ウィリアム・サザーランド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリアム・サザーランド(William Sutherland)[編集]

概要[編集]

地球連合軍最高司令部統合作戦室所属の上級将校。階級は大佐。

アラスカ基地到着時のアークエンジェルの審議・指揮を一任されていた様である。実は反コーディネイター組織ブルーコスモスの一員で、アズラエルの片腕といってもいい人物。それ故にコーディネーターであるキラ・ヤマトストライクガンダムに搭乗して戦果を挙げたという事実を好ましく思っておらず、アークエンジェルに対しても査問会で厳しく糾弾している。

オペレーションスピットブレイク時は事前にアズラエルから入手した情報を利用し、アラスカ基地最深部にサイクロプスを設置。基地守備隊を囮にザフト軍部隊を誘い込みサイクロプスを作動し、ザフト軍MS部隊の8割を壊滅させることに成功。後の反攻作戦成功の大きな要因となる。第三次ビクトリア奪還作戦に参加したようで、アズラエルに対し、量産型MSストライクダガーの性能の良さについて言及、共に宇宙に上がった。

その後は核攻撃部隊ピースメーカー隊を指揮し、ボアズへの核攻撃を成功させる。漫画版『機動戦士ガンダムSEED Re:』の描写によると血のバレンタイン時のユニウスセブンへの核攻撃に続く、サザーランド指揮部隊の二度目の核攻撃である。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦時はプラント本国への核攻撃を三隻同盟に防がれ、最期はイザークデュエルガンダムに艦橋をグレネードランチャーで撃たれ戦死した。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED

人間関係[編集]

ムルタ・アズラエル
ブルーコスモスの同志。地球連合軍の中でもコーディネーター殲滅を志す過激派である。
キラ・ヤマト
味方でありながらコーディネーターであり、戦果を重ねる彼を快く思っていない。

名台詞[編集]

青き清浄なる世界のために。

奴らがいるから世界は混乱するのだよ。 道は開いたようですな、ピースメーカー隊発進します。

搭乗機体・関連機体[編集]

アガメムノン級

リンク[編集]