを装備した機体。
ΖプラスD型
空戦能力を重視した機体。
ΖプラスE型
EWAC仕様の機体。文字設定のみの機体。
ΖプラスR型
バックウェポンシステムの評価試験機。リ・ガズィのプロトタイプ。文字設定のみの機体。

その他のバリエーション[編集]

以下の機体は『ガンダム・センチネル』の設定とは一切関係ないとされている。

ΖプラスCX型
C型の試作機体。
Ζ>
別名ΖプラスP型。大気圏突入を可能とした機体。
ΖプラスS2型
A2型をベースとした無人機。可変機構がオミットされている。
Ζガンダム(レストア機)
第一次ネオ・ジオン抗争で中破したΖガンダムをΖプラスのパーツで修復した機体。
Ζプラス戦術爆撃連合
アナハイムが構想した機体群。全機種をTMSで統一した部隊で、4種の戦術に特化したΖプラスが構想された。構想のみで開発も生産も行われていない。
ゼータキュアノス
ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL'S WORLD CHALLENGE』に登場する本機をベースとしたガンプラ。ウェイブライダーとウェイブシューターへの可変機構を有する他、PBWS(プロトバックウェポンシステム)を装着したウェイブダイバーに変形可能。

リンク[編集]