ブライト・ノア

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブライト・ノア(Bright Noa)[編集]

概要[編集]

地球連邦軍の軍人。まとめ役だったり叱責役だったりと苦労人。 一年戦争時は大人(正規軍人)からは子供と扱われ、ホワイトベースのクルー達からは大人として見られるという立場であった。
一年戦争後も艦長としての立場からいつも損な憎まれ役で、シリーズを通して「仕事一筋の真面目な軍人」というポジションは変わりない。 彼が乗り込む艦に常にニュータイプが搭乗することから彼自身もニュータイプではないかと目されていた。ニュータイプはニュータイプを感知し、引き合うためである。
しかし一年戦争時にアムロの思念を読み取ることがあったものの、7年後のグリプス戦役前後にはカミーユ・ビダンの強烈な思念が放出されたときにのみ反応し、機動戦士ガンダムUCではマリーダ・クルスの思念を読み取れなかったことから、その能力は残念ながら開花することなく失われてしまったようだ。

一年戦争後にミライ・ヤシマと結婚して二児をもうけている。家族とはいつも宇宙と地球で離ればなれになっておりなかなか会うことができなかったが、時折家族から送られてくるビデオメッセージに涙ぐむこともあるなど家庭を大切にしている姿も見られた。
細君であるミライの鋭い勘を「あれはニュータイプのようなもので」と語っているが、おそらくはそれだけ気の付くよい奥さんということなのだろう。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム
士官候補生として新造艦ホワイトベースに乗り込むが、シャア・アズナブル率いるジオン軍部隊の急襲により、艦長のパオロ以下正規の軍人が軒並み負傷したため、なし崩し的に艦長になってしまった(パオロは負傷のため途中で降りた)。19歳の冬の出来事であった。リュウ・ホセイ亡き後、及びスレッガー・ロウ戦死の後はホワイトベース唯一の正規軍人で、19歳の若さ故に苦労する場面も多かったが、数多くの激戦を経て艦長として成長していった。
機動戦士Ζガンダム
一年戦争後、ミライ・ヤシマと結婚し二児の父親となる。軍人としては当時のブライトの年齢としては破格の中佐に昇進していたが、やはりアムロやハヤト同様に閑職である連絡船“テンプテーション”の船長を勤めていた。
しかし、色々あってエゥーゴに参加。戦艦アーガマの指揮を取り、グリプス戦役を戦い抜いた。
機動戦士Ζガンダム A New Translation
機動戦士ガンダムΖΖ
引き続きアーガマ艦長としてネオ・ジオンと戦うが、エゥーゴや連邦高官の意向もあって途中で艦を降りる。
Ζガンダムを奪いに来たジュドーに跳び蹴りされたり、エマリー・オンスに好意を寄せられて不倫疑惑が浮上するなどいまいち締まらないエピソードが多いが、最終話で連邦軍人たちの不甲斐なさに憤るジュドーに「気に入らないなら、俺を殴って気を済ませろ」と言って屈託を受け止めてみせた。その後吹っ飛ぶくらいに思いきり殴られる。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
連邦軍の外郭独立部隊「ロンド・ベル」の旗艦ラー・カイラムの艦長となりネオ・ジオンと戦う。工作部隊を自ら指揮し、アクシズ内部に潜入して爆破しようとした。
機動戦士ガンダムUC
地球連邦軍の指示で「ラプラスの箱」捜索の指揮を執る。乗艦する船にことごとくニュータイプが乗り込んだことから、将来的にはニュータイプ部隊の指揮官と目されているが、本人はその気はないようだ。ラプラスの箱の「鍵」の所有者として悩むバナージに道を示した。
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
地球降下後、ケネス准将から基地の業務を引き継ぐ。マフティー処刑はケネス准将が担当した為この時はマフティーの正体は知らなかった。後にマフティーの正体が実子のハサウェイ・ノアだった事が新聞に載せられたがその時にはブライトは退役寸前だった為、この事件の真実を探ることは出来なかったようである。(とケネスは推測していた。)

