グリプス戦役

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

グリプス戦役(Gryps War/Gryps Conflict)[編集]

宇宙世紀0087年~0088年にて行われたエゥーゴティターンズ、終盤はアクシズを交えた戦争で、『機動戦士Ζガンダム』の舞台となる。

30バンチ事件に代表されるようなティターンズスペースノイド弾圧と連邦内部での勢力伸長に対し、地球連邦軍の将校であったブレックス・フォーラが反連邦政府組織エゥーゴを結成してティターンズに対抗したのがきっかけとなり、ある意味では地球連邦内部の内乱ともいえる。

作中ではエゥーゴによるガンダムMk-II奪取以降、地球圏各地で激しい交戦状態となり、0087年11月16日、ダカールの連邦議会に置けるシャア・アズナブルの演説(ダカール演説)により、ティターンズの権威は失墜、最終的にはアクシズを交えてグリプス2を舞台に激しい戦闘が行われティターンズは壊滅、エゥーゴの勝利に終わった。

しかし、エゥーゴも膨大な戦力を失い、次は比較的戦力を温存していたアクシズと対決する事になり、『機動戦士ガンダムΖΖ』における第一次ネオ・ジオン抗争へと移行する事になる。

登場作品[編集]

機動戦士Ζガンダム
機動戦士Ζガンダム A New Translation

関連人物[編集]

エゥーゴ[編集]

ブレックス・フォーラ
ティターンズの専横に対しエゥーゴを創設した地球連邦軍の将校。連邦議会にてティターンズの非道を糾弾しようとしたが、ティターンズの手で暗殺された。
クワトロ・バジーナ
エゥーゴモビルスーツパイロット。その正体はジオン・ズム・ダイクンの遺子であり、地球圏に偵察に来ていたシャア・アズナブルで、ブレックスの死後、エゥーゴの中心人物となってダカール演説を行い、ティターンズの権威を失墜させたが、最終決戦で行方不明となる。
カミーユ・ビダン

ティターンズ[編集]

ジャミトフ・ハイマン
ティターンズを創設した地球連邦軍将校。ティターンズ総帥として地球連邦全体の実権掌握を謀ったが、パプテマス・シロッコにより暗殺される。
バスク・オム
ティターンズの実戦司令官。30バンチ事件等の残虐な事件を引き起こし、グリプス戦役終盤にレコア・ロンド(劇場版ではヤザン・ゲーブル)によって死亡した。
パプテマス・シロッコ
木星帰りのティターンズ軍人。ジャミトフを暗殺し、独自の行動を起こすが最終決戦にて、カミーユ・ビダンに倒され死亡。

アクシズ[編集]

ハマーン・カーン
ミネバ・ラオ・ザビ

関連用語[編集]

30バンチ事件
ティターンズによる毒ガスを用いたスペースノイド虐殺事件。エゥーゴ創設の切欠となった。
グリプス2
サイド7のコロニーであるグリーンノア2をコロニーレーザーに改造した姿。終盤の舞台となる。
アポロ作戦
ティターンズによるフォン・ブラウン市制圧作戦。
ダカール演説
エゥーゴダカールの連邦議会を制圧し、クワトロ・バジーナシャア・アズナブルであることを明かしてティターンズの非道を訴えた演説。この演説以後、ティターンズは急速に支持を失った。
ゼダンの門
ア・バオア・クーティターンズの拠点となった。
メールシュトローム作戦
アクシズからグリプス2コロニーレーザーを奪取する作戦。コロニーレーザーを渦のように取り囲むように遂行したことから名付けられた。

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]