核ミサイル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

核ミサイル(Nuclear Missile)[編集]

現実に存在している、(21世紀初頭の時点で)人類史上最強の兵器。統合的には「核兵器」と呼称される。
兵器としての破壊力は勿論、環境や人体に甚大な悪影響を及ぼす為、禁忌とされている。よく退廃した世界を作るためフィクション作品でも使われる(有名な例は、世紀末救世主を扱ったアレ)。

威力については誤解はあるが、実際の全ての核兵器が都市を壊滅出来る威力を持つ訳では無く、冷戦時代には戦場での使用を想定した威力の抑えられた(それでも大半の通常兵器よりは破壊力に勝る)核兵器も配備されている。現実的には不可能だが、2009年初頭には、最も強力な核兵器である水素爆弾の二兆倍の威力があれば、の質量を外的に消滅させる事が可能という研究も発表された。

関連用語[編集]

原子爆弾
人類史上初の核兵器。核分裂反応を用いる。実際は製法や材料によって様々に分類される。
水素爆弾
熱核爆弾とも呼ばれる。核融合反応によりその破壊力は原爆をさらに上回る。現状技術では起爆に内蔵した原爆を用いる。
ICBM
大陸間長距離弾道ミサイル。弾頭に原水爆(核弾頭)を搭載したものがいわゆる「核ミサイル」である。
ニュートロンジャマー
核分裂を抑制する機能を持つ。SEEDの原作中では、これによって全ての核兵器は無力化され、抑止力として機能していたが、更にこれを無効化する『ニュートロンジャマーキャンセラー』が中盤を過ぎた頃に登場した。なお核融合は抑制できない。詳しくは後述。
ニュートロンジャマーキャンセラー
ニュートロンジャマーを無力化する装置。ザフト軍が開発した2機の新型機・フリーダムジャスティスに搭載された。後にそのデータがクルーゼの手によって連合に漏洩。核ミサイルが再び戦場に現れる事になる。
ガンダム試作2号機
核を使用した印象が最も強いMS。ただし、この機体が使うのは『核ミサイル』ではなく、『アトミックバズーカ』である。0083で使用した際はソロモン(コンペイ島)に終結した艦隊の過半を消滅させるほどの威力をもっているが、さすがに自軍で使用する際はそこまでの威力はないようだ。
メビウス
核ミサイルを搭載したボンバータイプが存在する。「血のバレンタイン事件」を引き起こす原因となった機体である。また、SEED終盤でもザフトの要塞「ボアズ」を陥落させ、プラントに対しても核ミサイルを放っている。
ウィンダム
核ミサイル搭載マルチストライカーパックが用意されており、劇中でも使用されている。ヘタをすると自軍にも危険が及ぶためか、ご丁寧に核マークが描かれている。
ジェネシス
Nジャマーキャンセラーの登場で使用できるようになった、れっきとした核使用の兵器である。
ネオ・ジェネシス
ジェネシスの改良版。小型化されて威力は落ちているが、ミラーの交換の必要がなくなり連射速度が上がり運用性が向上している。要塞「メサイア」と一体化している事で破壊され難くなってもいる。

核を使用したキャラクター[編集]

その破壊力や環境などへの影響から、敵側が使うことが多いイメージがある兵器だが、意外と味方側のキャラも結構使っている(もちろん、好き好んで使っているわけではないだろうが)。

ティアンム
一年戦争開戦初期の一週間戦争で、コロニー落としを阻止する為に核ミサイルによる迎撃を意図するが、ジオン軍に阻止されてしまう。
ナダ・チノミ
一週間戦争で地球への落下コースに入ったアイランド・イフィッシュを破壊する為に内部で核兵器を起爆。自身は戦死するが、コロニーの分断に成功し、ジャブローへの直撃を防いだ。
マ・クベ
一年戦争時代、オデッサの戦いにおいて戦況不利になった終盤に連邦に退かせようと水爆使用を通告するが、レビルが拒否、実際に発射するがアムロによって阻止される。
アナベル・ガトー
ソロモンに観艦式中の連邦軍艦隊をアトミックバズーカで撃滅した。
ブライト・ノア
第二次ネオ・ジオン抗争において核ミサイルを使用。シャアに「やるな、ロンド・ベル!」とまで言わしめた。
ロラン・セアック
『人を殺す為』でも『敵を討つ為』でもなく、純粋に『人を救う為』に核を使用した数少ない人物。
ムルタ・アズラエル
プラント攻撃へはなんの躊躇もなく使用。ただ、宇宙のみの使用で、地球上で使用はしてない。「青き清浄なる世界の為に」というスローガンにコーディネイターが住む宇宙は含まれていない、という事を明確に示唆している。
パトリック・ザラ
連合軍に対してジェネシスを使っている。作中では二発を発射し、一発目でヤキン・ドゥーエに押し寄せた地球連合艦隊の40%を焼き払い、二発目で補給を兼ねた第二陣の攻撃隊を月面のプトレマイオス基地諸共一撃で消滅させた。三発目を大西洋連邦首都ワシントンD.C.に狙いをつけるが部下の反乱で放つ事が出来なかった。
ギルバート・デュランダル
メサイア攻防戦で使っている。その中でオーブ艦隊の半数を消滅させるも友軍を巻き込んでいる。

関連人物[編集]

ジョン・コーウェン
地球連邦軍中将。ガンダム開発計画の責任者で軍では良識派とされるが、同時に核搭載のガンダム試作2号機を製作した責任者でもある。結果として核は奪われ連邦軍艦隊を壊滅させ、自身の失脚が後のティターンズ台頭を許している。
カムラン・ブルーム
機動戦士ガンダム』に登場する元ミライの婚約者で連邦政府監査官。『逆襲のシャア』ではロンド・ベルに対し「博物館行きのシロモノ」の核ミサイル(ただし威力は充分あった)を渡している。終身刑間違いなしの重罪と本人は言っているが、戦後どのような処分を下されたかは描かれていない。

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]