2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

オーヴェロン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーヴェロン
外国語表記 Over.on
登場作品 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス
デザイナー 倉持キョーリュー
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 AGX-11
全高 20.5m
本体重量 40.2t
全備重量 66.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,950kW
スラスター総推力 135,800kg
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
設計 パプテマス・シロッコ
所属 クラン
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

パプテマス・シロッコジ・Oに次ぐ機体として考案したハンドメイドモビルスーツの内の一機。シロッコ存命中に実機は制作はされなかったが、シロッコの設計をベースにアナハイム・エレクトロニクス社が開発を行った。シロッコが戦後の象徴としてPMX-004と平行して開発を進めた機体であり、PMX-004の傍らに立つ機体として妖精の王「オベロン」の名称を与えられた。ネオ・ジオン軍からは「白のグリモア」と呼ばれている。

フィオリーナ・フィリーからマシロ・オークスの下に届けられ、紆余曲折を経て彼が搭乗する事になった。当初はジ・Oと似た外見の増加装甲が全身に装備されていたが、背部にコア・ポッドを接続した事で増加装甲がパージされ、ガンダムタイプとしての姿を表した。

過ぎた汎用性はオプションに分散し、本体は基本性能のみを追求するという思想の下開発されており、様々なオプションを装着可能[1]。機体はフィオリーナとリンクしているが、通常はリミッターがかけられており、ガンダムフェイスはフェイスガードで覆われ、角も閉じられている。マシロ搭乗時に特定の条件が揃う事でそれが外れる。その際にサイコフィールドらしき現象を引き起こしている事から、サイコミュに関するシステムが搭載されていると推測される。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス
主役機として登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
オプション装備を換装可能。ジ・Oタイプの増加装甲の他、メッサーラ用ブースターをオプション化するプランが確認されている。
分離
増加装甲を装備している場合はこれを分離可能。
隠し腕
両膝部に装備されている簡易マニピュレーター。ビーム・サーベルを保持できるためジ・Oと同じように奇襲攻撃が可能。増加装甲を装備している状態では使用不可。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・ショットライフル
本機独自形状のライフル。オーヴェロンが当初から装備していた武装。
ビーム・サーベル
両腕部に2基、両膝部に4基の計6基収納されている。
ヒート・シザース付きシールド
ヒート・シザースと拡散メガ粒子砲が内蔵されているシールド。当初はガンダム試作2号機のシールドを思わせる増加装甲が取り付けられていた。
拡散メガ粒子砲
シールドに内蔵されている大出力ビーム砲。通常時は拡散メガ粒子砲として使用されるが、グリモアが起動した際にはハイ・メガ・キャノン並の威力を発揮する。その際の威力推計は50MW。
ヒート・シザース
シールド先端に折りたたまれている武装。先端部クローからビーム刃を発生させる事も可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジ・O
偽装時の外見が酷似している。
タイタニア
本機と並行して開発されていた、妖精の女王の名を由来とする機体。
メッサーラ・グラシュティン
メッサーラ型のモビルアーマー兼オプション装備。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ジ・O型増加装甲もこのオプションの一つ。