人間関係[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

アムロ・レイ
部下。ファースト前半は子供であるアムロに対して自身がやや未熟ながらも大人及び軍人としての厳しい態度をとった為に修正事件などかなり険悪な雰囲気になり、問題が起きることもあったが、後半はそれなりに良好となっている。時を経た『逆襲のシャア』では多大な信頼を持つ腹心の部下であり、対等の戦友である。
ミライ・ヤシマ
部下。戦後、結婚する。
リュウ・ホセイ
部下。初期ホワイトベース隊における彼の一番の理解者であり、また士官候補生時代からの戦友であるが故に彼の死に号泣した。精神的な支えであった彼を失った心労からか、ブライトは一時的に体調を崩してしまう。ホワイトベース乗組員達の頼れる兄貴分だった彼を失ったことで、指揮官であるブライトとクルー達をつなぐ役がいなくなり、一時は空中分解も危ぶまれるほどであったが、後に結束を強める契機となった。
スレッガー・ロウ
部下。一応、恋敵の関係とも言えるが、互いの信頼は厚い。
カイ・シデン
部下。ファーストでは不真面目な態度を取る彼をアムロ同様に修正する一幕も。Ζ以降は特に再会する場面はないが、OVA版機動戦士ガンダムUCで共演。「腕はいいが大のジオン嫌い」とスベロア・ジンネマンに紹介するなど、一年戦争後も付き合いはあったことが伺える。
ハヤト・コバヤシ
部下。ΖΖでは戦死したカツの部屋を見にアーガマに訪れた際にブライトと再会した。
セイラ・マス
部下。ファースト序盤は彼女に気がある素振りも見せていた。またΖΖラストにて再会し、シャアの不穏な動きを知らされる。
カムラン・ブルーム
ミライの婚約者。彼からミライを奪うことにはなったが、仲は悪くない。第2次ネオ・ジオン抗争時には、核ミサイルを提供してもらう。
シャア・アズナブル
一年戦争では何度も対峙し、グリプス戦役では戦友同士である。『逆襲のシャア』では再度敵味方に分かれ、お互いに実力を認めている好敵手となる。
ランバ・ラル
漫画版では彼に引導を渡した。

機動戦士Ζガンダム[編集]

カミーユ・ビダン
彼を評してアムロの再来だと言った。ただカミーユはクワトロとの繋がりが大きい為、アムロやジュドー程絡みは少ない。
ヘンケン・ベッケナー
アーガマのキャプテンを彼から奪う形になってしまうが、互いに最後まで信頼しあっていた。
トーレスサエグサ
部下。
ハサウェイ・ノア
息子。『閃光のハサウェイ』の主人公でもある。クライマックスではお互いに不幸が訪れることになる…。
チェーミン・ノア
娘。
バスク・オム
エゥーゴに参加する前の序盤、居住区のあるグリーンノアでマークⅡのテストを行った事に対して異議を申し立てたが、一般の連邦軍人には関係無い事だと突っぱねられた上に殴打される。
カクリコン・カクーラー
バスクに引き続き、階級が下である筈の彼にも殴られる。
エマ・シーン
部下。

機動戦士ガンダムΖΖ[編集]

ジュドー・アーシタ
アムロ、カミーユに続いて出会った三人目のニュータイプのガンダム乗り。最終回では連邦の無能振りに激怒する彼に敢えて殴られると言う大人の度量を見せた。
エマリー・オンス
ラビアンローズの艦長代理。不倫疑惑あり。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

メラン
アデナウアー・パラヤ
シャアにアクシズを売った彼の行動を非難した。

機動戦士ガンダムUC[編集]

バナージ・リンクス
ラプラスの箱を取り巻く濁流に飲み込まれ、真実に向かおうとする勇気を失いつつあったバナージを鼓舞する。誰よりもニュータイプを近くで見続けてきたためか、バナージの「勘」をすんなり信じたり、その「意思」を汲み取って、背中を押した。
リディ・マーセナス
部下。リディの不用意な一言から彼の本心を看破し、叱咤する。相手がマーセナス家の人間だろうと軍では通用しないという彼らしい真面目なところを見せつつも、一方でリディにも家の損得ではなく自分の意思に従え、と家柄の呪縛を断ち切るよう示唆した。
トライスター
鼻っ柱の強い問題児達だが、リーダーのナイジェル・ギャレットも「上が阿呆でも下は信じて従うだけ」という放言を臆面もなく言い放つが、「その点に関しては俺たちはツイてる。直属の上司にだけは恵まれたからな」と、ブライトには心服していることが伺える。
のちにビスト財団のエージェントが乗り込んできたときも、ブライトの意向に沿うように妨害するなど、その力量に関しては全幅の信頼を置いていることが伺える。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ[編集]

