2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY(Mobile Suit Gundam SEED X ASTRAY)[編集]

機動戦士ガンダムSEEDのPHASE-46~47の間にある空白の2ヶ月間に起こった出来事を語ったストーリー。前作のキャラクターも引き続き登場する。ちなみに本編の穴埋めをするためのストーリーではなく、あくまでアストレイのオリジナルストーリーである。

この作品に登場したハイペリオンとドレッドノートは、大河原邦男氏がこの漫画のために書き下ろした。漫画のためだけに機体を書き下ろしたのは今回が初めて。

登場人物[編集]

プレア・レヴェリー
本作での主人公の一人。彼自身はクローンであり(劇中ではハッキリしなかったが、少なくとも空間認識能力者のクローン)、最終話にて死亡する。しかし、思念体が続編の「DESTINY ASTRAY」などで登場しており、ASTRAYのララァ・スンみたいな立ち位置。
カナード・パルス
連合所属だがコーディネイターで、スーパーコーディネイターの失敗作。唯一の完成体であるキラ・ヤマトを倒す事が目的。なお、一部ゲームではキラ役の保志総一朗氏が声を当てている。最終回にて、キラには会えたが、すれ違うだけで何もせずに立ち去った。「DESTINY ASTRAY」では傭兵として登場する。
バルサム・アーレンド
自称「アルテミスの荒鷲」。カナード搭乗の半壊ハイペリオンに敗北する。カナード戦が初実戦で、それまではシミュレーターしか戦いを行った事がない、戦場を舐めきったキャラ。おまけにシミュレーターで撃墜した敵機の数だけ機体にマーキングを施している。まるで某「スペシャルで2000回で模擬戦」な男みたいである(バルサムの方が先に登場したが)。明言されてはいないが、コクピットを潰されたので、恐らく死亡したものと思われる。

登場メカ[編集]

ドレッドノートガンダム
通常版とゲイツヘッド版が存在。後者は劾に頭部を奪われたために応急処置で付けた物。ガンプラで再現する場合は改造の必要有り。
Xアストレイ
アンドリュー・バルトフェルドから譲り受けたドレッドノートのドラグーン・システムを装備した状態。名付け親はロウ。本編終了後はドラグーン・システムを外し、新装備を付けてドレッドノートイータとして復活する。Xアストレイのパイロットはプレア、イータ以降はカナード。
ハイペリオンガンダム
【アルテミスの傘】と呼ばれる小型モノフェーズ・シールドを装備したユーラシア連邦初のMS。防御力は高いが、展開できる時間は短い。一度は中破するが、ろ獲したハイペリオンガンダム2号機の部品を使って修復。さらにはNJCを搭載するなどの無茶な強化を繰り返す。
ハイペリオンガンダム2号機
バルサムの機体。グレーベースのカラーリング。初出撃でカナードに敗北し、修理パーツとして利用される。原作では修復後のカナード機がビーム・サブマシンガンを2丁持っているが、1丁はこの機体の物。
スーパーハイペリオン
NJCと核エンジンを搭載したハイペリオン。この名称はカナードが命名したもので、正式名称ではない。
オルテュギア
ユーラシア連邦軍所属のアガメムノン級宇宙空母。ハイペリオンの母艦。後にユーラシア連邦を脱走する。

用語[編集]

商品情報[編集]

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY[編集]

角川コミックス・エース

ときた洸一
シナリオ
千葉智宏

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]