第一次ネオ・ジオン抗争

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第一次ネオ・ジオン抗争(Neo-Zeon Conflict I/First Neo-Zeon movement)[編集]

宇宙世紀0088年~0089年にて行われたエゥーゴ及び地球連邦軍と、ミネバ・ラオ・ザビを擁するハマーン・カーン率いるネオ・ジオンとの戦争で、機動戦士ガンダムΖΖの舞台となる。別名「ハマーン戦争」、「第一次ネオ・ジオン戦争」。

一時はネオ・ジオンダカールを制圧し、ダブリンにコロニー落としを成功させ、地球連邦政府からかつてのジオンの本拠地であるサイド3の譲渡に成功したが、ハマーン・カーンに対するグレミー・トトを中心とした内乱が勃発し、最終的には双方陣営とも戦力を消失して、グレミーとハマーンもエゥーゴガンダム・チームの前に戦死、エゥーゴ地球連邦軍の勝利に終わった。

関連人物[編集]

ミネバ・ラオ・ザビ
ドズル・ザビの忘れ形見。ハマーン・カーンに擁されるが、実はこの時点では影武者で、本物はシャアの元にいた。
ハマーン・カーン
ミネバを擁し、ネオ・ジオンを率いた。最期は、ジュドー・アーシタによって死亡。
グレミー・トト
ハマーンに対し、反乱を起こす。最期は好意を持ったルー・ルカによって死亡。

関連用語[編集]

ジオン公国
ジオン軍
ジオン共和国
袖付き
第二次ネオ・ジオン抗争

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]