メビウス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

TS-MA2 メビウス(Moebius)[編集]

地球連合軍の主力量産型モビルアーマー。機動性は良好で、直線速度ならMS以上。2基のメインスラスターユニットを持ち、フレキシブルな稼動が可能。通常装備のノーマルタイプと核ミサイル装備のボンバータイプがある。しかし、MS相手では歯が立たず、ザフトのジンとの戦力比は3:1と言われる。C.E.73時点でも二線級ながら実戦投入が確認されているが、次世代機のユークリッドの配備が進み、随時退役しているものと思われる。

試験的にミラージュコロイドを搭載した機体や、試製ロングレンジビームキャノンを搭載した機体といったバリエーションも考案されている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED
地球連合軍の主力機。劇中ではジンに後ろを取られて撃たれたり、上に乗られて零距離から撃たれたりと頻繁に撃墜されている。しかし、大戦末期には連合軍でもMSが実用化されたこともあり、本来の戦い方である一撃離脱戦法に徹する事が可能となり、ボアズを核攻撃で壊滅させるなど活躍した。また、オーブ所有のコロニー「ヘリオポリス」でも防衛用に若干数が配備されている。
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
叢雲劾が搭乗し、ロウ・ギュールの乗るブルーフレームと交戦している。
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
カナード・パルスが搭乗。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ミラージュコロイド
可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。これを磁気で機体周囲に纏うことにより、視覚的および電波的にも自機の存在を隠匿する事が可能。ただし、コロイド粒子を機体の周囲に電磁気で定着させているため、電力消費が著しいという欠点がある。
『ASTRAY』にて試験的に装備された機体が登場している。

武装・必殺攻撃[編集]

40mmバルカン砲
機体に2門内蔵されている武装。
対装甲リニアガン
機体中央部に1門装備された実弾兵器。ノーマルタイプの主兵装。
有線誘導式対艦ミサイル
機体下部に4発装備されている対艦用の武装。
Mk5核弾頭ミサイル
機体中央部に1発装備される武装。ボンバータイプには、これとバルカンぐらいしか武装がない。
45mmガトリング砲
機体中央部に1基装備される。
試製ロングレンジビームキャノン
機体中央部に1門装備。その名の通り、試作型の武装。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

メビウス・ゼロ
デチューン前のメビウス。有線制御式武装ポッド「ガンバレル」を装備し、優れた空間認識能力を持つパイロットでしか扱えない。
ミストラル
以前の主力機。
ユークリッド
次世代機。

商品情報[編集]

リンク[編集]