ケネス・スレッグ
ブライトにマフティーの正体がハサウェイであるという事実を知らせぬ為に奔走するが……。

名台詞[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

「殴ってなぜ悪いか?貴様はいい、そうしてわめいていれば気分も晴れるんだからな!」「それが甘ったれなんだ。殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか!!」
有名な「二度もぶった……親父にもぶたれたこともないのに!」の呼び水となったブライトの叱責。まだ新米指揮官としておぼつかないブライトは、ホワイトベースの物資が底をつきかけている厳しい現状を重く見て、その打開策を模索していた。しかし独自行動での具体的な策はなく「ホワイトベースを捨てる」という選択肢すら提示されるような危機的状況だった。一方、頼みの綱であるアムロ・レイに対しては可能な限り待遇を良くするよう優先的に食料を配給するなど配慮していた。だが、度重なる戦闘で鬱状態になっていたアムロが求めていたのはパイロットとしての待遇ではなく、(戦わなくてもいいという)安心や賞賛であったため、この認識の差が二人の間に大きな溝を作ってしまっていた。ブライトはブライトなりに気を使っていたが、お互いの思惑がすれ違っていたためアムロの態度が「わがままを言っている子供の振る舞い」に映り、また前述のホワイトベースの状況、頼れるものがアムロしかいないという事実に対してなんら有効な手立てを提示できない自分への苛立ちもあって、手を上げてしまった。それにしても19歳の新米艦長とは思えない男らしいセリフである。
「憎んでくれていいよ。ガンダムの整備をしておけ。人を使ってもいい。アムロ!君が中心になってな!」
ガンダムをアムロに任せたときのシーン。
「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!!」
ギレンの演説を聴いたあとの台詞。
「よし。湖を回るほうが抵抗が少ないと考えようか」/「笑うなよ」
第16話「セイラ出撃」より。度重なる激戦で物資が不足気味のホワイトベースは「塩」を入手すべくカン湖へと進路を取る。その際、マ・クベの部隊との遭遇の可能性を知りつつも欺瞞めいた言い回しをミライから「らしくない」と微笑みかけられ。確かにブライトにしてはこのような指揮を執るのは珍しい。それまでは作戦目標を最優先して艦内の士気などを気遣うことはなかったが、このあたりから優れた艦長としての大器を見せ始める。
「急降下してふりきれっ、よけたらガンダム出動だ!」
冒険王の漫画版における迷台詞。
その後、見事な急上昇で敵の攻撃に被弾した。

機動戦士Ζガンダム[編集]

「アムロの再来だ。もしあいつが操縦しているのなら」
どうみても普通の学生にしか見えないカミーユがマークⅡを操縦してしまったのを見て、かつてのアムロに重ね合わせた台詞。
「貴様上官に向かって!」
ティターンズバスク大佐に抗議しに行ったら、階級が下のカクリコン・カクーラーに殴られたシーン。本来なら口答えするだけでも修正、手を上げるなど軍法会議ものなのだが「ティターンズは地球連邦軍とは指揮系統が違う」と突っぱねられる。この傲慢さがティターンズの本質。のちに機動戦士ガンダム00セカンドシーズンで同様のシーンがある。
「左舷(さげん)砲撃手、弾幕薄いぞ!何やってる!」
機動戦士Ζガンダム』38話にて。「弾幕薄いぞ!何やってん!」は実はただしくなかったりする。

機動戦士ガンダムΖΖ[編集]

