百式改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
百式改
外国語表記 Hyakushiki-Kai
登場作品
デザイナー 藤田一巳
テンプレートを表示
スペック
分類 攻撃用試作型モビルスーツ
型式番号 MSR-100
頭頂高 19.2m
全高 19.2m
本体重量 39.2t
全備重量 63.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,015kW
スラスター総推力 93,500kg
装甲材質 ガンダリウムγ
センサー有効半径 11,500m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
テンプレートを表示

概要 [編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴモビルスーツ百式の改良型で、非可変モビルスーツとして設計し直す事で完成度を高めた超高級機体である。機体名称の変更に伴い、両肩部アーマーの文字が「百」から「百改」へと改められている。

総合性能の強化が図られ、頭部を大型化してセンサー機能を強化している。両肩部の上側にはハードポイントも設けられ、ここに武装を装着する事によって火力の増強も可能となっている。前腕部には新たに多目的ランチャーユニットが装備された。

機動性や運動性を更に高めるべく、両腕部の装甲を一部オミットするなど機体を軽量化すると共に推力を強化し、推進剤の積載量も増加させているが、その代償として軽量化を上回る程の重量増加を招いてしまっている。これを補う為、フレキシブルバインダー装備のバックパックに代わって背部にはΖガンダムのロングテール・バーニア・スタビライザーを発展させた新型バックパック「高機動デバイス」が設置された。

量産化も視野に入れ、ムーバブルフレームを改良して生産性を向上させたとする資料もあり、実際に量産型も開発されている。またフルアーマープランも存在する。

型式番号は複数あり、近年は「MSR-100」とされているが、当初は「MSR-100S」であった。この他にも「MSR-00100S」や「MSN-100S」とする資料もある。

登場作品と操縦者[編集]

Ζ-MSV
出典元。
機動戦士ガンダム シャアの帰還
地球連邦軍の地上軍やロンド・ベルに配備されている。
話の展開によってはシャア・アズナブルが本機を強奪する事もある。
機動戦士ガンダムUC テスタメント
『デルタの鼓動』にて登場している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ハードポイント
両肩部に備えている。
分離
ハードポイントに装備されている武装を分離可能。
換装
フルアーマー百式改に換装可能。
ハードポイントや多目的ランチャーユニットに装備されている武装を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
百式用に開発された携行武装。一年戦争時に一部の部隊で使用された物を基にして出力を向上させる等の改良を加えた結果、数倍にまで性能が跳ね上がっている。銃口からはビームサーベルも形成可能。
ビーム・サーベル
リアスカートに2本マウントされている接近戦用の武装。リック・ディアス用に開発された物を流用しており、本体部と同じエマルジョンの塗装剤を使用している為に金色となっている。デバイスは新規に開発され、性能自体は従来の物と大差ないがビーム発振ユニットの歩留まりが安定しているとされる。
多目的ランチャーユニット
両前腕部に内蔵。主にグレネード・ランチャーを搭載しているが、他の武装も搭載可能。
クレイ・バズーカ
大型の実弾兵器で、様々な弾頭を発射可能。マガジンはダブルカラム式で、装弾数は7+1発。
ちなみに元々「クレイ・バズーカ」は敵機の破壊ではなく粘着榴弾等を発射・着弾させて内部機構の動作不良を起こさせる武装の事なのだが、当初のエゥーゴがこの武装でそれらの弾頭を使い敵機を鹵獲していた事からこの名称で呼ばれるようになったとされている。
メガ・バズーカ・ランチャー
大型のメガ粒子砲。巡航形態への変形が可能で、自力での航行が行える。発射時の制御と管制にMSを必要とする。
威力は戦艦をも一撃で撃沈する程とMSが単機で携行可能な武装の中でも最大級だが、エネルギーの消耗も激しい。連射もできない訳ではないが、その為にはエネルギーパック代わりとなるMSを別に用意する必要がある。またその大きさ故に使用時には的になりかねず、戦場から離れた場所から攻撃を行う際にも伏兵への即時対応を可能とするだけの高い技量が要求される。
ゲームで登場した際によく装備している。
メガランチャー
携行武器。模型誌「B-CLUB」に当該武器を装備する本機のラフ画が掲載されている。

オプション装備 [編集]

パルス・レーザー砲
ハードポイントに装着可能なレーザー砲。各肩部に1基ずつ装備可能。
本来は「頭部に内蔵されている武装」という設定だった。模型誌「B-CLUB」に掲載されているラフ画では「ビームガンポッド」と記載されている。
ビーム・ガトリングガン
ハードポイントに装着可能なガトリング砲。各肩部に1基ずつ装備可能。携行武装とされる事もある。
こちらもいつの間にか設定が変わっており、本来は「ビームガン」と「ガトリングガン」。これらもハードポイントに装着されるオプション武装であった。模型誌「B-CLUB」に掲載されているラフ画では「ガトリングガンポッド」と記載されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

フルアーマー百式改
本機のフルアーマー形態。
量産型百式改
本機の量産型。
陸戦用百式改
陸戦仕様に改修された百式改。
百式
改良元。

余談[編集]

  • 機動戦士ガンダムΖΖ』に「百一式」と言う名で登場する予定だったらしく、放送当時の情報誌などに先行情報として掲載されていた。

商品情報[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]