第二次ネオ・ジオン抗争

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二次ネオ・ジオン抗争(Second Neo-Zeon movement)[編集 | ソースを編集]

宇宙世紀0093年に勃発した地球連邦軍シャア・アズナブル率いるネオ・ジオンとの戦争。「シャアの反乱」、或いは「第二次ネオ・ジオン戦争」とも呼ばれる。

事の発端は、グリプス戦役以来歴史の表舞台から姿を消していたクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルが、反地球連邦組織やジオン残党を併合した新生ネオ・ジオンを結成し、宇宙世紀0092年12月22日に難民用コロニー「スウィートウォーター」を占拠した事に始まる。シャアは0093年2月27日にテレビのインタビュー番組内で地球連邦政府に対して事実上の宣戦布告を宣言した。

これに対して連邦政府高官ジョン・バウアーロンド・ベルを支援し、より実戦的な部隊として再編。同時に、シャアと因縁深いアムロ・レイの専用機としてνガンダムの開発をアナハイム・エレクトロニクス社へと発注した。

シャアはアースノイドを粛清し、人類全てを宇宙へ上げる目的で地球寒冷化作戦を実施し、その第一段階として宇宙世紀0093年3月3日に小惑星フィフス・ルナを当時の連邦の中心であったラサに落下させて壊滅させる。その後、ロンデニオンにおける会談で連邦政府高官はアクシズをネオ・ジオンに譲渡する事を条件に和平交渉を成立させるものの、ネオ・ジオン軍はルナツーを急襲してそこに貯蔵されていた核弾頭を強奪。アクシズの地球への落下を目論んだ。

ロンド・ベルのはアクシズの地球落下阻止の為の作戦行動を展開し、小惑星内部への破壊工作によってアクシズを2つに分断する事に成功するが、結果としてアクシズ後部は地球への落下が不可避となる。アクシズの落下を防ぐべく、アムロ・レイを筆頭に両軍のモビルスーツパイロット達がアクシズに取りつき、最後はνガンダムサイコフレームの共振によってアクシズは地球の重力圏を離れ、宇宙世紀0093年3月12日、第二次ネオ・ジオン抗争はシャアの宣戦布告から一ヶ月足らずで終結した。

アクシズ落下阻止によって、アムロとシャアの2名は行方不明となる。また、そのサイコフレームが見せた不可解な現象は戦後アクシズ・ショックと称される事になるが、二人のニュータイプによる人身御供により物理法則をを覆したその現象はまさに神の所業であり、神の世紀を捨て宇宙世紀へと移行した事実を重視する連邦政府高官達は、戦後処理の一環としてアクシズ・ショックのニュータイプの関与を否定させた。

シャア率いるネオ・ジオンはこの抗争を以って壊滅する事になったが、残存戦力は他のジオン残党と合流し、袖付きへと再編される事になる。

登場作品 [編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
初出作品。アムロとシャアの最後の対決が繰り広げられた。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
戦争の顛末は映画本編と概ね同一。
機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー / 小説 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
戦争が勃発する前のスウィートウォーターにおけるロンド・ベルとシャアの動向が描かれており、文庫版の書き下ろし部分では映画本編と同様に戦争勃発後の物語も描かれている。

関連人物[編集 | ソースを編集]

ネオ・ジオン[編集 | ソースを編集]

シャア・アズナブル

地球連邦軍 / ロンド・ベル[編集 | ソースを編集]

アムロ・レイ
ブライト・ノア

地球連邦政府[編集 | ソースを編集]

ジョン・バウアー

関連用語[編集 | ソースを編集]

第一次ネオ・ジオン抗争
本抗争の3、4年前にエゥーゴハマーン・カーン率いるネオ・ジオン間で勃発した軍事衝突。
サイコフレーム
νガンダム及びサザビーに採用された特殊サイコミュ素材。本抗争の終盤において重要な役割を担った。
アクシズ・ショック
νガンダムを中心としてサイコフレームの共振によって発生した不可思議現象。
ラプラス事変
本抗争の5年後に連邦軍とフル・フロンタル率いる袖付きの間で発生した軍事衝突。

リンク[編集 | ソースを編集]