2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ΖプラスC1Bst型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ΖプラスC1Bst型
外国語表記 Ζ Plus C1 [Bst]
登場作品 モデルグラフィックス
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
通称 ハミングバード
分類 宇宙用試作型可変モビルスーツ
型式番号 MSZ-006C1[Bst]
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社Sガンダム ディープ・ストライカーの随伴機として設計した可変モビルスーツ。通称はハミングバード(ハチドリの意)。

当初ハミングバードはウェイブライダー形態のみに機能を限定した超高速攻撃案だったが、モビルスーツ形態に変形可能なプランも立案されていた。ディープ・ストライカーに随伴するために、ΖプラスC1型をベースに肩部と脚部のユニットがSガンダム (ブースター・ユニット装着型)と同型のブースターに換装されており計4基装備される。ブースターを装備したため更に大型のプロペラントタンクが2基追加されている。武装面も追加されており、サブユニットにSガンダムのビーム・スマートガン、これらの変更点により本機はΖプラス系列機の中でもっとも過激な性能を有することとなった。

ディープストライカーが廃案になったため本機も製作されなかったとされるが、ウェイブライダー形態のみに固定したテスト機のみ製作されたという説もある。

登場作品と操縦者[編集]

モデルグラフィックス
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
ウェイブライダー形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
サブユニット
変形用のサブユニット。外見はシールドに見えるが先端に各種センサーが内蔵されているためシールドとして使用するには適さない。
ビーム・スマートガン
WR形態への変形用サブユニット(シールド)と一体型の高出力ビーム・ライフル。A1型では補助機動装備で占められていたスペースに小型ジェネレーターやエネルギーCAPシステム等が搭載されている他、同軸式のディスクレドームも備えられている。このディスクレドームとのリンクにより、アウトレンジからの狙撃などにおいても威力を発揮する。また、ビーム・スマートガンを装着しながらのWR形態への変形が可能。
ビーム・スマートガン (Sガンダム用)
Sガンダムのオプションとして用意されていた長砲身のビーム・ライフル。サブユニット表面に接続されている。
大腿部ビーム・カノン
両大腿部に合計2門装備されている。元々はSガンダムの装備。通常のΖプラスが装備していた物の改良型。
大口径ビーム・カノン
両肩のブースター・ユニットに合計4門装備されている。砲身はある程度可動する。
ビーム・サーベル
一部ゲームで装備されている。装備箇所は不明だがニークラッシャーに収納されていると思われる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ΖプラスC1型
原型機。
Ζプラス
その他のバリエーション。
Sガンダム ディープ・ストライカー
本機はこの機体の随伴機として設計されていた。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]