スーパーコーディネイター

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スーパーコーディネイター(Super Coordinator)[編集]

機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する用語。「最高のコーディネイター」とも呼ばれる。

コーディネイターの中でも人工子宮を使い、特に優秀な遺伝子を持って生まれた特別な存在。キラ・ヤマトの実父、ユーレン・ヒビキ博士が中心となって開発。元々はコーディネイターとして産まれた一部が親の希望(例えば瞳の色が違う等)通りにならない事態の解決策の一つとして人工子宮を使った方法を研究していたのだが、やがて身体・頭脳を極限まで高めた存在を産み出す研究へと変貌していく。しかし、スーパーコーディネイターという存在を生み出した後の目的は永遠の謎とされた。ただ、キラ自身の行動力を窺うに辺り、「あらゆる人類における万能の存在」として生み出された可能性は高い。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY

関連人物[編集]

キラ・ヤマト
開発者の実子にして唯一の成功例。
カナード・パルス
開発過程で生まれた失敗作。
ユーレン・ヒビキ
キラの実父で、スーパーコーディネイターを生み出す研究をしていた。

関連用語[編集]

コーディネイター
メンデル
G.A.R.M. R&D

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]