2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

カムラン・ブルーム

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

カムラン・ブルーム(Cameron Bloom)[編集]

サイド6の監察官で、ミライ・ヤシマの婚約者。カムラン自身はミライに思いを寄せているが故にその捜索に非常に熱心であり、サイド6の意向に反してホワイトベースの修理・補給を斡旋し、ジオンの包囲の中で自らホワイトベースの水先案内を買って出たが、ミライ自身は戦争を他人事のように考え、親の威光で自身を捜そうとしたカムランをあまり快く思っていなかった。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』においても未だにミライに未練を持ち続け、彼女の身を案じて自身の危険を省みず核弾頭15発をミライの夫であるブライトに渡す(この時の会話から割と良好な関係を築いているようである)。ミライ云々に付いては一人の男としては情けない面は多いとはいえ、アデナウアーとは違ってシャアがアクシズを手に入れた事の危険さに気付く等、役人としてはまともな見識をもっていた人物といえる。核兵器の譲渡は重罪であるため、本人も劇中、ブライトに「現行の連邦政府が生き続けたら、終身刑ですね」と語っていた。

漫画『機動戦士ガンダムUC 虹に乗れなかった男』では連邦政府上層部により身柄を拘留されていたようであり、ハサウェイ・ノアの処遇共々ブライト・ノアに対する取引材料として利用された。ブライトがアクシズ・ショックの隠蔽工作に協力を約束した為、ハサウェイと共にカムランが処罰されることはなかった。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

人間関係[編集]

ミライ・ヤシマ
婚約者。カムラン自身はミライを愛しながらも、しかしミライ自身は親の威光に頼るカムランを良く思っておらず、カムラン自身は自らの危険を省みずにホワイトベースを先導する事をしながらも結局はその想いが報われる事はなかった。
スレッガー・ロウ
ミライに対する情けない態度で彼に殴られる羽目に。
ブライト・ノア
ミライがカムランを振って結婚した相手であるが、複雑な立場にも関わらず彼に支援を申し出、ブライト自身もかつてのミライの婚約者であった彼の心情を汲んで申し出を受け入れる。
アデナウアー・パラヤ
会計監査局の一員として彼とシャアとの交渉の場に居合わせる事になるが、彼のアクシズ譲渡に驚く。

名台詞[編集]

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]