パトリック・ザラ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

パトリック・ザラ(Patrick Zala)[編集]

アスラン・ザラの実父で、プラント評議会国防委員長であり、後にプラント最高評議会議長を兼任。

プラント評議会強硬派の筆頭であり、血のバレンタイン事件でアスランの母でもある妻のレノアを失った事もあってナチュラルに対する憎悪が強く、コーディネイターの出生率低下についてもシーゲルのナチュラルへの回帰を聞き入れず、コーディネイターの英知で対処できると考え、故に穏健派であるシーゲルとの対立を深める。

プラント最高評議会議長就任後はフリーダム強奪事件を利用してシーゲルを暗殺し、アラスカ基地攻略戦を強行する。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ではクルーゼの暗躍もあり大量破壊兵器ジェネシスの発射するまでに至ったが、諫言したレイ・ユウキに撃たれて死亡した。

他メディアでもほぼ同じ末路だが、コミックボンボンの漫画版のみ先にアスランのジャスティス自爆によるジェネシス破壊が発生し、アスランの自らの命をかけて地球を救おうとした姿に感化された(元々ジェネシスの地球狙撃に疑問を持っていた)部下達の反乱で周囲を取り囲まれてしまうという末路を迎える。ボンボン版ではアスランの説得に「レノアのいない世界など必要ない」と発言するなど、原作より人間味のある人物となっている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED

人間関係[編集]

アスラン・ザラ
息子だが、パトリックはアスランを命令通りに動く機械のようにしか見ていなかった。
レノア・ザラ
妻。彼女の死はパトリックのナチュラルへの敵意、憎悪をさらに増すこととなった。
シーゲル・クライン
政敵であり盟友でもあったが、路線の違いで決定的に対立することになる。
ラウ・ル・クルーゼ
腹心の部下と思っているが、実際はクルーゼの方がパトリックを利用していた。
アンドリュー・バルトフェルド
「奇跡の生還を果たした英雄」の実績を買いエターナルの艦長に任命するが、裏ではクライン派に参画していた。
サトー
直接的な関係があったかは不明だが、パトリックの取った道を唯一の正しき道として後に「ブレイク・ザ・ワールド」を引き起こす。

名台詞[編集]

「終わるさ、ナチュラル共が全て滅びれば戦争は終わる!!」
「これはそのための戦争だ!我等は、そのために戦っているんだぞ!それすら忘れたか、お前はァ!!」
キラと再び分かり合えたアスラン。それでも、ナチュラルへの憎悪を未だ燃やし続ける父への思いは残っており、一縷の望みをかけて説得に向かう。だが、待っていた父は狂気によって変貌しており、言葉を交わすどころか自分に意見する息子さえも既に邪魔者としか見ていなかった。結局のところこれが父と息子の決定的な決別へと繋がってしまう。
「フン…奴らが、敵がまだそこにいるというのに、何故それを『討つな』と言う?」
「討たねばならんのだ、討たれる前に!敵は滅ぼさねばならん!何でそれが分からん!?」
地球を目標にしたジェネシスの三射目の準備が完了した直後、発射停止を進言してきたレイ・ユウキを撃ち倒し、射線上の味方への退避勧告も行わずに発射シークエンスを強行した。この時のパトリックにはもはや憎しみと勝利への執着しか残されていなかった。
「撃…て……ジェネシス……」
「我らの世界……奪っ…報い…」
レイに撃たれ、アスランに看取られながら絞り出した最期の言葉。パトリックは死の直前までジェネシスの発射、ナチュラルへの報復しか見えておらず、最後まで実の息子の顔を見ようともしなかった。

搭乗機体・関連機体[編集]

ジェネシス

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]