「いや、不倫は…」
第15話より。ムーン・ムーンの兵士から体を張ってエマリーを庇い、その時にエマリーからいい感じに迫られた時に発する。流石にブライトとてこの時点でエマリーの想いを気付いていたが、一方で不倫になりかねない事も認識している。
「まっ待ちたまえ、エマリー君!私はっ艦長だ、いつも艦長として…」
第15話に引き続いて第16話では自身の艦長室においてエマリーに強く迫られる事になり、相当焦った状態となってしまう。一応は部屋にあった家族の写真を見てギリギリ平静さを保っていたが。
「煙にまかれて涙を流しにきたのさ…」
ダブリンでジュドーとともにネオ・ジオンの攻撃による火事に巻き込まれ、現地で看護婦をしていたファに助けられた際にダブリンにいた理由を問われての台詞。この時は不用意にネオ・ジオンとの融和策を取る連邦の偉い方に対する反論が受け入れられず、ジュドーが暴れたせいとはいえ地下室に閉じこめられていたという状況であり、挙げ句に危険性を指摘したネオ・ジオンに攻撃された事もあって、それらの憤りもあったと思われる。
「分かっている。気に入らないなら、俺を殴って気を済ませろ!」
最終決戦後、やっと援軍に来た連邦軍とエゥーゴの艦隊に激怒するジュドーに対して言い放った台詞で、思いっきりジュドーに殴られる事になる。エゥーゴの中央部にいながら手早い援軍をジュドー達に送る事が出来なかった不甲斐なさと責任を自覚し、あえて殴られた事により一人の大人としての責任を果たそうとした。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

「すまんが、みんなの命をくれ」
クルーに対するブリーフィングの最後にブライトが言ったセリフ。これに対するクルーたちの返答は「無言の敬礼返し」であった。非常に格好いいシーンであり、同時にブライトに対するクルー全員の絶大な信頼を現わしている。
「ラー・カイラムでアクシズを押すんだよ!!」
シャアの作戦が成功し、地球の重力に引かれて落ちていくアクシズを前に。これにクルーは「無茶いわんでください!」と必死の制止。確かに無茶もいいところ。あの冷静なブライトですら無理難題を言い出すほどに「故郷」を守ろうとした。そんな人々の思いを受け、νガンダムは光を放ち…。

機動戦士ガンダムUC[編集]

「その時、君の目の前にガンダムがあったのは偶然かもしれない。今までガンダムに乗ってきた者も皆そうだった。だが、ガンダムに乗るかどうかは自分で決めたことであって、偶然ではないはずだ。違うか?」
「かつてガンダムに乗った者たちと同じく、君もガンダムに選ばれたのだと思いたい。いつもそれは、結果的に必然だった…善くも悪くも、な」
「絶望を退ける勇気を持て。君がガンダムのパイロット…『ニュータイプ』であるなら」
連邦に捕まり迷走するバナージを勇気付けた一連の台詞。これまで最も多くのガンダムパイロットと関わってきたブライトだからこその台詞。バナージはこの言葉に勇気付けられ、ユニコーンと共に革新し始める。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ  [編集]

「そうでもないさ。歴代のガンダムは、連邦軍にいても、いつも反骨精神をもった者がのっていたな。そして、ガンダムの最後は、いつもこうだ。首がなくなったり、機体が焼かれたり、バラバラになったり……。しかし、反骨精神は、ガンダムがなくなったあとでも、健在だったものだ」
捕獲したΞガンダムを見たメカニックマンから「不穏分子が使うモビルスーツに、ガンダムという名称をつかうなんて、許せないでしょう?」と言われて。

迷台詞[編集]

その他[編集]

「君に連邦仕官になり、ガンダムを動かしてほしい。このバッジを……受け取ってくれるか?」
「わかった…ルナツーへの医療用シャトルが出る。君はそれに乗って艦を降りろ」
PS用ソフト『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』のステージ2開始直後の1シーンより。プレイヤーにバッジを受け取らせようと手を差し出すのだが、即座に手を引っ込めてしまい、そのままゲームオーバーに。その間、たったの1秒。どう見てもバッジを見せたかっただけにしか見えない。一応、手を差し出すムービーが入る前に入力受付が入るのだが、普通の会話シーンということもあり、うっかりして気づかないのがオチ。完全に初見殺しなシーンである。
「一斉射撃でガウを撃ち落すから、流れ弾に当たらんよう注意しろ!できれば、奴が突っ込む前に何とかしてコースを変えてくれ!」
同ゲームのステージ3終盤にて。ガウで特攻をかけようとするガルマを撃ち落そうとするのだが、ガンダムが乗っかっているガウに向けて多数のミサイルを撃ち込んでくるという無茶にも程がある展開。もちろん、操作ミスをしようものなら容赦なくフレンドリーファイヤーで撃墜となる。ガウのブリッジを破壊せずに離脱すれば特攻が成功するので、ある意味仕返しになる。

搭乗機体・関連機体[編集]

ホワイトベース
テンプテーション
アーガマ
ネェル・アーガマ
サラミス改級
ラー・カイラム

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]